晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:早雲
ぷらさま、有り難うございます。
解決する為に、グローバル化からローカル化へとか「もったいない」の精神とか従来の日本人の生き方がもう一度見直されるのではないかと思っています。
投稿者:早雲
アルバイシンの丘さま、こんばんは
今の、石油本意の工業技術では解決は出来ないかも知れません。大量・遠距離の輸送を考え直す必要が有るようです。
投稿者:ぷら
化学も物理も苦手でしたが「熱力学の法則」、興味深く読ませていただきました。
「たった100年しかない!」と焦る気持ちもありますが、「新たな世界観、価値観の構築と普及」という言葉に希望のような響きを感じます。

http://plasticdoll-peace.cocolog-nifty.com/
エントロピーの話はお説の通りですね.地球はエネルギー的に閉鎖系ではなく太陽エネルギーが無尽蔵に入ってくるのでそれを有効に使うしかないでしょう.(太陽電池という意味ではなく).温度差や高度差を作れば発電できるので,自信はありませんが,その差を作るのに太陽エネルギーを(直接,間接に)使うことが考えられます.確かに質は良くないでしょうが,背に腹は変えられません.人類は技術革新で何とかしようとするのではないでしょうか.あるいは原子力にいくのでしょうか.

http://papillon99.exblog.jp
投稿者:早雲
華氏451度さま、こんばんは
100年程度というのは微妙な時間ですね。
リアリティーが有るような、無いような。
投稿者:早雲
農婦さま、こんばんは、お久しぶりです。
最近農作業が忙しくなってきまして、更新が滞っています。
わかりにくい文章でお手間を掛け申し訳ありません。
最新の科学の成果も、人々が何となく昔から直感していた事と一致するようで面白いです。
投稿者:早雲
なっとくさま、こんばんは
現在のエネルギー消費の大きな部分を物流が占めているようです。
これを手がかりにして、生活の有り様を考えることで地域の存在意義が確認できるのではないかと思っています。
投稿者:農婦
すみません。ピントの外れたコメントで、テーマとは違ったことを述べましたが、私達なにも知識のない者達でも、感じることは同じです。そこのところが、1番本当は、肝腎で、みんな感じて、きずき、わからなければならないことだと思います。
投稿者:華氏451度
TBありがとうございました。あと100年……もう時間はないですね(私はそれだけ生きていないが……)。

http://blog.goo.ne.jp/bebe2001pe
投稿者:農婦
おしばらくです。何回も読んで、ようやくわかりました.東京に3週間いてて、感じたことはほとんど石油に依存した生活であり、確かに便利で快適(?)でしたが、東北のど田舎者にとっては、砂を噛むような、味気ない生活でした。石油はあと200ねんもつと、私の頭では思ってましたが、そんなに先が短いのかと・・・・・・・・・.政治家、学者、官僚
の方々は、どのように想い、なにを考え、て人生を歩まれていらっしゃるのかと、他力本願のわたくしめは、少々腹立たしく、したから睨み揚げることしか出来ません.私のまわりの方々は、みんな寡黙に淡々と働き不安を持ちつつ頑張って生きています。
1|2

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

最近のコメント

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ