晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:DAKKY
昨日の日米首脳会談後の会見を見ました
疲れているのかオバマは投げやりな印象を受けました
沖縄の件も殆どどうでもいいという感じ

サミット前から突然「死体遺棄」という表現が溢れました
それまでに残虐な暴行殺人という報道が既にあったというのに
ここからは私の勝手な推測です

あり得ないと思われるかもしれませんが
オバマにはこの事件を単なる死体遺棄としか伝えていないのではないでしょうか?
そして国内報道に同様の規制をかけている

サミット終了後にこの事件を再び殺人と報道し始めたら
私のこの推測も全くの酔狂とはいえなくなるかもしれません
それくらいオバマには事の重大性が認識されていないように見えたのです

ケネディ大使が首脳会談の前倒しをコーディネイトしたらしい
オバマにとっては彼女の配慮も過剰な反応程度にしか思えなかったのか
安倍とオバマとの温度差は短い会見の中でも際立っていました

安倍はたっぷり時間を割いたと言っていましたけども
オバマの総論的な会見内容からしたら沖縄の話を実際はどれだけできたのか
それでも国内向けアピールとしては0点としか言いようが無い

予想通り財政出動を言いだして孤立しているようですが
映像で見ても安倍の相手をしている首脳など誰も居ません
以前からそうですがマトモに相手にされていないのです

ただ安倍個人がそうなるのは自業自得としても
世界の中で日本が同じ扱いを受けるのは堪ったものじゃありません
今日の広島訪問も大した期待はできないでしょう

今日のサミット会場に大勢の見物客が詰めかけていました
彼らは何を見に来たんでしょう
平日の午後に一体何をしている人達なんでしょう

沖縄メディアが翁長知事の怒りの言葉を伝えると
ネットでは早速嵐の様な罵詈雑言が飛び交っています
彼らも海兵隊員向けのマニュアルで教育されたのでしょうか

同じ国で同じ言葉を話す同じ民族のはずなのに
私には理解できない人達が増えすぎました
彼らには私に見えないものが見えているのかもしれません
投稿者:にいのり
「沖縄タイムス」までが、「遺体遺棄事件」などと表記していてはマズいでしょう。
今回、いわゆる「プレス」(日本新聞協会加盟社)の殆んどがどうやら「遺体(死体)遺棄事件」と表記しているようだが、どこかからかそう表記するよう"おふれ"が出回ったと推測される。
暴力行為までは認めていた容疑者は、現在、黙秘に転じたようだ。
勿論、容疑者の人権に配慮するという観点からは、逮捕された軍属を殺人犯と決めつけるような言葉遣いは避けられるべきだろう。
だが、「事件」として記述しようとする時、それが全体として「どんな事件なのか」、勘案されて当然だろう。
そもそも、状況からみて被害者が「殺害」されたとみなすべき容疑者不詳の類似「事件」など珍しいものではないはずだ。
今回の事案にしても、逮捕された軍属は殺害行為に関与せず、遺棄のみをした可能性も当然あるだろうが、その事件はどんな事件だったのか表記しようとすれば、それは(余りにむごく辛い現実ですが)女性が「遺体」になる前に「殺害された」蓋然性の強い事件であり、結果、「死体」に変わり果ててしまい、果てには「遺棄」される事になった。
こういう事実を直視し表記せずには、曖昧化にいたってしまうと思います。

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ