晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:にいのり
豆かん様 DAKKY様

うまく言い表す事が難しいことに関する、非常に重要なお話をされているなぁと思いながら拝読しました。
戦前から諜報と情報の分野で相応の役割を果たしてきた「電通」を話題にするスレッドで、(恐らくお若い方々が)このようなお話をいわゆるイデオロギー的ではない形でされているというのは「新しい傾向」と言って良いのでは。
そういう意味で、日本も進歩しているところは進歩しているんだなぁと感慨深い思いがします。
シールズにしても、(例えば私の世代は、団塊の世代の連中が、むさ苦しい汚いデモをして惨めな敗北をしてくれたおかげで、「白け世代」だとか「ノンポリ世代」、はたまた「新人類」などと呼ばれた世代ですが)、新しい開明性とでも言うべきものを感じさせるもので、そういう若い方々を見るのは気持ちが良いものです。
一方では、インターネットという新技術の中で、反動的・復古的心情が盛り上がってしまうという奇妙な現象が起きているのも「今」という時代の特徴ですね。
インターネットは、「個人」と「世界」が「媒体(メディア)」を介さず直結してしまうという意味で、いわゆる「パンドラの匣」として機能してしまった側面があり、メディアの劣化や無用化は危険な側面もありますね。
投稿者:DAKKY
豆かん様もご指摘の件
住むところも大変な状況で
熊本城のライトアップとか常軌を逸している

何が大切で何を今は一旦置いておくべきか判らないにも程がある
東北の震災で一本松に関する件を想起しました
あんなものより大事な事は山ほどあったのに

そしてこういう一連の目くらましが
一体誰の手によって企画実行され
どれほどの無駄金が浪費されていったのか

本記事と併せて考えると
この国が先進国と名乗るのも恥ずかしい
一握りの政治家と企業に支配された完全なる後進国です
投稿者:豆かん
「〜で日本が元気に」同じ構図がかの熊本地震でも見られますね。昨日放送のNHK「歴史秘話ヒスとリア」で熊本城の歴史と魅力を紹介していましたが、被災者の心情との関わりや最後の締めくくり方はあまりに情緒的、露骨に政治的で全く酷い物でした。

城下近隣の住民と思われる数人の声のみをもって「誰もが熊本城の再建を望んでいます」と断言、挙句には崩れた家屋等の様子を申し訳程度に映して「人々に心の余裕がなくなっている」「それでも今、熊本城を復興のシンボルとして人々は前に歩み始めています」だと。

そもそも城の再建などは、連日罹災証明を求めに来る人達の長蛇の列が解消されてからでも遅くないだろう。行政の杜撰さや無策を差し置いてライトアップ再開などとはしゃいでいる姿は日本人の美徳という名の悪弊である精神主義そのものであり、いい加減そこから脱却しなければ、福島でも五輪でも権力側のプロパガンダに利用され続けるだけと何故気付かないのか?

「私の城などもう壊れたままで良いから、建て直す金を苦しむ民の為に使ってくれ」
加藤清正がそう嘆く声が聞こえる気がします。
投稿者:DAKKY
こういう言葉尻だけを捉えてヒステリックに応対するのは
まさに安倍チルドレンの典型というところでしょうか
ただ誰に武器を売るかといえば敵国・中立国そして自国民の全てでしょう

安倍政権で武器輸出が解禁になり
産学共同の軍事研究も当たり前のようになった
自前の軍隊を持ちたいんだから武装もするでしょうよ

アベノミクスの破綻同様に
今までの経緯を見れば誰の目にも明らかなのです
しかし彼らは「いいえ違います」と断言する

>今の今まで、お前が「断言」して、何か一つでもその通りになったことあるか
安倍に向けられた素晴らし過ぎる指摘が勿体ないのですが
この言葉を野坂さんにも手向けておきましょう

さてこれまた重要な本記事についても触れなければなりません
とはいえこの内容2016年の五輪招致の時に聞いたようなデジャブ感に溢れています
今回は使った汚い金額が増えた分成果はあったが下手もうったというところでしょうか

いずれにしてもスポーツの祭典とは何の関係も無い話
更にいえば招致のダシに使われた東北の復興に
五輪関連に使われ(そしてこれから使われる)莫大な金額を充てたらどんなにか救われる人が多かったことだろうかと

曰く五輪で日本が元気になるんだそうです
馬鹿かと
このままなら2020年にはこの国は瀕死の状態でしょう

国を駄目にするならこうしろ
そんな本がいずれ海外でベストセラーになるかも
勿論その舞台は我が国日本です
投稿者:野坂三蔵法師
岩上「日本が戦争に向かっていけば、電通はどうするでしょう?」

中村「戦争の広告や、武器を売るための広告を作るでしょうね」

誰に武器を売るんだ?敵国か?中立国か?それとも、日本国民にか?
米国のミリシャ(民兵)みたいに、日本国民も自前で武装しろと言いたいの?

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

最近のコメント

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ