晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:早雲
日暮れて途遠しさま、こんばんは。
関岡英之氏の「奪われる日本」は読んでいませんが、日本が「奪われる」実態は様々な所から見て取れます。お読みになったら、感想を記事にしていただければ有り難いです。

こば☆ふみさま、こんばんは。
はじめまして、ですね。よろしくお願いします。
>ダメなものは駄目!と言えないのかなぁ・・・。
http://sun.ap.teacup.com/souun/138.html
http://sun.ap.teacup.com/souun/137.html
で記事にしたように、言えない弱みを持った人間が政権の中枢にいることが一つの原因でしょう。
もう一つは、日本全体の不利益が自分たちには利益の元、もしくは不利益ではない組織や人物が政権近くに多いということでしょう。

お玉さま、こんばんは。
ダメと言えない訳はこば☆ふみさんへのコメントにも書いたとおりです。
お玉さまのおっしゃる様に、これは米国の問題ではなく、日本国政府の問題です。米国の責任にして済ませてしまうようでは政府のアカウンタビリティーは無くなってしまい、国の体を為しません。

morichanさま、こんばんは。
将来吸収合併を予定された会社が、親会社の制度、待遇に合わせさせられていると言うような風ですよね。

布引洋さま、こんばんは。
日本国買収手順書でしょうか。

投稿者:morichan
 結局、どーてこたーない。早雲さま。
 ヤッパリそうでしたか。
 日本を自立した国家と形式的に認めながら、アメリカが指定した政府が全ての業務を行う。
 ということは、選挙民の私たちが選んだ政府とアメリカが指定した政府が一致するのだから、次のことが考えられる。
 @日本人はアメリカ人である。
 A日本人の嗜好とアメリカ人の嗜好が同じ
 B日本人はアメリカ政府の単なる操り人形
 日本がアメリカの一つの州であろうとなかろうと、結局同じこと。

 だから言いたいのです。私は国民ではなく庶民であり、私に命令をする国家を認めないと。

http://green.ap.teacup.com/passionnante
投稿者:布引洋
やっぱり此れは題名の問題です。
題名(表紙)を正確な表記に改めれば良いのです。
対日年次要求書。だいぶよくなった。
対日年次命令書。うん、此れならだいぶ実態に近くなった。
法律や政治関係に、この手のいい加減な、明かな間違い表記が大手を振ってまかり通る。
投稿者:お玉おばさん
いつもTBをありがとうございます。
こば☆ふみさんおおっしゃるとおり、要望書はお願いなのになぜにダメといえんのだ・今日のお玉の記事で紹介させて頂きました。m(_ _)m
投稿者:こば☆ふみ
要望書の項目の下の♯♯コメント見ながら頷いています。要望は「お願い」なんだから、ダメなものは駄目!と言えないのかなぁ・・・。改革の客観的な評価を今からでもいいから精査して多くの国民が政府側に突きつけるしかないんでしょうね。
ではでは。
投稿者:日暮れて途遠し
森田実氏のHPで関岡英之氏の「奪われる日本」(講談社現代新書)2006.8.20発刊
を知り、今日買ってきました。初出を見ると、文藝春秋以外のテーミス誌所収のものや「わしズム」所収の記事など知らなかったものが多く参考になります。

http://blog.goo.ne.jp/taraoaks624/

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

最近のコメント

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ