晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:不思議太郎
>丹羽という人物の政策は、2003ねんごろのものです。今となっては、遅すぎます。
今こそチャンスですよ。
デフレが再び再開。
円は主要通貨に対して暴騰(対ポンド約2倍、対ユーロ1.6倍、米ドル1.2倍。
何も行き成り公債1000兆円でなくても、取り敢えず100兆ぐらいの買いオペ。金融政策の実体経済へのタイムラグ約6ヶ月ぐらい様子みてインフレ率と為替を考慮しながら次の一手を考えれば良いのでは。
国際信用力の低下どころか今の欧米の中央銀行は全くの手詰まり。日本の20年前の政策ををまねようとしている。
尚、余談ですが、かのケインズは、インフレは最良の増税、紙幣を焼却することは、社会貢献であると言っています。
投稿者:望
丹羽という人物の政策は、2003ねんごろのものです。今となっては、遅すぎます。

http://urayamaneko.seesaa.net/
投稿者:望
日銀による国債買い切りオペや政府通貨発行策などは、数年前なら、有効だったかもしれませんが、今では、遅すぎます。今、それをやれば、狂乱物価を招くでしょう。

2006年くらいまで、日銀が、国債買い切りをやれば、ハイパーインフレではなく、バブルが起こると言われていました。

今、住宅バブルが、崩壊し、マネーが実物に向かい、インフレが起きています。

銀行の国有化を行えば、国や自治体の借金は、無くなりますが。郵貯だけを国有化しても、無意味です。郵貯や簡保の資金の流れを民間の銀行、金融機関の資金の流れと切り離す事は、不可能だからです。

銀行の国有化を行って、円を売る動きでもあるのでしょうか。

銀行、金融機関の株を外資が、所有するようになった今では、政府が、銀行、金融機関の株を買うほうが、良いでしょう。

国が破産しても、エネルギーと食糧を自給できれば、困らないのですが。



http://urayamaneko.seesaa.net/
投稿者:ぼけちん
埼玉のぼけちんです。
こんなアイデアどうでしょうか?
日本で第二通貨「g」(グラム)を発行するのです。ほしい人は金を仮に円で100g買って中央銀行に持ってゆくと中央銀行は0.1g紙幣を1000枚刷って引き換えに渡すのです。金は減りも増えもしないので利息は無しです。いつでも金と交換できます。そしてゆっくり静かに円には消えてもらうというのではどうでしょうか?もちろん偽造防止ICチップいりです。
投稿者:早雲
仙台のくまさんです さま、こんばんは。

>お金を燃やさないで、そのお金を食糧の価値観を高める(家計費の割合で食糧の価値観を高める)ことに費やすべきですよ?でなければお札を燃やすなんて暴論になってしまいますね?

お金ではなく、国債を日銀が買い取って燃やしてしまおうということです。
実は、大きな声では言いたくありませんが「利子取得の禁止」が隠されています。
管理通貨制の貨幣がいかなるものであるか、「利子の取得」が何をもたらすかがあからさまになります
投稿者:早雲
あひるさま、こんにちは。

>アホか!?
そんな事したらハイパーインフレどころの話じゃなくなる。

まず、政府債務問題を解消するためだけであれば、政府紙幣を発行してもインフレにすらならない可能性が高いと思っています。

政府系を含む金融機関や基金が保有している国債に対する利払いや元本返済になるだけで、財やサービスに向けられるお金の量が増えるわけではないからです。

極端なことを言えば、700兆円と言われる政府債務を政府紙幣でチャラにしてもインフレに転じない可能性があるということです。

インフレにならず、国債が現金に変わった金融機関や政府部門が、その運用に頭を痛めるだけという事態になるかもしれません。

インフレになるかどうかは、通貨の絶対量で決まるわけではなく、供給量増加<需要通貨量増加のギャップがどうなるかで決まるものです。

そして、銀行のなかにある通貨は、供給活動に使われることもなく、需要にも向けられないお金ですから、インフレやデフレに影響を与えません。

これが、日銀がどれだけ金融緩和をしてもデフレが解消できない理由でもあります。
このようなことさえ理解していない経済学者が経済政策をあれこれ言っているのが実情です。
お金を燃やさないで、そのお金を食糧の価値観を高める(家計費の割合で食糧の価値観を高める)ことに費やすべきですよ?でなければお札を燃やすなんて暴論になってしまいますね?

http://seiiti-syouji.at.webry.info/200612/article_1.html#trackback
投稿者:あひる
アホか!?
そんな事したらハイパーインフレどころの話じゃなくなる。
そんな事した日にゃ、国の信用なんて底辺突き抜けてマイナスだ。
今日本に食料その他を輸入してくださってる国々が緊急輸入規制かけて、日本人の98%が餓死。
それでも良いならいいけどね。
でもそうなった時に俺はあんたの様な人間から真っ先に食料奪って生き延びるけどね。
国内需要だけで食っていけるなら頭の変になった国で世界から相手にしてもらえなくなるだけで済むが、今の状態だったら日本人殆ど死ぬよ?
それを解ってて言ってんのか?
だったら相当バカだけどさ。
投稿者:団塊君
国債を全部燃やす。
これが唯一最高の解決策と思います。要するに居直りです。
債権とはもともとそんなものです。
昔の徳政令というやつですね。国家権力の補償とはそんなものです。一時的に政権を降りねばならないですが
看板を塗り替えたらいいのです。中身は同じです。日本は第2次大戦後そうなっていませんか?
その気配を感じてだからみんな実体経済へ移行しようとしていて、収益性のある不動産がバブルしているのです。(ユダヤと中国人の買占めということもありますが)
軍票という存在をご存知ですか?占領地の経済流通のために発行される紙幣です。軍が負ければ紙切れに。
商売人は一刻も早く現物に換えようとします。それと同じです。
これで経済が破壊されるかというとそんなことはありません。銀行がつぶれるだけ。
日銀は金利を下げて日本買いの資金を米国に供給することしかしていません。
不況にしたいのか供給量も絞っているようです。こんなことならまず全部チャラにしたほうがましです。
会計上の数値に過ぎない金利支払いという口実で地方の土木工事をやめ、地域経済を破壊し、医療を破壊し、国土の荒廃をさせている。
経済の実体は生産力、消費力、商品力、資源力などです。日本は絶好調でないですか?
要するに日本の資産は日本人の信用です。政治がアメリカを始めとした白人にハックされているのでなめられていますが、世界は日本人の実力をよく知っています。ですから袋叩きにしようとしている。米国や中国や韓国やロシアの態度は恐怖感の裏返しです。
おこらせたらイラクどころではない。全世界を灰にしかねない技術力を持っている。
そういう自信回復にはまずはじめに
利権しがみつきの結果生まれた債権を燃やして(利権を食って太ったのは結局日本人なのです)
健全な会計の国に戻すべきでしょう。
投稿者:早雲
tatsujinさま、お久しぶり。
まんざら奇想天外ではないのですよ。

>ついでに余計な社会のお荷物である老人を何処かへ瞬間移動できる技術も

勘弁してください。隅っこで大人しく生きているんですから。
1|23

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ