晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:北斗七星
ここに興味深い逸話があります。

(傷ついた)老バラモンは悲しみ痛んで、魂を失うた人のように行くとはなしに歩み行って、とある樹の下に憩うと、一匹のコウノトリが草を口に含んで多くの鳥たちに語るよう。
「皆互いに助け合うて一処に住もうではないか」。
鳥たちは彼の言うことを信じて、みなそこへ集まった。やがて、鳥たちが飛び去ったのを見て、彼のコウノトリは巣という巣を窺い、卵をついばみその汁を吸い、多くの雛を食った。そして多くの親鳥が帰ってくると、彼は何食わぬ顔をして以前のように草をふくんでいた。・・・・・
撰集百縁経 新訳仏教聖典(大法輪閣版 p.549 )より

どんな高邁な思想の持ち主も、絶大な権力を掌握した人間の貪欲という魔性の前では腐れてゆくものなのでしょう。その「腐れ」から逃れる術を何処に求めれば良いのか?仏陀が説く悪因は悪果を生み、善因は善果を生む、という因縁果報の法則の存在を信じる以外無いのでは無いのでは。一般の学者さんの理論はここのところが不足しているので、絵に描いた餅となってしまうのだと思います。
投稿者:むむむむむ
一方でスペンサーの場合は「社会静学」で私有を否定しましたね。適者生存という言葉を作った方です。80年代にころっと転向しましたが、これがマルクスと同じ墓地に眠っているというのが奇妙なもんです。天国であの二人は喧嘩しているのでしょうか、同志として握手しているのでしょうか。
投稿者:早雲
建つ三介さま、こんばんは。
ご紹介ありがとうございます。
エントロピー派の経済学者でしょうか。
中村尚司 氏の「地域自立の経済学」には興味があって覗いたことがあります。

>この『生命系・・』に出てくるデコレーション付き2[3?]段ケーキの話を今度使おうと思っています。

その節はTB下さい。楽しみにしています。
投稿者:建つ三介
今晩は。早雲さん。
J.S.ミルの名著も、かなりが絶版になったままでしょうね。‘80年頃はまだたくさん出回ってましたが・・。残念ですね。

この本↓なんか、ミル的な平等観が反映されていると思いますが、如何でしょう?
「生命系の経済学」ポール エキンズ他 (著),
石見尚, 丸山茂樹 , 中村尚司 , 森田邦彦 (翻訳)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4275007654 
最近ノーベル平和賞とった、『グラミン銀行』のことなんかも載っていたと思います。かなり前に読んだので、細かい点は忘れました。(『スモール・イズ・ビューテイフル』E・シューマッハなんかの影響も濃いです。・・。)この『生命系・・』に出てくるデコレーション付き2[3?]段ケーキの話を今度使おうと思っています。

http://blogs.dion.ne.jp/ivanat

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ