晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:加藤 貴史
 正直言って、日本もとい日本人に移民受け入れは無理だと私は思います。受け入れたところで、結局はカネの問題に落ち着くのではないでしょうか。外国人を入れて人件費を下げることのみであり、万が一移民が給料アップを求めるようなことがあれば、日本の指導者層が「あんだやるんかこら!!」と逆切れしてヤンキーのごとく過激化してトラブルを続出させることでしょう。移民先進国の欧州の現状、そして壁にぶちあたりつつあるシンガポールなど、歴史を見れば、答えは自ずから出てくるはずです。もっとも日本人のことですから「だからこそやるんだー!!」などとアホなことを考えるのでしょうが…。
投稿者:江草乗
人手不足のおかげでせっかくバイトの賃金上昇が起きてるのに、このいい流れを台無しにするのが大企業や自民党の連中の意図することなんですかね。安い外国人労働力を入れることではなくて、ワーキングプアをなくすことの方がはるかに価値があるのにそうはしたくないんでしょうか。
http://www.enpitu.ne.jp/usr4/bin/day?id=41506&pg=20140617
に私の主張をまとめています。

http://www.enpitu.ne.jp/usr4/bin/day?id=41506&pg=20140617
投稿者:
移民受け入れは時代の流れであり、逆らうことはできない。 もはや待ったなし。

http://munetaka450701@lime.ocn.ne.jp
投稿者:元東電のドンより
日本では70歳〜90歳の権力者が支配していることが、譲らない社会を構築してしまい、何も変わらない世界を作り上げたのです。馬鹿になった老人が一番偉いのです。縦社会が有能な人材が活躍できない社会なのです。ある企業の社長様が、回転寿司クェート店の売り上げが悪いと言っていた。アラブ社会では、生魚は食べません。経営者が間違っているのです。しかも 幹部・部下も発言しないのです。何故 日本は戦争に負けたのですか?横断歩道、赤でも 皆で渡れば恐くないですか? 日本人の心が 小作人の血が流れている可能性があるのです。臆病な国民性なのです。これが答えです。
投稿者:通りすがり
少子高齢化が問題だと主張しながら、高齢者の長生きに借金をしてまで国家予算の半分を無駄遣いしている有様。多額の高齢者に対する長生き費用は即効性があり、高齢化をより進行させる。その影響で少子化が進む。高齢化が少子化を促進しているのであって、少子化で高齢化になっているのではない。では、何故矛盾した政策が取られるのだろうか?それは戦争がなくなったために長生きする人が増え、民主主義な選挙制度は年齢制限に下限はあっても上限がないため、圧倒的に高齢者の選挙意見が通ってしまう。一票の格差など、この圧倒的で違法な世代間格差の選挙制度を気付かせないための政治家の策略である。そもそも社会保障に老いが入っていたり、長生きに税金を使っている現状、そして、漫画やアニメ、歴史などでよく登場する「高齢者に富と権力を持たせたら滅亡する」という言葉もあるように、バブルを崩壊させた世代にそこまで過大なアフターケアは不要である。そもそも高齢者は戦争後、一度も弱者になったことはない世代である。みんな高齢者に騙されているのだ。失われた30年は高齢者が贅沢三昧をして、自分たちが右肩上がりの時代に築いてきたお金を超えてしまったわけだ。高齢者に社会保障を与えるというのは、東京電力に税金を使ったり、電気料金の値上げに何も反論しないのより、もっと酷い若者の人権を侵害した犯罪行為が行われていると見てよい。移民の受け入れよりも、高齢者を正常に殺す政策が必要なのである。税金を膨大に使って、それでも助けられなかった場合に寿命とするのは奇妙な話である。
投稿者:saemor
安易な移民受け入れは危険です。
私は現在スエーデンに住んでいますが、
この国はもはや多国籍民族国家?の感があります。ほとんどの移民は生活保護を受け
手厚く厚遇されていますが、治安の悪化は
避けられない事実の様で、学校や市役所
銀行等の焼き討ちもよくあり、お陰で
今は近くの銀行やATMが撤退したので、
遠くの街までお金の出し入れに行かなけ
ればなりません。移民厚遇の余波か?
経済は少しづつ悪化していて、医療や
社会保障、老人介護問題等昔に比べ
確実に悪くなっている様です。
スエーデン人は穏やかで面と向かって
差別をしない(日本人と似ている)ので
表立ってこの問題を言わない傾向にある
のですが、不満に思っている人も多い
と聞きます。他国人に日本を乗っ取られる
危険を覚悟の上での議論が必要かと思います。

http://ameblo.jp/kitaguninohaha/page-1.html#main
投稿者:ぎったんばったん
需給ギャップのみを考えれば、失業問題など存在しない。それは、価格を調整することで需要(仕事)と供給(労働者)がマッチングするからである。今、政治がしなければいけないのは雇用者になれば、儲けが出るという見通しを国民に持たせることなのではないでしょうか?
投稿者:tokyo-inoue
何か変です。確かに晴耕雨読の考えは、実際平和で穏やかに暮らしたいが希望である。しかし、団塊の人達は、今まで蓄えた資金を、老後少しずつ、消費して晴耕雨読の世界に入り込んでいく、そこには、消費と言う生産活動があるが、積極的な生産ではない、是で日本国としては、将来の発展が望めるだろうか?晴耕雨読という言葉は生産が必ず有ると言う事ではないのだろうか。
投稿者:早雲
Eric さま、

>その人たちが、おかれている状況を直視せずに、さらに移民を受け入れると安易に考える人がいることが理解できません。

移民を自国民と同様の条件で遇する積もりがなければ様々な軋轢を生むだけになります。
投稿者:Eric
 現実には移民を受け入れいているではありませんか?日系南米人とか?

 その人たちが、おかれている状況を直視せずに、さらに移民を受け入れると安易に考える人がいることが理解できません。

http://green.ap.teacup.com/midorinooka/
1|23

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ