晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:北斗七星
諸仏は悪世に出で給う

上野殿御返事 抜粋
「梵天・帝釈等の御計らひとして、日本国一時に信ずる事あるべし。爾の時、我も本より信じたり我も本より信じたりと申す人こそ、ををくをはせずらんめとおぼえ候。」
以上。

神の一日は人間世界の千年の様とも言われ、「梵天・帝釈等の御計らひ」がどうにもこうにも手荒いように思える今日この頃。それでもまだまだ目が覚めないだろう。この程度じゃ。
と、不謹慎な事を言っているように思われるかも知れないが、本当に不謹慎なのはあちらの方々なのです。

私は、死んだ人をうらやましく思える程の艱難など味わいたくはありませんし、ましてや孫達、世界中の子供達にも。
投稿者:北斗七星
実乗の一善に帰れ

立正安国論 最重要部分抜粋

汝早く信仰の寸心を改めて速やかに実乗の一善に帰せよ。然れば則ち三界は皆仏国なり、仏国其れ衰へんや。十方は悉く宝土なり、宝土何ぞ壊れんや。国に衰微無く土に破壊無くんば、身は是れ安全にして、心は是れ禅定ならん。此の詞此の言、信ずべく崇むべし。

上野殿御返事 抜粋
日蓮生まれし時よりいまに一日片時もこころやすき事はなし。此の法華経の題目を弘めんと思ふばかりなり。

蒙古使御書 抜粋
所詮 万法は己心に収まりて一塵もかけず、九山八海も我が身に備はりて、日月衆星も己心にあり。然りといへども盲目の者の鏡に影を浮かべるに見えず、嬰児の水火を怖れざるが如し。外典の外道、内典の小乗、権大乗等は皆己心の法を片端片端説いて候なり。然りといへども法華経の如く説かず。然れば経々に勝劣あり、人々にも聖賢分かれて候ぞ。法門多々なれば止め候ひ畢んぬ。
投稿者:北斗七星
「赦せ」という神

マタイ24-
36:その日その時は誰も知らない。天使たちも子も知らない。ただ父だけがご存知である。
37:人の子が来るのは、ノアの時と同じだからである。38:洪水になる前はノアが箱舟に入るその日まで、人々は食べたり飲んだりめとったり嫁いだりしていた。39:そして洪水が襲ってきて一人残らずさらうまで、何も気づかなかった。人の子が来る場合もこのようである。40:その時、畑に二人の男がいれば、一人は連れていかれ、一人は残される。41:二人の女が臼をひいていれば、一人は連れていかれ、一人は残される。42:だから、目を覚ましていなさい。
以上。

世の終りの日が何時になるのか、父以外は誰も知らないと言う。そして、ただ、ただその日のために目を覚まして居なさい、と。

「世の終りの日を意識して目を覚ましていなさい」と言われれば、次の言葉が思い出される。洪水(世の終り)よ、我が亡き後に来たれ!(洪水などまだ来そうもないから「ヘッチャラ」よ!、さあみんな自由にやろうぜ!)

私が思うに、その日はわれわれ人間が決めることになる。殊に神学者を含む支配層の人間がその日を創り出そうとする。民草はそれに抵抗する事が求められている。その時、殺し、許さない側に立つ者は次の言葉から偽者だと解る。

マタイ6-14
もし人の過ちを赦すなら、あなた方の天の父もあなた方の過ちをお赦しになる。15:しかし、もし人を赦さないなら、あなた方の父もあなた方の過ちをお赦しにならない。

常識的にこの文を補完するなら
もし人が過ちを犯した後に、悔いて謝罪して罰を受ける気になったなら罰を与え、そして赦せ。そうすればあなた方の天の父もあなた方の過ちをお赦しになる。

上川陽子法相はカトリック信者。大丈夫?。
投稿者:北斗七星
神の警告-4
神の警告-3からの継続

第三期は前705年〜700年にかけてのことであって、サルゴンの死(前705年)と共に起こったフェニキヤ及びパレスチナにおける反アッスリヤ運動にユダは決して参加すべきではないと説いたものである。この運動は、最初はバビロンの王メロダク・バラダンがアッスリヤの転覆をはかる為、西部諸国に使者を送って、暴動を起こすようにとそそのかした為に起こされたものであるが、メロダク・バラダンの追放後はエジプトの後援を得て決行された。イザヤはヒゼキヤ王に、この時も中立を守るように進言したが、彼の言葉は用いられず、王は前703年にはメロダク・バラダンと、前702年にはエジプトと密約協定を締結した。この頃にイザヤが叫んだ預言の主要なるものは18章、28章、31章などの一部に記録されている。前701年に西部鎮定のためにセナケリブ王が大軍を以って来襲した時のものとしては、5・26-29、10・28-32などが有名なものであり、宮廷祭司や預言者は酒に酔って、出鱈目を喋るのみであると非難している(28・7-13)。22・15-25などもこの時代のものである。
ついにユダは敗れ、衆とエルサレムは包囲されたが、不思議にもアッスリヤ軍は急きょ撤退し、陥落をまぬかれた。しかし荒廃に帰した国土の中にただ一つ残されたエルサレムの孤影を歌った詩に1・2-9があり、人々が敵の退却について歓喜しているとき、彼らの将来を嘆く22・1-14の預言がなされ、さらに神の器として用いられたアッスリヤがその使命を悟らずして自らの力を誤信し、猛威をふるうさまに対して怒りを感じ、10・5-15などが書かれている。
以上。

最後の10・5-15はこうです。
イザヤ書10-5
災いだ、わたしの怒りの鞭となるアッシリヤは。彼はわたしの手にある憤りの杖だ。
6:神を無視する国に向かって、わたしはそれを遣わし、わたしの激怒を買った民に対して、それに命ずる。「戦利品を取り、略奪品を取れ、野の土のように彼を踏みにじれ」と。
以下略。

神も取り乱しているように見える。
投稿者:北斗七星
神の警告-3
神の警告-2からの継続

前734年のスリヤ・エフライム戦争から、前725年のヒゼキヤ王の即位に至るまでにも預言はなされたかもしれないが、一般には、彼はアハズ王時代にはあえて再び預言をしなかったと考えられている。
第二期はアッスリヤ王サルゴンの治世と一致する。すなわち、前722年より705年に至るものである。アハズ王の死、ヒゼキヤ王の即位と共に新しい時代が始まり、イザヤは再び預言を始めた。14・28-32や20・1-6などは明らかにこの時代に属するものである。その背景となっている歴史的事件は、アシドドを主謀とするペリシテの反逆である。エジプトの25王朝である新エチオピア王朝は西武群小国家を扇動して暴動を起こさせた。此の時ユダも参加するように勧誘されたが、イザヤは反対し、半裸体になって頼みとするエジプトも、やがてこの様な捕虜となって引かれていくのであると、行動によって預言をした。この暴動もサルゴンによって鎮圧され、ペリシテ、特にアシドドは徹底的な打撃を蒙った。
イザヤの預言は初期に於いては、主として国民の宗教的弛緩、道徳的退廃、殊に上層階級の腐敗と圧迫とに対して非難攻撃し、この為にやがて地震、戦争、捕囚などが来るであろうと警告した。そして、スリヤ・エフライム戦争においては、国家としての真の安泰はヤハウェに対する信仰のみであると人々の注意を喚起した。しかし、ヒゼキヤの時代に及んで、イザヤは眼を国内より国外に転じ、ヤハウェの意図は歴史の内に働くという事実を正視するようになった。もちろん時の為政者に対して、ヤハウェの経論に従わぬことについての批判は続けたが、前714年〜711年のペリシテ反乱以後は、社会的不正とか圧迫ということについては語らなくなった。
以上。

「ヤハウェの意図は歴史の内に働くという事実」
これは歴史の語源がHIS STORYの合成語と言われる所以かもしれません。
しかし、神を模倣して戦争、革命、略奪、その他の歴史を創造する人達がいるとすれば大変な罪を犯している。
投稿者:北斗七星
神の警告-2
前回の続き

ウジヤ王の死と前後して、アッスリヤには有力なテグラテピレセル三世が即位し、国内統一を図り、反乱の兆しある西部諸国(スリヤ・パレスチナ地方)に向かって遠征の準備をしていた。スリヤやエフライム(北王国)は反アッスリヤ運動を起こして、アッスリヤの支配を脱しようとして同盟を結んだ。そしてユダの王ヨタムに対して加盟を強要した。しかし、ユダは中立を保持しようとしたので、ヨタムの後継者アハズ時代にスリヤとエフライムの連合軍はユダに侵入した。全国は恐怖のるつぼと化した。そして援軍をアッスリヤに求めようとしたのである。イザヤはこれに反対して、ただ神のみにより頼めと叫んだ。
7章〜8章が当時の預言である。6章も思い出として第一期の終りに書かれたものである。イザヤの言葉にもかかわらず、アハズ王はアッスリヤに援助を頼んだ。

イザヤは預言を中止して今までの預言を記録し、神の言葉の成就を見守ることにした。(→8-16以下)

以下はイザヤ書8-16より
08-16:わたしは弟子たちと共に/証しの書を守り、教えを封じておこう。
17:わたしは主を待ち望む。主は御顔をヤコブの家に隠しておられるが/なおわたしは、彼に望みをかける。
18:見よ、わたしと、主がわたしにゆだねられた子らは、シオンの山に住まわれる万軍の主が与えられたイスラエルのしるしと奇跡である。
19:人々は必ずあなたたちに言う。「ささやきつぶやく口寄せや、霊媒に伺いを立てよ。民は、命ある者のために、死者によって、自分の神に伺いを立てるべきではないか」と。
20:そして、教えと証しの書についてはなおのこと、「このような言葉にまじないの力はない」と言うであろう。
21:この地で、彼らは苦しみ、飢えてさまよう。民は飢えて憤り、顔を天に向けて王と神を呪う。
22:地を見渡せば、見よ、苦難と闇、暗黒と苦悩、暗闇と追放。
23:今、苦悩の中にある人々には逃れるすべがない。

以上。

神の警告として恐れながらも悔い改めないのだから、神が死んでしまった今の時代は一体どうすればよいのか?。



投稿者:北斗七星
神の警告

イザヤ書解説(旧約聖書略解p.656)より抜粋
二、預言と歴史的背景
イザヤの預言は三期に分けることができるが、いずれもアッスリヤ帝国の西部進出と関係がある。第一期は、紀元前約740年から721年のサマリヤ陥落にいたるものであって、6章〜8章までが、その頃語られた預言の主要部分となっている。前約740年頃まで、北のサマリヤ王国も、南のユダ王国も、強国アッスリヤやエジプトの干渉を受けることなく太平の世が続き、その上ウジヤ王はエドムを征服して紅海に在るエラテをユダに復帰させ、ソロモン王の如くアラバにおける銅坑を開発して国家の繁栄をもたらした。従って人心は緩み、贅沢になり、その結果として信仰から遠ざかり、外面的には安泰で有っても内面的には危機を孕んでいた。預言者たちはいち早くそれを洞察し、相次いで立って警告を発したのであるが、奢る彼らの耳には入らなかった。ウジヤ王の時代に恐るべき地震があり(アモ1・1、ゼカ14・5)、神の警告として人々は恐れたが、悔い改めには至らなかった。
以上。

投稿者:北斗七星
東京新聞6/24「生きる」より抜粋

若い人たちへ―――上田紀行

2010年に日本、韓国、中国、アメリカの高校生七千人に対して行われた意識調査のデータがある。
「私は先生に優秀だと認められている」という問いに対して、
「まったくそうだ」「まあそうだ」と肯定的に答えた高校生の割合は、
韓国40%、中国55%、米国82%、日本18% だった。
「親(保護者)は私が優秀だと思っているは、
韓国64、中国77、米国91、日本33

「自分が優秀だと思う」は
韓国47、中国67、米国88、日本15

「私は価値のある人間だと思う」は、
韓国75、中国88、米国89、日本36 だ。
最初にこの結果を見たとき、ぼくは心底びっくりした。それは二つの点だ。
「私は価値のある人間だと思う」という問いに46%の学生が「あまりそうではない」と答え17%の学生が「全然そうではない」と答えた。それはあまりに悲しい。なんで君たちは自分をそんなに価値のない人間だと思っているのか?
そしてもう一つは、「自分が優秀だと思う学生が海外ではこんなにも多いことだ。・・・
以上引用。

思うに、日本の高校生は客観的に自分と人間世界というものを見ている人が多く、三つの海外では主観の世界で自分に酔っている人が多いのではないか?。



http://taranai
投稿者:北斗七星
東京新聞 6/28「筆洗」
交番を襲う。拳銃を奪う。奪った拳銃で銀行に押し入る。もちろん許せぬが理解は出来る。
拳銃を奪う。奪った拳銃で恨みのある人物を殺害する。これも理解は出来る。
どちらも犯罪だが、拳銃を奪う目的がある。▼警官を刺殺し、拳銃を奪う。小学校で警備員に発砲し殺害する。現時点での情報に限れば、警官や警備員に恨みがあったわけでもなさそうだ。おそらく面識も無い。だとすればこの凶悪事件の目的が分からない。
・・・略・・・
先日も東海道新幹線車内で見知らぬ乗客をナイフで殺害する事件があった。▼決めつけるわけにはいかぬが、仕事や人間関係でうまく折り合えず、自暴自棄になった若い心が凶器を握らせてしまう部分がないか。失うものなど何もないと道を踏み外し、無関係な人の命を奪う▼甘ったれるなと思う一方、この手の事件の正体を見破らぬ限り、拳銃管理を厳重にしただけでは再発防止にはなるまい。以上引用

果たして、この手の事件の正体を見破る人は現れるのだろうか?。

思うに、決めつけるわけにはいかないが、この狂気の若者たちは自らと少数の他者を犠牲にしながら、この世界全体の狂気を知らしめようとしているのではないだろうか。
ある意味、神のようにこの世界を裁いている。



http://taranai
投稿者:北斗七星
この世界

何か必死になって新しく商売になる物を考え創り出して行かなければ負け組になってしまう。
そして負け組になるとなんともみじめな生活が保障されてしまう過酷な競争社会。

(海の幸、山の幸、田畑の幸で生きていた時代が懐かしい。)

そうなると、もうほとんど破れかぶれの人生を選ぶ人が多くなるように思う。
「破れかぶれの人生」は「勝ち組」にも多く見られる。例えば息を吐く度に嘘を連発して、自己都合で記憶をなくす人達などがその口。
この世界では巨悪という言葉は死語になっているが、因果律は信じると信じないとに関わらず永遠の真理として常に存在している。

それを信じれば、ひいては戦争抑止力にもなる。核の恐怖よりも因果律の恐怖。それは法則であり真理でもある。
真理は人間にとって不都合なことであっても実を結ぶ。真理は正しい結果ばかりを生むわけではない。間違えば間違いの結果を生むのが真理。

と、わたしは思う。

6/27東京新聞一面記事

野党「佐川氏9か所偽証」
告発要求 与党後ろ向き

富山で交番襲撃 銃強奪
小学校前男性撃たれ死亡
刺された警官失血死
元自衛官逮捕(21歳)




http://taranai
1|2

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

最近のコメント

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ