晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:英雄
早雲様今日は。
米国は独裁制をますますたかめ、個人のパソコンを強奪しはじめたようですよ。米軍は急ピッチで傭兵軍に転換しつつあります。金融資本家の私兵ですよね。オバマは来るべき氷河期に備えて食料の大備蓄に乗り出しました。来年はアメ路の通貨を転換させるみたいだから、風雲急をつげますね。
建前の民主制などやめたらいいのでは。選挙は自分自身が選んだように思えても、金がある者のプロパガンダの洗脳により選ばされてるでしょ。天皇がいなかったら、大川りゅうほう氏のように自分が独裁将軍になりたいとおもう人がでてきますよ。幸福実現党の規約は問題が凄くありますよ。天皇と平民だけにして間に貴族を作らせないことだとおもいます。
投稿者:早雲
大室☆寅之助。さま、こんばんは。
>タブーを放置したとき日本は国家神道がはびこり闇の時代へと暴走をはじめるだろう。
> 廃仏毀釈の経緯とあわせて靖国・国家神道がいかに作り上げられたかを検証しなければならない。
明治期のこの辺りの事情には興味を持っています。
廃仏毀釈に就いても地方によってその程度はずいぶんと差が有ったようにも見受けられます。
いずれは調べてみたいテーマです。
投稿者:大室☆寅之助。
 我々は歴史の教訓からカルトを放置してはならない。暴走させてはならない。
 古代から宗教儀式において、秘儀といわれるものはほとんどが性的な行為を意味している。大嘗祭の夜の秘儀も、キリスト教世界の秘儀も共通項がある。聖婚・聖娼などの話と、巫女・斎王の話は特に興味深い。
 仏教の世界にも秘儀という言葉は多数あるようだ。稚児灌頂などの言葉が実在する以上行為は行われていたのだろう。現在も仏教界がこうした秘儀を継承しているかは当然に定かではない。行われているとしたら、大変な問題である。
 稚児灌頂は絵巻物にも表現されており、一部宗派では儀式の式次第まで定めているという。釈迦の教えとはかけ離れている。ふざけた話だ。
 タブーを作ることは少なくとも国政においては許されない。北の馬鹿将軍ならいざ知らず、日本は表向き民主国家として位置つけられている。タブーを放置したとき日本は国家神道がはびこり闇の時代へと暴走をはじめるだろう。
 地球には光が必要である。
投稿者:大室☆寅之助。
 梅原猛氏は「世界」のインタビューに以下のように答えている。
 「修験道を禁じ、仏を殺し、神を殺して、そのかわり国家を神とする神道が、新しい近代神道として起こった。神道のなかではごく最近のものである。近代日本の国家主義の産物で、他の神仏を殺してしまった。つぶして再度、国家神道の下に神道を統合した。だから、それはほんとうの神様ではない。一木一草のなかに神をみる。これが日本の伝統。そういう神様を全部殺して、天皇と国家を神としたのが国家神道。そういう伝統にあらざる神道を首相が公式参拝して保護するのはどうなのか。日本の伝統は犠牲になったものを祀らないと怨霊となって祟りをなす。だからその祟りを鎮めようというもの。アジアの人たちに酷いことをして殺したことが祟りになって日本の前途を危うくする、だからそういう魂を祀るという精神が靖国には皆無だ。これは日本の伝統的神道に欺くことである。」
 廃仏毀釈の経緯とあわせて靖国・国家神道がいかに作り上げられたかを検証しなければならない。
投稿者:早雲
元熟睡学生の早雲です。
>グローバル化して儲かるのは誰なのでしょうか?
短期的には輸出競争力のある企業です。ですが国内が疲弊してしまっては、輸出以外での利益は縮小してしまいます。
「利潤無き経済社会」のシリーズ記事をご参照下さい。
投稿者:農婦のなげき
今、落ち着いて拝読いたしました.生意気を申し上げますが、早雲様の記事のように、日本は方向性を考えなければと、私も感じます.海産物の養殖がこのたび壊滅状態になりましたが、残った海産物の値段が上がって少しは息がつけるのでは?」と浜の人に言いましたら、外国の養殖物がはいってくるから値は上がらないとの事でした.グローバル化して儲かるのは誰なのでしょうか?
投稿者:農婦のなげき
おはよう御座います。大変難しくて、わたくしごとき者には、コメントできませんが、唯我独尊という言葉に興味を持ってます。私は無宗教ですが、時々神(?)がこの宇宙を見てるのではとばかげたことを思ったりします。このたびの嵐でこちらの海は大打撃を受け、漁師の顔を見るのが辛いほどです。浜の方々の精神力の強さに脱帽です。早雲様の、この記事を、何回も読まさせていただき、少し歴史を勉強してみたいです。室町時代のことも勉強してみます.恥ずかしいことに、私は居眠り高校生でした。

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

最近のコメント

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ