晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:海風
この投稿が、十年前になされたことに、先ず興味を覚えた。それに「亡国」は、[平成]という時代と二人三脚で歩いてる。先の時代の[憂国]は、舞台装置として幕を降ろした訳だ。
>投稿者あっしら、さんがいう
バブル崩壊の日本を「第2の敗戦」と呼ぶ人もいますが、「亡国」という観点から言えば、先の戦争の敗戦より現在のほうが深刻な状況だと思っています。
そんな深刻を抱えつつ、後日「東日本大震災」をも、大打撃されちまった。
それでも、更に二年経て、どうするんだろうね。いや、他人事みたいじゃ、ならぬ。せいぜい、「天変地異だもんね」を連呼して、やってくしか。
投稿者:農婦
今日は。1960年代はみんな精神的なつながりがあり、生活の格差はあってもお互い手をつなぎあって、持ちつ持たれつ楽しい10代を過ごしてたと感じてますが、今は、一見生活が楽になってはいますが生活する不安の毎日です。将来は生活が破綻するのは確実なのがわかってますが、60歳になった今、生きられるところまで生きてみようと開き直り、心を楽にしてます。孤独な人間があふれてきているのに、見て見ぬふり、だれも関わりを持とうとしないこの時代、自分に利益をもたらさない人間を近づけない人間
ばかりの社会に見えてしまうのはわたしだけでしょうかね?
投稿者:不思議太郎
>それは差別的な考えか
国家の存在が差別そのものです。日本国憲法も差別を謳っています。憲法第25条も、日本国民のみに対しての権利です。
この地球に同じ人として生まれながら、特定の国民はビザ無、ある国の国民にはビザを要求する。これも差別です。差別をしなければ国境が国が破壊します。国益に叶う外国人のみを居住させるのは当たり前のことです。
もっとも腹立たしいのは奥田経団連元会頭です。「日本経団連の奥田碩会長はあらゆる職種で外国人労働者を受け入れるのが望ましいと言っている。
少子化の影響で、高齢者雇用、女性雇用だけでは、労働力がまかないきなれいのが理由である。」日本経団連が先般取りまとめた提言「人口減少に対応した経済社会のあり方」(10月16日号既報)
とんでもない輩と組織である。
外国人労働者を増やせと叫びながら、大量解雇である。人は他の資本財とは本質的に異なる。
移民とは、その人の生涯の問題であり軽々しく論じるものではない。
最も重要なのは、低賃金による経済的メリットと社会保障等の経済的負担のバランスである。
受け入れる企業は低コストで働かせ、その社会保障のコストは国民に負わせる身勝手な論法を許すことはそれこそ亡国への道まっしぐらである。
投稿者:出口 和彦
亡国は必ず防ぎます。

http://npo-yamato.p-kit.com/
投稿者:伊勢海老
個人がいかに強くても組織には敵いません。
そしてその組織力を最も持つのが日本だと思います。
それは日本は海に囲まれているという地理的な理由で
他の国に比べて多国間との交流が段違いに少なかったためです。

しかし国際化の名の下に混血化進み2世3世の人が増えるとそれが失われる気がしてなりません。
それは差別的な考えかもしれませんが、これといって資源が無くお世辞にも身体能力が外国人に勝っているとは言えない日本では、守らなくてはいけない貴重な財産だと思います。

他にも男女差別や若者差別なども猜疑心を煽り組織力を無くすと思います。

このサイトの管理者様はお金あっての組織力だと言われますが
私は組織あってのお金だと思います。
投稿者:ぎったんばったん
PT(永遠の旅行者)と言う言葉があります。
亡国とは、そこに根ずく人にとって深刻な事のように思いますが、それは、政治システムが破綻した国のことを言うと思います。
他国に比べ、住み易い政治環境や社会システムに出来れば、深刻な「亡国」は訪れないと思います。きっと多種多様な人々が来て、家族の環境も多様化しますよ。
もちろん、陸続きでない日本に移り住む人は比較的に富裕層で知恵や知識の多い人たちが住むようになるでしょうね。
政治の情報が一国家で歪め難くなっている近代の社会では、国民の理想と政治の理想をぶつけさせて世界に向けて公開するのが、住みやすい社会に向けての近道ではないでしょうか?
投稿者:涼
日本はかつて経済上アジア諸国のお手本だった。でも今はそう思う国は少ないのです。それは戦後団塊の世代の人たち以前の又はその人たちが自分の利益だけでなく国家の利益は自分たちの利益と感じ頑張ったことに意味があったそして成長したからなのです。その裕福なおぼっちゃまやおじょうちゃまが温室育ちで物欲差だけを競った結果、経済成長を遂げた副産物だから。政治家も企業家も全てが危機感も日本のプライドも忘れた結果です。温室ボケしているのです。日本は今アジアからも馬鹿にされています。どこかの国に似てますよね自殺率世界一の不名誉。国民を犠牲にしても海外支援をし裕福な日本を演じ続ける。支援される側になっているのですよ今の日本は。少子化も含め国民の状態もわからず、税金を自分の功績でしか計れない政治家が多い。学生の部費の取り合いじゃないのだから各自治体も予算を来年多くとりたいからとにかく使い切らねば増額は望めない、という考えは捨てていただきたいものです。
投稿者:tenkenchiken
誠に当を得たお説で、此の中に国の再生への要点があり、国民各自が真の道義國家としての、真正、日本国の創造への熱い志に目覚め努力すべき大事な時と考えます。

http://www.kawanabekaratedo.com
投稿者:早雲
One of Threeさま、こんばんは。

>亡国とは、まさに家族を滅ぼされることなのでしょうね。

そうですね、私たちがお互いの繋がりを切断され「個」に分解されることです。

>私の仲間は「今あるテクノロジーを総て持ったまま、縄文時代に還れ」と云っております。

より身近な江戸時代も参考になります。

>国際金融資本や、その陰にかくれた黒幕を退治するのではなく、彼らにノーブレスオブリジュを実行してもらう必要があります。

同意です。
投稿者:One of Three
早雲さん、お疲れさまです。

クリンゴンの三輪さんのところから跳んできましたが、ここはちょうど1年前のリンクになりますね。

亡国とは、まさに家族を滅ぼされることなのでしょうね。
私も、自分の子どもたちの精神性を見て、すでに手遅れだとは思いつつ、最後まで悪あがきを続けていますが。

やはり、革命はマズい結論だと考えられます。
良い時代に習い、悪い時代に学ぶ必要があるのではないでしょうか。
今の行き方では「戦前に習って」しまっているようです。
早雲さんのお説のように、近代は、すでにからめとられてしまっていますので、近代に習うのはダメでしょう。
私の仲間は「今あるテクノロジーを総て持ったまま、縄文時代に還れ」と云っております。
今こそ、人類は知恵を出さねばなりません。
国際金融資本や、その陰にかくれた黒幕を退治するのではなく、彼らにノーブレスオブリジュを実行してもらう必要があります。
詳細は明かせませんが、すでに動き出しているものもあります。

ご自愛ください。
1|2

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

最近のコメント

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ