晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:北斗七星
ジャーナリストの資質

ジャーナリストの資質のうちで最も求められるべきものはフェアであることだと思う。
それはどんな仕事をするにしても求められものであり、人間であることの条件ではないだろうか。高慢も神の嫌うところではありますが、なぜか神は高慢の極みにあるようにも見えてしまう。

誰を神と言っているのかは、はっきりと言えませんが、仏教は人を仏にする教え、一神教は人を神にする教えであることは分かりました。

仏教では、大した人間でもない自分を仏だと錯覚している人を増上慢と言うのですが、一神教では何というのだろうか。

人は、自分のしていること、あるいは自分の信じているものは正しいと思い込むと、自分に敵対する人を排斥するようになる。それは自然な成り行きなのであり、仕方のないところ。
自分を客観的に観察することは難しい。

だからこそ、他のフェアな人の批評・批判が必要になるのだが、狂信的に自分は正しいと思い込むと他人の言うことが聞けなくなってしまう。そして、そういう人物が強大な力を所有すると、自分は正しいという妄想を他人にまで及ぼそうとし、そして全世界を手中に収めようとする。
その人達が本当に正しければ、それで世界はユートピアになれる。もし、そうでなければ、仏教の守護神が介入することになるのだと思う。
投稿者:にいのり
おやおや?
なぜ、私の行く先々に、特定の方が後から来られるのか、正直不思議な感じがいたします。
まずは、これだけの数のスレッドがあり、オーナー様は、コメントはしばらく受け付けて下さるというのですから、ご自分のモチーフに最も適したスレッドでご意見を述べられたらいかがかと思うのですが。
私ごときに絡んでも、人生において何のメリットも生じないと思うのですが、自分のブログの時も、このようなコメント投稿欄においても、なぜか妙な形で特定の方に絡まれてしまう。ちょっと解せないところがある。
私も『晴耕雨読』様に執着し過ぎかなとは思って、離脱?解脱?の機会を探ってはいますが、なかなか一区切りがつかず、その点では、早雲さまに多大なご迷惑をお掛けしておりますことを自覚しつつ、この場をお借りしてお詫びしたく存じます。
大変申し訳ありません。
この夏をもちまして一つのけじめにはしとうございます。
どうも、ネット上で何か建設的な事が起きるというのは、私的見解ながら、かなり幻想に過ぎぬ事が見えて来てしまいました。実際に運用してみて初めてそのような事は歴然化する。
AIとやらも恐らく同じ轍を踏む事でしょう。何億年に跨がる生命史をなめていますから。
投稿者:北斗七星
江崎鉄磨沖縄北方相

そもそも、この江崎氏は自民党の古参議員というべき人だろう。古参ならば何時でも大臣の声がかかる用意が必要ではないか。
年を理由に固辞するなら、議員を固辞した方が良い。そして、二階氏にあなたも年ですねえ。
ご一緒しましょうか?
するとまたまた、激怒がほと走る。
こういう世界なのだろう。
投稿者:北斗七星
【内閣改造】江崎鉄磨沖縄北方相、一度は入閣を固辞も…激怒した二階俊博幹事長が説得

3日の内閣改造で初入閣した江崎鉄磨沖縄北方担当相(73)が、安倍晋三首相から改造前日の2日に入閣を打診され、一度固辞したことが分かった。江崎氏が所属する二階派会長の二階俊博幹事長が経過を知り、

激怒した二階氏が

翻意を強く促した。二階派関係者が明らかにした。

 江崎氏は3日の二階派会合で、高齢を理由に「私は『その任にあらず』と二階氏に話したら、叱られた」と明かした。二階氏からは「君は俺より4つも若いじゃないか」と強く説得されたという。

こうして、お偉いさんたちが君臨しているのだろう。江崎氏が自分の意見を述べようものなら、またまた激怒が襲うのだろう。二階氏は77歳か!。この年なら何か不都合なことが明らかになれば、すぐにでも病気になれる。物忘れ病、etc.。
投稿者:北斗七星
観世音菩薩普門品第二十五

世尊、観世音菩薩は云何がしてか、この娑婆世界に遊ぶ。
云何がしてか衆生のために法を説く。

方便の力其の事云何。

仏、無尽意菩薩に告げたまわく、
善男子、もし国土の衆生あって、まさに仏身を以って得度すべき者には、観世音菩薩、即ち仏身を現じて為に法を説き、
・・・中略・・・
まさに大自在天の身を以って得度すべき者には、即ち大自在天の身を現じて為に法を説き、まさに天大将軍の身を以って得度すべき者には、・・・・・以下略。

この経文によって観世音菩薩信仰が起こるわけですが、観世音菩薩は法を説く。
その法が尊い故に観世音菩薩も尊い。釈尊は法を説く、その法が尊い故に釈尊も尊い。
法を説く人(仏、神、菩薩、普通の人、etc.)はあまた居るので『法』を「説く人」を唯一として崇めると分裂が起こってしまう。
投稿者:北斗七星
創造神=大自在天

『弟子らよ、また,かの、すべては自在天の創造を因とするという出家に対しては、私はかように言う。

「出家らよ、それでは殺生の起こるのも自在天の創造が因であり、邪見の起こるのも自在天の創造が因となる。

かくの如くすべてが自在天の創造によるとすれば、人々にこれはなさねばならぬ、これはなしてはならぬという希望も努力もない事になる。』増一阿含経
(新訳仏教聖典 大法輪閣版p.120)

「神様!」、全ての出来事はあなたの責任に於いて起きている。わざわざ悪魔を造ったのもあなたである。食べてはいけないという善悪知る木を造ったのも、食べるようにそそのかす「悪魔=ヘビ」を造ったのもあなたである。あなたは、わざわざ売り物にならない、あなたの気に入らない陶器を造る未熟な陶器師のようだ。

となる。
投稿者:北斗七星
>欧米のようなクロスオーナーシップ禁止が実現すれば放送業界も大きく変わるだろうが・・

それでも!
欧米というのは自分勝手に右往左往している。
何であれ自由にすれば、経済学用語にあるように、悪貨は良貨を駆逐するのではないだろうか。
これは真理というより、戒めを失った(自由な)人間心理の事実だろう。

戒めを失った人間がその自由を行使すれば、行き先には悪しき独裁が見えている。

逆説的に言えば、自由主義者は独裁を目指していることになる。そこには、支配者集団側の倒錯した自由と、被支配者側の倒錯した自由が混然一体となった倒錯した世界が現出する。

自然界では生物多様性が重要だが、人間界での思想的多様性は分裂を生むことになるので、一致団結のためには統一が必要になる。

一神教というのもそのような必要から生まれたものだろうが、あまりにも野蛮過ぎるし、神の正体が鮮明になっていないために、これは「神の言葉」であると言い張った人間が、最終的には暴力をもって他の思想・宗教を駆逐してきた。

仏教での神の位置は、六道輪廻の頂点に位置していて、神は地獄にも餓鬼にも畜生にも墜ちる存在として、その位置づけが定まっている。

これをあちら側の人は認めないだろう。

だから、一神教でいう『神』とは、仏教で言う「神」とは違うものだと言わざるを得ない。

投稿者:北斗七星
公園に来て

♪小椋佳(作詞・作曲)

わずかばかりの緑にも 日だまりと日かげとがある
公園に来て俺たちは ひとときのやすらぎをさがす
しばらくはこうして 止まった時間をみていよう

まねのできない笑顔して ヨチヨチと幼な児がいる
公園に来て君達は 公園をひとりじめしてる。
遠くないところに いつだって母親が見ている

ふりかえることもなく にぎやかに娘達がゆく
公園に来て幸せが その先にまってるように
さむざむとその道を 戻った少女には気づかない。

いってはならない真実をくわえ
みなれぬ小鳥がとんでゆく。

・・・略・・・
投稿者:【『週刊文春』編集長の絶望的にむなしい言い訳と、メジャーな出版社としてまともな経営方針の見つからない株式会社文藝春秋の始末に負えない通俗のDNA】その64byにいのり
という訳で、私の思いつきのまま書き連ねているかのような駄文でも、その中心的なモチーフはメディア批判だったのであり、そこから派生する諸問題に私は言及していたのだったと、ふと、というか、はたと(笑)思い当たりまして、それではという事でこちらに引っ越して参りました。
もうちょっとベタな部分でも「新潮vs文春」という側面に触れられたなら、自ブログの再開に移ろうかななどと思いをめぐらせているところであります。
早雲さまをはじめ、皆々様方にご迷惑ばかりお掛けしている点につきましては、何卒ご寛恕いただきたく、ただただお願い申し上げる次第でございます。
(これでも少なくとも私は、「私」自身をどうこうしようと思っているのではなしに、かなり純粋に「公」について良かれと念じつつ書いているつもりなのです)
(私営でも県営でも国営でもかまわない、「公園」と呼べるような場所が人にはやはりもっと必要であり、また、人は公園にもっと気軽に/気楽に集って憩うべきではないのか、だって、そうでないと、人生"もったいない"でしょ?そんなふうな事を感じながら、ここに通っている訳です。快適な公園のない所に、まともな議会など育まれようはずがありませんから)
投稿者:反共生反利権汚職
周波数オークションとこのクロスオーナーシップ制度禁止、記者クラブ廃止にすればマスコミはだいたい良くなると思う。(もう終わったけど)民主党政権でこの政策は支持できた。民主に変わる政党日本維新の会が出来たから自民の議席削って維新を野党第1党、過半数割れさせればいい。
123|4|5

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

最近のコメント

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ