晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:にいのり
今日は、大晦日で、NHKなる公共放送は、例の「紅白歌合戦」なるものを主催し生中継しているようです。
別に悪いことをしているわけではない。
悪いことをしているわけではないが、こういうものが「国民的行事」になってしまう悲惨…というものに、少なくとも半数以上の日本人が気付いて、もう、違う在り方を模索しようよというコンセンサスのようなものが成立しなければ、やはり、どのような立場からであれ、ビジョンというものを構築する糸口さえつかめない、というのが現状かと思うのです。
結局、これは「大衆の生活」にまつわる「問い」なのであり、「ポピュリズム」と言えば何かを批判した気になれる程度のお気楽な連中には「高度」あるいは「高級」過ぎる「問い」なのだと思っています。
今年もまた「国民行事」として定着してしまった「紅白歌合戦」をやることになり、やらざるを得ず、やめられず、やめて何をするかという気の利いたアイデアもない。
これは、先の大戦を本質的に反省できない、原発をやめられない、日米安保をやめられない…そういった「日本の現在」のあらゆる構造に通底している「問い」だと思うのですが、「問題の所在」にすら気付いていない日本人も多く、政治は展望を示せない。
投稿者:北斗七星
>アベと同じ極右が世界経済を壊しそうだ。

とか何とか言っても、それじゃあ『実際のところドウスレバイイノ?』素人はそこが聞きたいのですよ。
極左の持つ具体的社会のビジョン。
極右の持つそれ。
左派、右派、中道、中道左派、中道右派、アナーキーの持つそれ。

そこが知りたい。

いったいあなた方は「何を」「どう」すれば政治経済がよくなって、戦争を回避することができ、貧困が無くなり、耐え難い格差がなくなり、犯罪が無くなると考えているのか。

そこが知りたい。

もしも「馬鹿」を一千万倍に濃縮したような「愚者」が賢者を気取って政治を占領しているのであれば、それをどうすればいいのか。

そこが知りたいのです。

投稿者:にいのり
金子氏の指摘していることの一々に異論はないと言えばないんです。だが、氏のような方に期待したいのは「魚は魚屋で、餅は餅屋で」ということであり、すなわちこの程度のレベルの批判言なら素人で事足りるでしょ?という事なんです。浜氏などもそうなんですが、本来は期待を寄せたいタイプの"経済"学者の皆さんも、いかにも安易に「ポピュリズム」などという言葉を口にしてしまう。
自分たちこそ経済学の内在的かつ根底的な批判に向かわず、ポピュラリティに依拠したポピュリズム系の批判言を口にしてしまっているのに、その自覚のないのがかえって右派保守層に付け入る隙を与えている…脇腹を見せながら怒ってみせる飼い猫のように。
同じレベルの批判言でも(本物の)ジャーナリストの言葉が差異化されるのは、実際の取材を経た後に紡がれる言葉だからです。だからリスペクトできる。
学者がジャーナリスト気取りで社会批判に乗り出しても、机上でうち騒いでいるだけなら素人とさして変わらない。トランプに裏切られつつある低所得白人支持層に「だからキミ達はサンダース支持で行くべきだったんだ」と懇切丁寧に説明できるのが最低限の反ポピュリズム対応だと思うのだが、クリントン支持しておいてアンチトランプもないでしょって事。

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

最近のコメント

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ