晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:北斗七星
経済というもの

経済は小さくして考えると解るようになる。

例えば、数家族だけの世界を前提に経済を考えるとして、100年住める家屋を数家族分だけ建てると、その後100年間は家屋の需要はなく、有るのは修繕作業のみとなる。
つまり、数家族分の需要を満たすとその時から建築業の景気は底冷えする。

景気を維持するには、回転の速い(速く壊れる)家を作るか、人口を増やすか、家の機能を充実させて建て替えを促すかするのが良い。

これを人は進歩という、と思う。

人口を増やせば家族間の距離が広がり、道路等、移動手段、通信手段の需要が作られ、また、便利さ、快適さを求めて需要が作られる。

一方、人口を増やせば増やすほどに家族間の距離は離れて疎遠になって、その関係は赤の他人になって行く。

真っ赤な他人になれば、その利害関係は敵対して行く。あらゆる場面で争いが始まり、武器が登場し、競争(争うことを競うこと)が激化してゆく。

これを人は進歩と言う。のだと思う。

進歩の果てには何が見えるのか?。

希望なのか?、絶望なのか?。


投稿者:
パナソニックの前身松下電器が電機業界でマネシタ電器と呼ばれていたのは知る人ぞ知る話で、業界トップ日立グループでは産業機器から家電製品に至るまで製品搭載の電子部品(LSIやIC)はマネシタ製は信頼性ゼロのため、日立、NEC、富士通、東芝の部品を使っていたのは知る人ぞ知る話だ。
個人的な話だが昭和40年代、新品のマネシタ製TVが何回も故障しその度に街の電器屋に何回も修理に出したが、最後に電器屋もネを上げ門真工場へ故障TVを送り付けていたもんだった。マネシタ製暖房器具は十年前に出火事故相次ぎ死者まで出したがマネシタは回収やリコール修理などやらずほったらかし、かなり経ってから回収やってたが(今もたまに新聞チラシで欠陥暖房器具の回収やってるようだ)、マネシタは殺人企業か? 日立製シェーバー買うつもりがうっかり買ったマネシタ製シェーバーも買って1月足らずで内刃が外れ残りの内刃でだましだまし使ってるがマネシタは一事が万事これだ。マネシタは新聞TVネットで派手な宣伝やってるが死人を出さないようなマトモな製品作ってみろ!
投稿者:ツルギ
「崩壊の原因が補助金ではない」のと「崩壊の原因は補助金だけではない」のには大きな違いがありますな。
要するに、行きすぎた「寄らば大樹の陰」が競争力をなくした、とまあこういうことですからね。
投稿者:斜目
日本家電崩壊の原因が補助金ではないだろ。
原因は新興国の家電メーカー(サムスン、ハイアール、LG、TCL…)の台頭だ。テレビも“白物”も新興国メーカーとは価格で勝負にならず、パナソニック、ソニー、シャープは家電専業で低落だ(重電の日立、東芝、三菱電は家電部門子会社化・大幅縮小)。家電は人件費が安い新興国に太刀打ちできないわけだ。

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

最近のコメント

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ