晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:英雄
今晩は早雲サマ

暑くなりましたね。今朝の地震はいんきょさんのブログで予言しておられましたよ。ハープでの地震や台風や長雨はバレバレですが日本人は殆んどしりませんね。マスコミは絶対言わない。気象レーダーに凄いエネルギーがでてました。
日本人が昔より無駄に沢山働かされて搾取される構造というのはわかりますが、地震兵器で脅迫されて紙の米国債を押し付けられるという状況は、日本の滅びが決定されていることではないですか。そこから、じゃあ、日本はどうすると考えないと、処分されないようにするには、反日の日本人をーー彼らは走狗であると認識はしてないでしょうがーー処分するという考えもありではないかと考えるのです。いい悪いの理屈ではなく。
投稿者:早雲
海驢さま、こんばんは。

資料のご紹介ありがとうございます。
江戸期の金銀の両替レートは変動制でしたが大凡1:4くらいだったと思います。
大阪圏と江戸圏の為替レートのような役割があったようです。この辺りも「廃県置藩」論者としては見るべき手法だと思っています。
ところで、ご指摘の件は、当初はやむを得ないにしても、金が全て流出するまで何ら有効な手だてを取っていないのは、無策以上です。

>私も、江戸時代の政治制度・社会制度には、現代にも有効なヒントがかなりあるのではないかと思っています。

明治以降の西国風中央集権制とは違って、東国流の地域連合国家でした。それを成り立たせる仕掛けも様々有りました。しかし御一新で八百万の神々は葬り去られました。

>知らしめるべからず、寄らしむべし

民主主義等という危ない制度ではなく、「寄らしむべし」を体現した統治者のもとで、庶民がつまらぬ政治などに関心を持たず生活してゆけるのもわるくないと思います。

ありがとうございました、またお越し下さい。
投稿者:海驢
早雲さま、こんばんは。
このエントリもなかなか良いテーマですね。
私も、江戸時代の政治制度・社会制度には、現代にも有効なヒントがかなりあるのではないかと思っています。

エントリ中の質問者?の方の知識・感覚は、かなり誤解がありますけども、現代の一般的なものであるように思います。
対して、あっしらさんの返答は、よくご存知だな〜と思います。

ただ、一点だけ。
>維新政府は、外国金融家に奉仕するために、金と銀の両替レートをおかしく設定して、ほとんどと言える金の流出を招きました。

この金の流出(通称:ゴールドラッシュだそうです)は、維新政府ではなく、まだ幕末だったと思います。
※松原久子著「驕れる白人と闘うための日本近代史」に詳しく載っていました。

両替レートをおかしく設定したのではなく、もともと国内の金1対銀4というレートを、国際的には金1対銀10くらいだった対外向けにも適用してしまったことが原因だったはずです。(レートは大体の記憶ですが・・・)

その理由は、「国際レートを幕府が知らなかったこと」、「西欧列強がレートについてアドバイスせず、かつ両替取引の停止を拒否して日本の金を略奪することに専念したこと」、「レート変更はインフレを招き、国内を不安定化させる懸念があったこと」があげられていたと思います。

また、どなたかのコメントにありましたが
>知らしめるべからず、寄らしむべし
この論語の一節は、どうも誤解釈のまま広く流通してしまっているようです。

この誤解は後ろの「べし」を命令の助動詞と誤解したのがもともとの間違いで、正しくは「可能」の助動詞として解釈すべきです。
つまり、孔子の言いたかったのは、「指導者は自分の人徳を磨き、民衆が信頼してついてくるようでなくてはならない。政策や政府の情報を、全て隈なく民衆に教え浸透させるのは、大変難しく不可能に近いからだ」ということであり、これは同時に「信なくば立たず」にもつながっています。

以上、ご参考まで。
投稿者:早雲
布引洋さま、こんばんは。
おひさしぶりです。

>明治政府はそれ以前の江戸時代を未開で野蛮な暗黒の専制社会と描いていますが、これは新政府のプロパガンタ(宣伝またはデマ)で遅れた未開社会が突然近代化する事は絶対に有り得ません。

江戸期の社会は定常化後の社会を考える上でのヒントに満ちています。
一神教の「神」などが必要のない共同体の有りようだけでも、現代的な意味があります。
もちろん、そのまま江戸時代に戻れとは主張しませんが、世界を救えるかも知れない価値を秘めています。


>全てを消し去った天皇制新政府の罪は大きい。

対外的な事情から英国国教会風の天皇制を創生し「近代化」を急いだのでしょうが、他にどの様な選択肢が有ったかを含めて功罪は議論の余地があります。

投稿者:早雲
hontinoさま、こんばんは。
>確かに天皇という制度は弊害が多いと思います。しかし、浪花節的な日本人には結果的に長所もあったのでは。

世俗的な「権力」の上位に取って代わることの出来ない「権威」として天皇が存し、しかも実質的に何の権力も持たないいわば「空」であるということで地域共同体同士が殲滅し合うなどの決定的な抗争に至ることなく日本列島に存続してきました。

>みんなが尊敬している間はそれでもいいではないですか。

そうおもいます。

>天皇制は道具というか、かっていわれた「天皇機関説」が正しいと思います。

これは、天皇ご自身がその様に認識していました。
投稿者:早雲
千代田の杜さま、こんばんは。
ご指摘の通り「天皇制」という言葉は戦前の共産党による用語ですが、今日一般に通用しており、「皇室制度」では意味にずれがあり解りにくいかと思います。
投稿者:布引洋
政権が暴力的に変わると前政権は無能で邪悪な政権と宣伝する。
明治政府はそれ以前の江戸時代を未開で野蛮な暗黒の専制社会と描いていますが、これは新政府のプロパガンタ(宣伝またはデマ)で遅れた未開社会が突然近代化する事は絶対に有り得ません。

幕末前後に来日した欧米人の目には日本は『素朴で絵のように美しい国』『地上で天国に最も近づいている国』と賞賛しています。
シュリーマンやイザベラ・バードの旅行記の記述では当時の清とあまりに評価が違いすぎて、今の日本人を眺めていると昔のこととは言え褒めすぎで身の細る思い。
しかし当時来日した欧米人は自国やアジア、アフリカ諸国と比べてそのように判断し感動を記録した。
しかし明治以降の日本の学者、文化人たちは、この記録をステレオタイプのオリエンタル趣味で侮辱的表現と全てを歴史から抹殺する。
日本に滅んでしまったが偉大な文明が存在した事実を消し去った。
ラフカディオ・ハーンやモラレスだけではなくほぼ全員の欧米の外交官や旅行者たち、ヒュースケン、チェンバレンやウエストン等の記録集で同じ事柄が書き記されています。

全てを消し去った天皇制新政府の罪は大きい。
投稿者:hontino
TBありがとう!貴論旨とても面白かった。次を期待します。だけれど、本当にそうだったのかなぁ?
ロマンがないなぁ〜
確かに天皇という制度は弊害が多いと思います。しかし、浪花節的な日本人には結果的に長所もあったのでは。
失礼を顧ずにいえば、いまは、天皇家というものは天然記念物的存在ともいえます。しかし、みんなが尊敬している間はそれでもいいではないですか。国民を「知らしめるべからず、寄らしむべし」といった時代の名残でしょう。
 今でも国民の象徴天皇といいますが、之は間違っている。天皇制は道具というか、かっていわれた「天皇機関説」が正しいと思います。
これからはもっとドラスチックに考える人が増えるでしょう。次の時代の人達がどのように判断するかわかりませんが……それでいいのでしょう。


http://blog.livedoor.jp/hontino/
投稿者:千代田の杜
「天皇制」という言葉は、「左翼」の用語です。右翼は、「左翼」などと言う用語を決して使いません。
この、「天皇制」という言葉を用いることにより、「左翼」の主張に同調し始めることになる。
この「天皇制」という用語は、コミンテルンの「君主制(monarchy)」の訳で用いたことに始まる。

「左翼」の

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

最近のコメント

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ