晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:き
相当、病状が進行しておりますな。財務省トップ7名が私財をパナマに隠していたこと。其れを批判する天木も其の仲間だったこと。庶民が納税意欲を持てと命じられてもかなわぬこと。小澤訴追事件のときの特捜検察の自らの無様な違法行為の黙殺。アベデンデンが今将に暫し君臨するのも当たり前の状況です。
投稿者:北斗七星
引き続き民主党時代様へ

第三次大戦について

多くの人がこの大戦を意識するようになっていることは事実でしょう。
通称ハルマゲドンの戦いとか、善と悪との最終戦争と考えられているようですが、私の考えは「善と悪」ではなく、「偽善と悪」、「権力悪と小悪」、「巨悪と小悪」との戦いであり、この戦争を阻止しようとする少数派が「善」なのです。聖書的には、「丸太を目の中に入れている勢力」と「塵を目の中に入れている勢力」の戦いといえましょう。

マタイ24−14に云く
「御国のこの福音はあらゆる民への証しとして、全世界に述べ伝えられる。それから終りが来る。」

ヨハネ福音書16-12、-13に云く
言っておきたい事はまだたくさんあるが、今あなた方には理解できない。13:しかし、その方すなはち真理の霊が来るとあなた方を導いてことごとく悟らせる。

聖人知三世事に云く
 聖人と申すは委細に三世を知るを聖人と云ふ。儒家の三皇・五帝、並びに三聖は但現在を知りて過・未を知らず。外道は過去八万・未来八万を知る。一分の聖人なり。

立正安国論に云く
汝早く信仰の寸心を改めて速やかに実乗の一善に帰せよ。然れば則ち三界は皆仏国なり、仏国其れ衰へんや。十方は悉く宝土なり、宝土何ぞ壊れんや。国に衰微無く土に破壊無くんば、身は是れ安全にして、心は是れ禅定ならん。此の詞此の言、信ずべく崇むべし。

さて、いずれを選ぶべきか?
投稿者:北斗七星
民主党時代様

「法」について

私のように僅かながらも仏教を学ぶ者の態度は「法四依」を拠り所とする努力をします。簡単に言えば「仏説」を拠り所としますから、国家社会の法律は仏説に合致するかしないかにより取捨改善されるべきものであると考えます。

この「馬鹿の起源」も悪人が作った「法」が如何に世を乱し、国を衰退に向かわすかを示したもので、原発事故対応と法的安定性を云々して論ずるような性質のものではないと思います。

おっしゃるとおり、法的安定性を重視するあまり原発事故対応が遅れたのであれば法的欠陥が有ったのであり、その原因は原発安全神話に有ったと考えます。安全を謳いながら過酷事故対応時の法律など作れませんから。
更に原因をさかのぼれば、それに関わる人間の劣化があります。

良識的な意見というものの多くは仏説に合致するものと思いますが、現在の法律はいわゆる権力の側に有利になるように作られているように思えますし、現在その傾向がより強固になりつつあるようです。
原因は立法府の「人」材の劣化でしょう。

立法府の「人」材の劣化が進めば、当然そこで作られる法律も劣化します。そして国民の権利は狭められ、義務は拡大し、守られるべき権利も剥奪されてゆく危険が増します。

>まさに日本に向けて銃弾が飛んできている時に・・・

自己責任という言葉は現在も生きているのでしょうから一言。
日本に向けて銃弾が飛んで来るのも自己責任とは考えないのでしょうか?。嫌われ者のイスラエルと米国に加担して、明らかにイスラム過激派に対して挑発しているのですから。
投稿者:mk
ネトウヨの戯れ言に負けてはいけません。

川口弁護士のいうような、”馬鹿”なのですから。
投稿者:黄熟
「福井県民は生真面目で素直であるから、仕事がしやすい」 と地元弁護士(MことT)は言っているようです。
そうした中、弁護士(MことT)は、訴訟詐欺を行ったらしいのですが、
福井弁護士会は、「虚偽行為(虚偽事由で提訴)は正当な弁護士業務」 と議決し、当該弁護士を懲戒処分としなかったらしいです。

法的安定性は、すでに崩壊しているようです。
投稿者:民主党時代
原発事故の際、民主党政権は初動にあてるべき貴重な時間を、法的安定性を重視するあまり、何時間も無駄に過ごしてしまった事をご存知ない様ですね。法律には不備があっても仕方ない部分があるのが現状です。あらゆるケースを想定して事前に立法しておく事は不可能だからです。あなたは今、まさに日本に向けて銃弾が飛んできている時に、国会で審議した上で立法し、対応しろとでもいうのか?法律とは日本国民の権利を守る為にあるのであり、あなた達のイデオロギーを守る為のものではない事を理解すべきです。無理でしょうがw
投稿者:00
プログ主は民主党政権の時に民主党が法を破りに破ったことを見ぬふりしている。

なんとダブルスタンダードであることよ。
投稿者:にいのり
自民党の議員の方々も、本当に“お勉強”をするつもりがあるなら、こういう講義をしてくれる方を呼ばないと、という事ですね。

文科省推奨の知識情報の範囲内で純粋培養された脆弱な「知性」のままでは、
ネットに流通する陰謀論や、陰謀とは言わないまでも裏面史のようなものに簡単に感化されたり、
あるいは、得体の知れないカルトの教祖らが唱えるようなもの珍しい信仰体系に簡単に耽溺するような事が容易に起こり得る。

文科省に言われるがままにしていたら、ますます薄っぺらな学校秀才が量産されて行くことになるだろう。
学卒→即入省→長時間労働→国の金で短期留学程度の、ぺらぺらな知的キャリア程度では、国内では誤魔化しがきいても、外交では太刀打ちができるはずもない。

「安倍政権とその与党」を戦後日本の病巣だと考えれば、それは、単なる「敵」ではないばかりか、外科的に切除して摘出すればそれで済むものでもなく、自分たち全てに適用されるべき治癒プログラムとは何かを考える事が重要なのだと考えます。
その意味でも、若い覚醒した一部の人たちがストリートで声を挙げたのは、一つのメルクマールととらえられるべきものではないでしょうか。

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

最近のコメント

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ