晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:一庶民
何故、わざわざ在米大使館に宣戦布告を送付したのか不思議です。ドイツもソ連も攻撃直前に自国において相手国の大使を呼びつけ、宣戦布告を知らせている。日本は東京で米国大使を呼びつけ、日本語の宣戦布告を手渡すだけでよかったのではないでしょうか?
投稿者:英雄
今晩は早雲様
盆も終わりましたね。日本は何時までもちますかね。3年後は生きてるでしょうか。
メイソンであろう吉田総理は戦争前から米国とぞっこんでしたのでしょうね。それで総理にしてもらったのでしょうね。いつもマカーサーと相談して仲がよかったみたいだから。吉田は講和文書の捏造発表だけではなくて、連合国を国連と言い換えた張本人ですよ。嘘捏造はシナ人になりますが、日本人もだめですね。日本人も他人に冷たい。
外交官の件は60年かかって、やっと此処まで疑惑を解明してきました。米国の洗脳支配と情報遮断という、閉ざされた言語空間というものが、いかにひどかったかということだろうとおもいます。WGIPは現在も継続してつずけられています。外国で日本の大使館ほど日本人に冷たいとこはありませんよ。最悪です。

投稿者:早雲
Ddogさん、こんばんは。

新庄健吉氏の葬儀に参列していて遅れたとしても、従来の定説の通りとしても犯罪行為には変わり有りません。

しかしこれは、一般の職務怠慢とは性質の違う出来事です。
その意味では、
>外務省怠慢説は必ずしも正しくないかもしれません

には同意です。
彼らは、欧米的価値観に絡め取られた、確信犯であったと思います。
おそらくは自ら進んで、米国の参戦への道を開いたのでしょう。多分日本の為でもあることを彼らなりの論理で納得していたと思います。


http://sun.ap.teacup.com/souun/
投稿者:Ddog
外務省の犯罪行為については私も異論がない。しかしながら、外務省職員の中には、杉原千畝氏や最近では、イラクで暗殺された奥氏・佐藤優氏も外務省の役人だった。今週イエメンで40代の女性が2人が誘拐されたが、外務省は直ちに動いている。当たり前といえば当たり前だが、社保庁みたいに当たり前なことが出来ない省庁も多い。今回誰も外務省を評価する声がないのも寂しいとは思います。早雲殿なら読まれているかもしれ、ませんが、新潮新書 斉藤充功著、昭和史発掘 開戦通告はなぜ遅れたかをご一読することをお勧めします。外務省怠慢説は必ずしも正しくないかもしれません。ちなみにDdogは京都に住んでいた頃、新庄健吉氏のご家族の方とは知り合いでございました。この本を読んでいろいろと伺ったところ、お話を伺うことができました。

http://blogs.yahoo.co.jp/ddogs38
投稿者:ktl8233
引用させていただきました。

http://my.plaza.rakuten.co.jp/
投稿者:ym
おじゃまします。

細かい事実関係についての真偽は良く分かりませんが、事態全体の不自然な推移を眺めると、やはり※国(か、そのバック)の存在が強烈に匂いますね。しかしそれ以上に悪臭を放つのは、彼ら問題の外交官二名です。一体どのように丸め込まれたのか、脅されたのか、騙されたのか知りませんが、どの様な事情が有ったにせよ、あのような結末に至った時点で、普通の感覚の人間ならとても生きていられないと思います。まして役所に戻るなど…。(お二人の弁明を聞いてみたいものですが、もう亡くなられているのでしょうね。)
悪魔でさえ苦笑いする、という類のものです。

それにしても、厚生省の問題といい、これほど責任感覚が失われてしまう役人という職業は、一体何なんでしょう?(一部と信じたいですが。)日本を含むアジア圏で顕著な気もしますが、文化的なものでしょうか、それともこの職業の必然なのでしょうか。腐敗以前の問題です。

腐敗役人を叩くだけでなく、心理分析も用いての根本についての分析と解釈(役人論)が改めて必要な気がします。
投稿者:英雄
こんにちは。NHKでその番組をしていましたね。最近の本には山本五十六や外務省もロックフェラーとグルだったと言う妄想も書いてありますが、証拠もないし、平民には政治のほんとの情報なんて教えてくれないですから歴史の真実なんて解からないですね。同じ物を見ても認識が違いますからね。100年前の明治維新の事が今解かるという感じですかね。ユダヤ人も偉いですが、日本人の庶民もしたたかで手に負えない人も多いですから白人と少しは競争出来ているのでは。凄くたちが悪い日本人が頑張って日本国に嘘をつき、売国をし、米国に事大をし、大東亜戦争や近代産業社会を生き抜いて来て、日本全体としてなんとか食ってきたというとこですよね。私の住んでいるのは呉市ですが、町の周りの山には海軍墓地を始め沢山のこの100年あまりの日本人のおびただしい墓があり必死で生きてきたであろう涙の歴史が墓石に刻まれています。
投稿者:takahashi
井口貞夫と奥村勝蔵両外務次官は本当は、米国民に日本の騙し討ちを非難させる為に、米側に抱き込まれたスパイだったのではないでしょうか?GHQが来て後からその事を知り、吉田茂に圧力を掛けて二人を復活させたのはそう云う密約が有ったのでは?
投稿者:早雲
ナルトさま、こんばんは。

>根が深いのですね、外務省の無能ぶりは。
それに無責任ぶり。

それは好意的すぎる評価に思えます。
私は意図的な売国行為に違いないと思っています。

国家公務員に対してのみ適用される「国家反逆罪」(最高刑はむろん死刑)をもうける必要すら感じています。
投稿者:三輪耀山
こんばんは、早雲様。
ちょっと一通メールを頂きたいのですが?
宜しければ、私のブログのメールフォームにご一報願います。

http://klingon.blog87.fc2.com
1|2

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

最近のコメント

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ