晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:早雲
motomichiさま、こんばんは。

まず、宗派を取り上げた問題を述べるが、それは、人格的にはその宗派の指導者を指すものであり、宗派そのものや個々の信仰者に言及したものでないことを予めお断りしておく。

と最初に断っているとおりです。
騎士達についてはおっしゃるようなことも多かったでしょう。
ユダヤ教、キリスト教、イスラム教は起源を同じくする宗教です。
信仰の対象になる神が同じだとしても(呼び名は異なりますが)宗教は、世界観や人々の関係性(社会の在り方)についての価値観などを包括的に提示したものですから、やはり違った宗教とするべきでしょう。

投稿者:motomichi
こんにちは。
私は世俗的すぎてダメダメなカトリック信者です。しかも、この20年、教会行ってません。ダメダメの極みです。

いやー、なんだか凄いですね。
十字軍は実際には、多くの騎士たちが先進的なイスラム文明に驚いて、共存の道を模索したり、イスラムに回収したり、脱走したりしました。
イスラム諸侯も、十字軍が暴力行為さえ行わなければ、同じ神を信仰する仲間として共存することも考えていたのです。(キリスト教とイスラム教は同じ神を信仰しています。その様式が違うだけです。違う宗教とするのは厳密には間違っています。)
事件として記されている戦闘や虐殺以外の期間、彼らは案外平和的に共存していたのです。そもそも今の戦争とはスピードが違いますもんね。
今の戦争の方が私には十字軍よりもずっと残虐ではないかと思うときがあります。
投稿者:早雲
三介さま、こんばんは。
オマルを知ったのは10代の終わりの頃でした。
あれから随分時間が流れ、人生の儚さを実感する歳になってしまいました。
投稿者:三介
>「ルバイヤート」
読ませていただきました。早雲さん、おはようございます。

へへ、実は市井三郎さんの本でもエピグラフに使われてまして、僕も大学に入った頃読みましたよ。オマケにロシア語版さえ持っているんですよ。チョッとエッチな挿絵の入った・・。ソ連では、ハイヤームはタジク人だ!と言っていたみたいです。一方のイランはそれを否定していたようですが、イスラム革命後はどうなんでしょう?
イラン音楽の好きな人に聞いたら、やはりオマルはイランだ、って言ってたようですが・。それだけ人気があるっていうことですね。

ではまた。

http://blogs.dion.ne.jp/ivanat
投稿者:早雲
建つ三介さま、こんばんは
ご紹介の眠り猫さんのブログ、覗いてみます。
以前雑感を綴ったものに「ルバイヤート」
http://sun.ap.teacup.com/souun/96.html
があります。
良かったら覗いてみてください。
投稿者:建つ三介
今晩は。早雲さん。
奇遇ですね。今好きな小説・中島敦の『弟子』のこと書こうとしていました。
主な内容は、

この小説、『儒家』のこと書いているけど、『老荘』っぽいところが好き。

って言う感じだったので・・。波長が合っていたみたいで・・。いつアップできるかわかりませんが・・。

それと。宗教のこと、眠り猫さんが『山猫』のペンネームで書いているブログ
『ダイアスパー』の『思想』
http://daiaspar.seesaa.net/category/1209804-1.html
や『時事』(特に9・11)
http://daiaspar.seesaa.net/article/23570140.html

で、かなり色々と論じておられましたよ。
彼、恥かしがりなので、代わりに紹介しておきま〜す。

ではでは。また来ます。



http://blogs.dion.ne.jp/ivanat

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ