晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:唐家璇
にいのりさま、続けての投稿になり恐縮ですが、ヤクザの親分につきましては、下記の記事などです。

「NHKがヤクザの名前隠す!米政府が制裁する山口組幹部4人を発表・3人が在日のため名前を報道せず」
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5300.html
<今回アメリカ財務省がせっかく制裁対象とする山口組幹部4人の名前を公表したにもかかわらず、4人のうち3人が在日朝鮮人(在日韓国人)だったためにNHKがその名前を隠して報道しなかった出来事からも分かるように、現在のヤクザは在日によって支配されている。>
投稿者:唐家璇
にいのりさま、気づくのに遅くなり恐縮です。

>そういう情報をどこから仕入れているのか、出来れば教えていただけませんか。

とのこと。
こうした証拠は如何わしい噂ではなくわたくしの知り得る範囲で論拠のあるものです。例えば、電通と韓国のつながりについては韓国の中央日報が報じています。

「韓日の架け橋役30年、電通の成田豊最高顧問」
http://japanese.joins.com/article/072/113072.html
<日本最大の広告代理店、電通の成田豊最高顧問(79)が韓国政府から修交勲章光化章を贈られた。30年にわたる韓日文化交流事業を積極的に後援した功労だ。

権哲賢(クォン・チョルヒョン)駐日大使が24日に駐日韓国大使館に成田顧問を招いて勲章を授与した。修交勲章光化章は国権伸長や友邦との親善など国益増進に寄与した人に授与されるもので、外国人に贈られる最高等級の勲章だ。

勲章を授与された成田顧問は、「韓国の国歌であるムクゲの花言葉は尊敬だと聞いた。互いに尊敬する心を忘れないことこそ未来の両国民を強く結びつける基本だと確信する」と感想を述べた。また「韓国は私が生まれ青少年時代を送ったところで、一度も忘れたことはない」と話した。

1929年に忠清南道天安(チュンチョンナムド・チョナン)で生まれ、中学3年を終えるまで韓国で少年期を送った成田顧問は、鉄道業に従事する父親とともにソウルをはじめ各地で生活した。「いまでも夏には北漢山(プッカンサン)に登り、冬には漢江(ハンガン)でスケートをしたことをはっきりと覚えている」と振り返った。>
投稿者:にいのり
唐家さま

そういう情報をどこから仕入れているのか、出来れば教えていただけませんか。
2chあたりに行けば、そのような主張は腐るほど目にしますが、誹謗中傷ばかりが先んじてしまって、建設的と思われる問題提起には殆んど触れる事が出来ません。

建設的な問題提起が出来ないという事は、「問題」自体がない、あるいは、あったとしても幾つかの「問題」を根拠として針小棒大に騒ぎ立てているだけではないのでしょうか。
そんな事では、国内も、ましてや国際社会を説得する事は出来ないと思うのですが。
投稿者:唐家璇
電通のトップが韓国系で、電通と韓国のつながりが深い事は、まだ海外にわかっていないようですね。ヤクザのトップは在日韓国人、日本の裏側が韓国や北朝鮮に握られていることがわからないと、海外も日本の真実に近づいたとは、まだ言えないでしょう。
投稿者:にいのり
バカバカしいのは、首相の「寿司喰い仲間」が、ジャーナリスト面して都知事の公私混同を非難してみせるという、そのめちゃくちゃさに当人どもが全く気付いてさえいないように見えることです。
受け手の側は、「寿司喰い仲間」からどんな情報をもたらされるかなど全く期待しておらず、「寿司喰い仲間」どもが、正義面しながら今度はどんな醜態をさらしてみせるのか観察しているだけなのに、彼らは自分が一方的な情報の提供者だという思い込みの特権意識を払拭できず、自らが「検体」として観察されている事に自覚的になれないまま生きてしまっている。
太宰治は「作家であるということは裸で街を歩いているのと変わらない」旨、口にしたようですが、それは「常識ある者の鋭敏な感性が作家としての自意識を肥大化させていた」と今では見えるのであり、「常識」が喪われ、自己顕示欲や出世欲のような自己肥大の欲望/妄想に囚われた者は、「裸で街を歩くよりひどい醜態」をさらしている事をすら意識できないまでに凋落している。
恥をさらすにも程があるという状況のまさに「検体」として生きる人々が実在するという現代のメディア環境…これを私は恐ろしい、身の毛のよだつようなものだと感じます。
投稿者:加藤 貴史
私見ですが、電通はナントカを支配しているというよりは、「顧客のため(当然株式会社や官公庁、つまり中間集団)…」をひたすら繰り返しているうちに、無意識かつ無自覚な状態で外国を巻き込むほどの大事(おおごと)をやらかしてしまったのが今回の事件の真相ではないか。電通も絡んでいた原発広告の件も同様。日本のマスコミは「仲間の為」的な感覚で電通を伏せたり今回の件を報道しなかったりするのだろうが、「仲間との絆を大切にする」ヤンキー文化は国政や外交においては百害あって一利なしである。あまりに巨大化して自ら何をやっているか分からなくなってしまった電通は解体しか道はないだろう。利潤追求と資本調達の機能に特化した株式会社(電通もこの組織形態)という組織には国家支配は無理である。
投稿者:にいのり
緊急の翻訳を読ませていただいて、溜め息をつかざるをえない。
どんなに強がろうと、ジャーナリズムの水準において、明らかに力量の差のある事が、このような文章を読むことによって明白化せざるを得ないからだ。
もちろん、この記事を書いた者も、ではフランス国内の事象や構造について、これだけ歯に衣着せぬ記述が可能かどうか、そこは分からない。
だが、日本語に翻訳されて日本語として違和感なく読める文章であるにもかかわらず文体が異なるのは、この記者が間違いなくジャーナリズムの文体を取得している事を意味している。
このようなジャーナリストの書く記事は、対象に十分に切り込めなかった場合でも、そうと分かるように記述する事が可能だろう。
近代日本においても、正岡子規は「写生」という事を重視すべきと主張した。
「写生」とは何だろうか。
私なりの受け止めか方は、「与件」と「予見」を排し「物語」の外側に出て書くというものだ。
日本のジャーナリズムは、日本にあっては正岡子規が唱えたような近代文のあり方の正統な後継者たるべきだったのだろうが、そうはならなかった。
与件としてある「物語」の「語り部」の位置にとどまる事。それが日本のメディアに与えられた役割だった。

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

最近のコメント

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ