晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:himaari
こんにちわ。
ネットサーフィンで訪問しました。
始めに臓器移植最善論というレールを創り上げて、後はそれに従って運行する様ですね。
最初に間違いがあっても後はもうそのレールだけしか走らない、走れない。
気がついたら先に鉄壁が待ちかまえていたというのを発見。
列車は止まらないのですから、それに乗らないのが一番というわけです。
しかし、乗せる側はうまい宣伝広告をしますから、おそらくそれにのせられる人は多いと思います。


臓器移植に限らず、西洋医学(現代医学)の根本が誤りだったという事が少しづつ解って来るのが21世紀だと思います。
20世紀中にその事が世界の1000人の医師達から証言済みですから、これからその証言が事実かどうか検証できるという時なのでしょうね。
臓器移植が最善の選択であるという前提神話を創った理由は簡単です。
それが利益(医学産業側)になるからです。もちろん、多くの医師はそれを信じているでしょうし、一般患者さんはそれを鵜呑みにしているだけのことでしょう。
そのひと個人が一度に両方を体験できないので、比較のしようがないというのが一番の好都合なのでしょうか。
金融問題とか政治問題などは表に出やすいのですが、この医学問題はなかなか表に出ない最後の世紀を超えた大問題だと思います。
911事件で大仕掛けな嘘、詐欺が暴露されて来たように、何かのきっかけで現代医学の虚構が暴露されると信じて、いつまでも待っています(笑い)

http://homepage3.nifty.com/himaari/b.htm
投稿者:Chee
そういえば、アメリカで自動車免許とるときに、もうその免許発行の用紙記入のところで、ドナーになるかどうかチェック項目があるんですよ。
私はノーにしました。
助けたい気持ちがあっても、アメリカじゃあねえ。。。なんか商売道具にしかならなそうで。。。
投稿者:無党派A
勝手ですが、貴ブログの「日本はなぜ負債大国になったか」の一部を私のブログに引用させて頂きました。
有り難うございます。
TBもさせて頂きましたので、よろしかったらご意見を頂ければ幸いです。

http://blog.goo.ne.jp/mutouha80s
投稿者:Orwell
マイケルムーアのシッコの世界です。金儲けで人間の命を市場化したことです。アメリカの生命保険会社が、金融危機に陥りましたが、天罰が下ったようにも思います。市場原理主義がようやく終わろうとしています。そうした新自由主義に追随した日本の政治経済も変えていかなければ、あるいは、元に戻していく必要があります。

http://tokyonotes.cocolog-nifty.com
投稿者:くまがわ直貴
 政治ブログ『熊川ビジョン』管理人のくまがわ直貴です。
 今回、当ブログでは70年振りに管理人の地元・福岡県から選出された麻生太郎内閣総理大臣就任を記念して、
 「麻生首相に直接物申す!!」なる特別企画を実施致します。
 与野党どちらの支持者の方でも、無党派層の方でも結構ですので、新首相・麻生太郎自民党総裁への提言や意見、直訴などをお寄せ下さい。(記名・匿名・ペンネーム問いません)
 頂いたご意見は、管理人が直接、福岡8区の麻生太郎事務所(福岡県飯塚市)まで持参致します。
 近況は随時ご報告致しますので、忌憚なきご意見お待ちしております。
 (なお、この書き込みが不適当であると判断なさった管理人様はお手数ですが削除お願い申し上げます)

 http://blue.ap.teacup.com/kumagawanaotaka/
 


http://blue.ap.teacup.com/kumagawanaotaka/
投稿者:!
某掲示板の「大量殺人行政」というのはどういう意図があるのでしょうか?
投稿者:×第二迷信
こんにちは。

前々から「日本ではできない臓器移植手術をするために渡米する○○ちゃん」を支援する会、
というのはよくあるんですが、

 現場でどういうシステムになってるのか判らずに、単に「アメリカは自由だ」という言い方だけ一人歩きするのは問題だと思ってます。

http://plaza.rakuten.co.jp/akatamago/

http://plaza.rakuten.co.jp/akatamago/
投稿者:Kaziti
大変興味深く読ませていただきました。
医師でさえ脳死は人の死か否かを明確に判断できないのに、患者やその家族に脳死=死か否かを判断させることは困難きわまりないことでしょう。
私は脳死は人の死ではないと考えます。脳は重要な臓器ではあるが、「人間(の本質)」そのものではないと考えるからです。
移植を待つ患者にとって臓器移植は最後の命綱であることは確かです。しかし、脳死と判断された患者を物体として扱い、人権を剥奪していいはずはありません。
人間には、最後の最後まで生きる権利があります。他人の「脳死」を心から待ち続けることは、患者には残酷な言い方かもしれませんが、本来人間のとるべき行動ではないと考えます。
本人の細胞から臓器を作り出す技術の確立を私は待ちわびています。「脳死利権」の抵抗があることが予想されはしますが。

ニフティのお陰で「愛を知らなければ」を閉じましたが、新しく始めました。またよろしくお願い申し上げます。


http://nifty-leaked-id.cocolog-nifty.com/blog/
投稿者:KEN
話が飛んでしまって申し訳ありませんが、脳ドックを受けようか迷っているのですが、MRIは人体に影響がないように表現されているのですが、本当なのでしょうか?つい疑ってしまいます。どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら教えていただけないでしょうか?
投稿者:とらです
こんばんわ 

お元気そうでなによりです^o^ そろそろ一番忙しい季節かと思いますが、身体には気を付けてください。
m(__)m たまには遊びにきてください。

'_'; 迷惑にならない様にと思ってますので、失礼します。

こんど暇になりましたら・・よろしくお願いします。ビスタです。

http://pokelog.jp/a.php?rs=124949895779
1|2

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

最近のコメント

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ