晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:名無し
真っ向モグラってブロガー創価工作員ですよね。
なんか執拗にネトウヨの連中にからんだり統一系教会について言及しないとか喚いてたけど、普通の保守ブログで散々創価も統一も取り上げてたけど、なんかしつこく統一にふれず創価ばかりをフジ子フジ子カキコしてるからバレてるけど。
投稿者:朝顔花火
新聞のあほな見出し
><PC遠隔操作>「虚偽自白」なぜ 「誘導?その場逃れ?」 毎日新聞 10月20日(土)

 逮捕されている、刑務所と同じだろ。ケツの穴つっこまれてもはんこうできない。
毎日強姦されているのとかわならい。そのうえ仕事はクビになる。どうせたいした犯罪じゃないならウソついても終わらせたほうが利口だ。

 これは被害者にも言える。終わらせたほうが損害は小さくなる。どうせ、死者は生き返らない。受けた痛みは繰り返さない。復讐を誓うほうが損害は大きくなる。

 新聞は書いてナンボの煽り家だから、断固無罪主張して、復讐に千倍の損害をつぎ込む。そんなストーリーが欲しいのだろう。

 賢明だと思うよ。いい所でうそついて、汚名を着ても、早く終わらせる人生にしあわせあれ。
投稿者:朝顔花火
証拠ビデオも出さない東電が、菅直人総理大臣を非難する。

 それを、サンケイが >書く
>菅氏は国民に謝罪せよ 過剰介入で状況悪化

 そんなこと言うなら、対策、やり取りを映した、TV会議をはやく公開しろ。

 このまま東電が管理するといって消してしまう。  ……危惧されてる。

 なすりつけるのが一番か? 東電と自民党

投稿者:チョコパン
確かに、300人委員会の進めるワンワールド国家・・・別名{人類牧場化}計画の一環として、キリスト教の弾圧があります。
投稿者:忍
間違い。神の言葉を否定して喜ぶのは悪魔しかいない。明らかにユダヤ教から来ている内容で、サタン・ダビデの内容である。
 そして、ユダヤ教のタルモードから来ている内容である。そして、コールマン博士はインサイダではない。明らかに基督教の良心的な人で。大英博物館で見つけた内容であると。そして、日本の場合は、明らかに阿片戦争を引き受けた内容であると。

 フェニキアがそうであるというのが、明らかに間違い。前聖母マリアと「イシス」とのか関係も話があったが、イシス、オシリスは基本的に神側の人だ。サタンダビデの内容、そして異星人の存在を否定する方向に、明らかに陰謀を加担しているのである。
 だから、あなたの場合はフリーメーソンが近づくでしょう。
投稿者:無血革命
Web Botの犯行予告 2008年12月11日の米国西海岸大地震、翌日12日の東海岸の地震   2009年アメリカ崩壊と駐留米軍の解体
イスラエルにアメリカ軍を吸収させる計略としか考えられない。
逆に言えば2009年冬までは中東から米軍を撤退させない宣言だね。アメリカは2009年に内戦状態に陥る。(もちろん、オカルトです。)

ですが、Web Botの米国地震予告が実行されたら、敵がアメリカを捨てる意思を確認できるでしょう。もし、ロックがアメリカの独立したボスであれば、このような犯行予告は防げるでしょう。しかし、単なる支部長で飾りであるならば、親玉の意向には従うしかないのが理解できるかと思います。また、ロックがそうであるならば、同格に見えるロスも支部長では無いかと思うのですが、明日、地震があるかないかでアメリカの今後がWeb Botの犯行予告通り進むのかどうか、確認できる事でしょう。

但し、皆さんが敵の真の目的を知っていながら、それを実行不可能と思い込んでいるのではないかと、私は心配しています。
敵の科学文明は無知族よりも50年は先を進んでいる。画期的な発明は敵の紙幣と暗殺力に買われて非公開技術とされているからだ。ヒトラーの第3帝国の発明品を改良しているだけなのに気づかないのですか?
敵は悪霊の預言書にある指令どおり、現代に過去の大絶滅の原因である
海洋無酸素事変を再現すべく、地球温暖化を無知族の協力の元、(2008年)極地の氷が消失間際まで進行させました。

問題は海洋無酸素事変を敵が再現させた事を、西欧人に気づかせられるか?なのです。
最悪、人類の種の存続の希望とか言って、公開用の支部長の地下城の冷凍庫を使って、各民族の遺伝子を保存します。と、騙される危険がある。
真のボスの地下城の存在を隠し通せれば、不要なゴイの遺伝子はゴミ箱です。
ただし、敵のボスの地下城にある非公開技術(常温核発電など)を入手できないと結局、生き残れないだろうから、悪魔だけを破壊して下さい。
永世中立国に敵のボスがいるはず。

私はこれを、漫画にして、P2Pでオタク西欧人に拡散させようと考えています。
それと日本人を救うために、自分達の国会議員を共同購入して公正証書で縛って飼う運動を広めようと努力しています。でも、だれも協力してくれなくて悲しいです。
http://muketukakumei.blogspot.com/




http://muketukakumei.blogspot.com/
投稿者:早雲
陰謀論については。
「このような意味では、国際金融家が
支配しているというより、自由主義・民主主義・知性崇拝意識など抽象的理念が人々を支配しているとも言えるかもしれません。
結論を言えば、「300人委員会」や国際金融家をことさら取り上げる必要はなく、近代の経済システムや価値観を否定し、新しい経済システムや価値観を多数派のものにすればいいと思っています。」
につきます。

>今のままの経済システム・価値観ではなぜいけないのですか?

世界は「定常状態」に達しつつあり、このままでは続けられない所にきています。

「定常状態」あるいは「歴史段階的動態均衡」という経済状況(
http://sun.ap.teacup.com/souun/342.html
を参照ください。
投稿者:懐疑主義者
こんにちは。早雲さん。懐疑主義者と言います。
陰謀論。これは、結論から言うと「単なる妄言」と捉えるのが宜しいかと。
陰謀論者は挙証責任を果たしているとは言えない。噂程度のソースで特定の団体・個人を中傷するのが目的だから、こちらは華麗にスルーするのが正しい。
それに乗っかって動くのは、彼らの目的に従う事になるから、お止めになった方が良いです。「政府貨幣」と言いますが、国の貨幣を個人的組織が勝手に発行しているとでも言うのでしょうか?そんなことをしていたら、貨幣が何の意味も無くなる。政府が何らかの形で関るからこそ安心して私達は金を使える。
対外的決済にも使える。
ここのエントリーの話を読んでいると、早雲さんが新しい形の陰謀論にはまっている様に見える。今のままの経済システム・価値観ではなぜいけないのですか?私はこのままで良いと思います。
  では、これにて。
投稿者:早雲
tatsujinさま、こんばんは。

近代以前は政府が貨幣発行主体でした。
リンカーンも政府貨幣で南北戦争を勝利しました。
アンチ・ロスチャイルドの目的は貨幣発行権を金融家の手から人々の手に取り戻すことでもあります。

米国は対外デフォルトをせざるを得ないところまで来ています。
社会主義的政策に名を借りて政府紙幣を発行することで実行するのではないかと思っています。

その際貿易決済に使えなくなるドルに替わり新国際通貨を導入するでしょう。

米国が政府紙幣に踏み切ったときが、はっきりと「彼ら」が米国を使い捨てて寄生先を変えた時です。


投稿者:tatsujin
早雲さま
政府紙幣の話は,私のような経済音痴には理解できません(笑)。確かケネディもExectutive Order 11110FRBから通貨発行権を政府に戻す政策で暗殺されたと理解しています。あの植草先生も政府紙幣のこと言っていましたね。
しかし,現在イスラエルの要人が続々逃げ出している現状を考えると何かか確実に起こりそうです。
http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/654.html

それと,私は管理人ではありませんが,農婦さま,一応記事は書きましたが自分でもよく分かって書いたわけじゃあないのです(爆)悪い癖だと思います。頑張ります。


http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin
1|23

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ