晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:にいのり
例えば、国民各界各層の「生活」というものをどこまでも中心に据えれば、「安保法」関連にしても、「自衛隊員にその法律下で生きるような生活をさせて良いのか」という問いが浮かび上がって来ます。
私は「憲法論議」もリスペクトしていますし、あの時、憲法学者が立ち上がらなければ未だに多くの国民がうなだれたままだったと思っています。
しかし、理念型優先の政治闘争ばかりが主流になってしまっては、国民の側には「取り残され感」が生じるのだ。
率直に申し上げて、左翼リベラルインテリ諸氏は、主観はどこまでも良心的であろうと、実感としてまだまだ分かっていないところがある。
「なぜ、左翼がじり貧になって来たのか」
これを、権力側・右派側からのイデオロギー攻撃によるものだという「被害者意識」で捉えていたのでは、「国民一般の気持ち」は100年経っても読み取れまい。
防衛大卒業生の任官拒否がものすごい勢いで増加しているとのこと。
彼らの「生活への不安」に左翼リベラルこそ向き合ってあげるべきだ。
一方、焦燥感を募らす政府側は「共産党は破妨法適用団体とか公安監視団体」とか、恥ずかしい攻撃を開始した模様。
せせら笑うためには、「自衛官の不安に最も良く向き合う」事だ。
投稿者:にいのり
つらつら思うに、我が国の「秘孔」は、何と言っても「大手メディア」だという事だと思いますね。
残念だが、未だにそうだ。
マスメディアの論調次第で多くの国民が政治判断を変更する。
不思議なのは、「振り込め詐欺(特殊詐欺)」について、「こんな被害があった」「」という報道はそれなりに盛んだが、「警察がこんな捜査を進めている」「先日報道した詐欺事件の犯人がつかまり、こんな連中だった」という報道が異様に少ない事です。
我が国の大手メディアは、これまで犯罪容疑者への「社会的制裁機能」の一翼を担ってきた。
それはそれで人権上の問題はあるにせよ、未だにメディアスクラムにしろ何にしろ肝心な所はまるで是正されていない。にも関わらず「振り込め詐欺関与の犯罪容疑者」の顔写真すら私たちはまともに見た事がないのでは?
政治報道/経済報道/犯罪報道…これらを連関させる事で、一定の社会的雰囲気を作り出すのに長けているのがマスメディアだ。
左翼リベラル側もまたいいように利用されている。
安倍政権の「新自由主義の本質的側面」よりも「右翼強面的側面」ばかりを強調する。
「保育園落ちた」ブログが、なぜあれだけの反響を一気に呼んだのか。
国民の生活を中心に置く論調を構築すべき。
投稿者:にいのり
山崎氏のスレッドにもこなれない長文を書いてしまいましたが、「安倍政権とナチスの類似性」、本当におっしゃる通りだと思いながら、なぜ、そのような言説に接すると苛立つのか。その事ばかり考えています。
この苛立ちの内実をもう少し端的に表現できないものかと。
一つには「そんな事は今さらの話で今頃指摘されて気付くような人は、これからもダメでしょ」というもの。
一つには「言論機能として脅しになってしまっている。他人を脅して動かす人も、脅されて動く人も、悪い関係性に陥るしかないですよ」というもの。
両方とも苛立ちの質としては傲慢な部類だ。
もう一つには「大衆がまるで熱狂していない、指導者が全くリスペクトされていない、そんな独裁ってあるんですか?ある意味、独裁より厄介な状況に日本は置かれているはずですよ」というもの。秘孔を突いていないじゃないかという…。
これらの苛立ちには、「振り込め詐欺」に騙される人が一向に減らない厄介な現実の解明が全く進まない現状が関係しているように感じられてならない。
「危険だから気を付けましょう」とあれだけ口を酸っぱくしてもまるで通じていない感じ。
自分の身に危険が及んでもまだ気付かないとは?
投稿者:スバル
■文鮮明 と 安倍晋三 美しい偶然
http://s-system4.seesaa.net/article/420845604.html

宣伝を継続して使用すれば

国民自身に天国を地獄と

思わせることができるし

逆に、きわめてみじめな生活を

極楽と思わせることもできる

【わが闘争】byヒトラー

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ