晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:庵
広島を思い出してほしい。便利な面もあるけどこんなものは減らすべきもの。反対してくれる人はいるけどただのパフォーマンスに終わってほしくないな。国の利益を考えるのもいいけど何でもいいなりだと逆に国民は不幸になるぞと
国の利益第1なら国民は何番目?何でも変えたり禁止すると日本はダメになってしまうけど、平和については考え直そう。日本は外国とは違うんだよ。日本だから日本なりの進め方をするべきなんだよな。米国とか変な張り合いとか意味無いって。国の見栄張りの為に賛成するのは馬鹿気てるよ……国の為に頑張った国民たちは最後には沢山散ったんだよ。悲惨だよな
投稿者:彗眼男
それは右翼が馬鹿だから。
投稿者:スバル
桜田修成 でググったら、「在特会」が
http://d.hatena.ne.jp/vanacoral/20140509

(在特会HPより「南関東地区スケジュール」)

世界平和のためにあの男が立ち上がった。平和を希求するすべての日本国民よ集結せよ!

平和を妨げる支那朝鮮はもういらない。差別・ヘイト大好き主義のレイシスト支那朝鮮は平和の敵だ。

今こそ平和の敵、支那朝鮮を追放、殲滅しよう。

新宿から始めよう! 世界平和の第一歩を、支那朝鮮のない平和な世界を!

世界平和のために日本人が立ち上がるときが来た。立ち上がれ日本人、【桜田修成】に続け!
(転載以上)


「在特会」が安倍「自民党」の支援組織だったことが判明 「稲田朋美」政調会長への寄付も
http://matome.naver.jp/odai/2141138778708572801

「在特会」元幹部の団体が顧問名簿などから「山谷えり子」・「高市早苗」の記述を削除 政権からの圧力か
http://matome.naver.jp/odai/2141241691760926201?

現政権支持者です。

国会で山谷えり子と「在特会」の事が取り上げられたのに、ニュースでは、各社申し合わせたように「うちわ」問題だけを、取り上げ報道。

ちなみに逮捕された桜某らは、すぐに解放。
ネットでは、「山谷の指示かw」と揶揄されてます。
投稿者:にいのり
仮に「右翼」というのが「民族主義」だとみなしますと、少なくとも「戦後日本」では「右翼」というのは自立的存在としては存在できないようにさせられているとみることが可能ですよね。
したがって、大雑把に「ネトウヨ」などと揶揄されている人たちというのは、排外主義という意味では「右翼」に似ている/「右翼」と共闘し得るが、ポイントは、排外主義以外の要素をみると全く「右翼的」ではない点にあります。
彼らにとって「日本文化」などというものはどうでも良いのであって、彼らが最も関心を持っているのは、表面的には苛烈な排外主義めかしたものを声高に叫ぶことで、「現代日本」をどちらの方向に持って行きたいのか、という事でしょう。
興味深いのは、彼らの大部分は排外主義といっても「全面的/全方位的排外主義」ではないことでしょう。
その意味で、彼らは現代官僚の似姿であって、要するに汚ない言葉を操り破壊活動をも持さないような連中など「雇われのチンピラ」に過ぎないということでしょう。
階層関係の下っ端をどれだけ“敵視”したところで、“雇用する側”が安泰なら“雇われ者”は幾らでも湧いて出てくるという事が、このようなエピソードによって分かります。

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

最近のコメント

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ