晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:き
「グローバリズムに乗っかったトヨタの末路」は相当厳しいものがありますね。英国のEU離脱があったが英はグローバリズムの中枢国だと思われるが、どういう目論見であるのか、離脱運動の中心に居たボリスジョンソンが、現政権の外相担当者というので、どういう考えでいるのか、それと今回の選挙の敗北について離脱に賛成した国民は、どう考えているのか読みと取らなければならない。
投稿者:き
トヨタの所為で東北北海道は滅びるのです。デトロイトの復活ではなくて、其処の賃銀金労働者を安く使うことで地域に貢献するなんて、関の山でしょう。形を変えた帝国主義的侵略であって、そのような遣り方は、いずれ行き詰ることが目に見えている。トヨタのトップが、然るべき為政者の如くに東北北海道の窮地を少しでも考えているだろうか。否である。東北北海道が原発事故により世界が認める負の食料品供給地に成り下がり、挙句は其れに対してまともな対策を採らない政権選択をした、国民は遺伝子組換と、更に世界の薬剤の在庫整理のために世界の薬剤生産の4割を消費することを強いられ、其れを受け入れることによって、トヨタの侵略の穴埋めをさせられているようなものである。
投稿者:ごまお
裾野の広い自動車産業が潰れれば、日本経済は完全に終焉します。日本市場よりもアメリカ市場のほうが大きいのであれば、そちらに注力するのが当然です。日本のために行動していは企業経営なんてできません。そして、今後は中国市場に力をいれるでしょう。
トヨタはじめ、日本企業にとって中国は巨大市場です。中国で反日活動のきっかけとなるような石原慎太郎はじめ右翼政治家の発言を諌める記事を書くほうがよっぽど日本のためです。トヨタは一歩戦略をあやまればデトロイトの二の舞です。よくやっていると思います。

http://ameblo.jp/g0mao/
投稿者:北斗七星
東京サラリーマン様

確かに、世界中で人心は荒廃しているように感じます。力ある強者の人心が荒廃していなければ、帝国主義が興隆することはなかったでしょう。
帝国主義の歴史は長く、現在も続いています。

教育を支配しているのは誰でしょうか?
いわゆる、宗教的権威、思想・哲学的権威が支配している訳です。
しかし、その権威者が実のところ、ペテン師であり、彼らの心が名誉欲、財欲によって荒廃しているからこそ、その学説を無批判に信奉している社会的上層部の人心も荒廃し、世界中の人心が荒廃してゆくのでしょう。
しかも、荒廃していることに気付いていない。

強者が強権を以って正義を振りかざす時、正義と正義がぶつかり合う。
力は正義なり!
力(暴力)は正義なのか?正義こそが力なのか?
暴力は強く、正義は弱いゆえに暴力が勝つ野蛮。

恐らくこの世界は遠からず「リセット」されると思います。それは既に始まっています。

残念ながら、日本もハードランディング。
少なくとも、被災してしまった人々にはハードでしょう。明日は我が身。

>日本とは何なのか?
を考えるより、
自由とは何なのか?を考えています。
その一端を言わせてもらえば、
過剰な欲望を解放するのではなくて、
過剰な欲望から解放されることです。
投稿者:東京サラリーマン
日本人であるのに日本人であることを忘れて、日本の悪口を言う人が多くなった。

これも全て教育のせいであるところが大部分である。

都会ではすでに電車の中でも老婆に席をゆずるものさえいないほど人心は荒廃している。

そんな中でどうしてもうけた金をいがみある日本に還元しようという考えがわくだろうか?

それはトヨタのエリート上層部も同じだろう。

僕たちはもういちど日本とは何なのか、日本人とは何なのかを考えて、みんなが愛する日本を取り戻さなばならいと思うのは僕だけでしょうか?
投稿者:再興
トヨタの旧経営陣が追い出されました
そろそろ新経営陣のやり方も数字も出て来る頃ですが
現在のトヨタに付いてはいかがお考えでしょうか?
投稿者:早雲
ドイツタロウさま、こんばんは。

>ドイツにいたからこそ起業ができたと思っております。

ドイツタロウさまのお力だからこそと思いますが、日本では困難なことも確かです。

>トヨタに対する考え方には賛同します。トヨタは本年度中に達成するであろう、製造販売世界一を花道に、方針転換をするべきと思います。日本の資金と技術を利用してアメリカを中心に世界に製造拠点を広げ、企業として成功を収めたトヨタが今度は母国に恩返しをするときと思います。

同意です。そうなることは無いでしょうが。
投稿者:ドイツタロウ
続きです。

トヨタは本年度中に達成するであろう、製造販売世界一を花道に、方針転換をするべきと思います。日本の資金と技術を利用してアメリカを中心に世界に製造拠点を広げ、企業として成功を収めたトヨタが今度は母国に恩返しをするときと思います。

ドイツタロウ

http://www.doitsu-tarou.com
投稿者:ドイツタロウ
TBありがとうございます。最近になってドイツにいたからこそ起業ができたと思っております。というのはドイツには中企業やベンチャー支援の法律や専門の弁護士、会計士、司法書士が数多くいて、それも安いコストで助けてくれるからです。彼らとは本当の心を通わせて仕事ができております。

実際現在大企業が行っている商売で、本来ならば中小企業やベンチャーでも十分にできるものはたくさんあります。ベンチャーでできるはずの事業をあえて、大企業にフォローさせるような仕組みをとっております。これも戦後復興経済体制の名残と思います。

トヨタに対する考え方には賛同します。今年は何も言わずに政界一の名誉をてにするこ

http://www.doitsu-tarou.com

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ