晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:アキオ
2011年9月頃、喉の痛みから多眠、言語障害になりました。二度、仕事帰りに気絶しました。2012年6月頃、自律神経障害、頭痛、痺れ、発熱、最近は耳鳴りが止まらなくなりました。殆ど全ての科を受診しました。おっくうがられ、話を聞いてくれる医師はまずいません。関東在住27歳男です。
悪化は止まりません。今も色々と探っています。下の方の文を読みました。私も記事の方に相談にのっていただけたらと思っていました。
投稿者:松本
2011年3月の爆発後に目覚めてから、極度の疲労・眩暈・筋肉痛・関節通・頭痛・目の奥の痛み・喉の痛み・耳鳴り等の症状がほぼ同時期に発症しました。こんな疲れが世に中にあるのかと思ほどの酷い疲れです。とにかく疲れを取りたくて一日の大半を寝て過ごしましたが、寝れば疲れが解消されると思ってきましたが、この疲労は寝ても解消しませんでした。およそ2カ月半で症状は改善に向かってきましたが、その後遺症は消えること無く、日常生活をするのがやっという状態が続いていました。所が、今年になってまた昨年の5月頃の体調に戻ってきており、どうしたのかと思っていましたから、また線量が上がっていたそうで、体は正直にそれに反応していたと思い知らされました。東京都墨田区在住。震災時49歳、現在50歳の女性です。どの病院に行っても被爆なんてあり得ないと言われ続け、慢性疲労症候群と症状が似ているので、もしかしたらそちらかもしれないと思っても、それも診断する医師がいなく、苦しい毎日を強いられています。病気として認定されないので、生活保護とか受けられないようです。相談にのって頂けると助かります。ここに投稿すべき事柄では無いのかもとれませんが、連絡手段が判らずすみません。

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ