晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:早雲
tomogane.nobuoさま、こんばんは。
>21世紀は、アメリカ一辺倒の政策から、脱却するため、核兵器を製造し、独自に中国・朝鮮半島と対峙しなければ、日本は中国の属国となる。

まず、米国保護領からの脱出が難事業です。
全てはその後のことです。
投稿者:tomogane.nobuo
21世紀は、アメリカ一辺倒の政策から、脱却するため、核兵器を製造し、独自に中国・朝鮮半島と対峙しなければ、日本は中国の属国となる。

http://tomogane78
投稿者:早雲
選悵勿朦姿さま、こんばんは。

>要は、国民および政府の意思の問題だけですね。

その通りです。
http://sun.ap.teacup.com/souun/319.html
からのシリーズも参考になると思います。
投稿者:選悵勿朦姿
あのイスラエルは、首都から50キロ圏内で密かに地下核実験を行い、核開発を行ったとか・・・・。
イスラエルに比べてはるかに広い国土を持った日本には、はるかに多くの地下核実験をはじめ、核ミサイル発射施設の候補地があります。
要は、国民および政府の意思の問題だけですね。
投稿者:早雲
None san,

Thanks for comming back.
投稿者:None
It is healthy, I shall come on your site more often, thank.

http://www.google.com/
投稿者:早雲
心配ですさま、こんばんは。
>全国民の命も賭けてやると決心をしなければ、相手の核武装国との対決はできないではありませんか?

その通りだと思います。
投稿者:心配です
日本は核爆弾を作れるとしても、他国への核脅威にもならないし、自国を守ることもできないと思います。
細長な国土に深みがないため、全国民の命も賭けてやると決心をしなければ、相手の核武装国との対決はできないではありませんか?
投稿者:早雲
核抑止力は必要。さま、こんばんは。
「相手国に攻撃を思いとどまらせる」ことが抑止力ですよね。
個人同様に国家も色々ありますからしかるべき手だては必要かも知れません。
現在他国を攻撃出来る、唯一の国家は米国ですが、米国に変な気を起こさせずにまともにつきあうためには、ワシントンに射程を定めたICBMがいるのかもしれません。
投稿者:核抑止力は必要。
早雲様。>どの様な理由で、どの様な形で<とのご質問の趣旨に添えたご返事ではないと思いますが「下手に手を出したら痛い目に遭わせるぞ」が「抑止力」の意味で、通常型潜水艦(但し燃料電池駆動)と固体燃料型ロケットを組合せ、12発装着可能のモノを5隻程度を最低保持すれば良いと思います。核弾頭は3発装備した濃縮ウラン型(人形峠で実用化したUC−Tを使えば濃縮は直ぐ出来る)、ロケット技術は宇宙航空研にあるし、これまで日本で確立済の技術を融合させると技術的には意外と簡単に作れると思います。別に東シナ海をウロウロさせなくてもいい訳で、射程距離も短くて良い。日本海溝の海底深く潜らせておけばよいのです。しんかい8000の技術もあるし。
|6|789

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

最近のコメント

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ