晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:とめ
核爆弾が持ちにくいなら、とりあえず核爆弾の模型を作ると良いでしょう。
何から何まで本物とそっくりに作って、後は核物質を入れるだけで完成という、完成の一歩手前で止めておくのです。
こうすれば、通常爆弾ですから全く問題はありません。
機関銃にしても、銃身の中身が詰まったものならモデルガンですよね。いざとなったら本物の銃身と入れ替えれば良いわけです。

そもそも核三原則は、佐藤内閣の出した政令であって、法律でもなんでもないですから佐藤内閣の存続している間だけ有効だったわけですし、その後の内閣が引き継がなければ良いだけだと思います。
本当は核兵器などの両刃の剣は持ちたく有りませんが、日本の安全のためには、そうも言っていられない事態になっていると思います。
投稿者:農婦
今日は。この一週間毎日、核の報道をBSテレビでしていました。イスラエル、パキスタン、イランにも核爆弾がすでに製造されて、保有されていたのですね。核拡散に関わった科学者は、すでに核を保持している国をけん制するために、闇市場で核拡散を行ったと言ってますが、なにをどのように、解釈したらよいものやらわかりません.拘束されていた科学者が、昨日保釈されるなどこのタイミングは、やはり政治的絡みですよね。米国に縛られないで、何とか生きられる方法は無いものでしょうか。日本の古き良き時代に生まれ育った日本国民の多くの知恵と力に希望を持ち、暮らしている日々です。

http://satou51@khaki.plala.or.jp
投稿者:左近尉
>米軍の指揮下にある自衛隊

とは、比喩として、認識致したいと思います。日本国は、独立国で、三権の長は日本国の法の下、それぞれの権限を付与されているはずです。

ルモンド紙は、日本は、潜在的な、核保有国と認定しています。
戦争は、ある日突然降って湧いたように、起こるものではないでしょう。イラク戦争にしても、永い間の準備期間がありました。
もし、日本に対して、核攻撃があったとしても、其れには、段階があるはずです。
北朝鮮による拉致に、日本人が一体になって、意思を表明したように、核攻撃が予見されれば、日本国は、其れを断固、撃破すべく、反応するでしょう。
早雲師の仰る如く、日本国の社倉の奥には、ひそませてあるものがあるのは、……。

重要なことは、現在の戦争に対する、認識の再確認です。
たしかに、広島、長崎、東京など 等では、大虐殺が、愚かしくも、敢行されました。
ユダヤは、罪の大きさに恐れ戦き、『ホロコースト』の神話で、己の耳目をふさぎました。
支那の権力簒奪者も、南京大虐殺を捏造して、むなしい自己正当性の盾とせんとしています。日本国は、恩讐を踏み越え、喜捨の修行に勤しむばかりです。

日本国は、その保有を明言してはなりません。核を廃絶するのは、日本の使命です。
投稿者:ひかり
今まで非核三原則を理想と思ってきました、最近のマスコミ反日偏向報道の異常に日本亡国の危機を感じます。この盆休みに多くの本や図書館、ネットでよく調べ学びました。現在、中国核ミサイルが日本を射程にして何百機?も装備されていること。驚きます。中国の属国にされた宗教心高いチベットは、今、核の製造工場にされ核ミサイルが配備されているとの惨状。(私は素人で現地を視察した訳ではありませんが、以前にも少しは中国軍事大国をTVで幾度か見ましたが、多くの日本のマスコミ報道が中国の核ミサイルの現実を隠しているようです)、こうした極端な偏向報道は自由民主主義国家には大変危険です。日本国民がこの危機管理と愛国心に早く目覚め判断して欲しい。極左が日本人の中にに永く潜入し、日本社会を自虐に落とし、誇りをもてないよう混乱を煽っているようです。
 日本も早急に核ミサイルを装備しないと、何時か中国共産党の属国にされそうです。
オリンピックが終ってからでしょうか。(チベットの中国オリンピック反対の旗揚げがあったそうです)
 今まで非核三原則を願ってきましたが、中国、韓国は反日教育、運動を先導し、これでは国際間の友好や平和が育たない筈です。
どの国も相手国に対して感謝や反省の無い国はありません。戦後日本は62年間も中国・韓国に経済、技術、文化面でもどれ程援助してきたか、それを甘く見られ、何の感謝も無いばかりか尚反日教育をしている。時効もあります。個人的には良い方なのでしょうが、かの文化大革命でをしてきた共産党です。
 兎も角、日本は非核三原則にとらわれず、早急に核開発、核武装が必要と思います。
マスコミが「中国の核ミサイルが日本標的にしている」ことを協定によりてか新聞で報道出来ない。これも大変危険です。
投稿者:とし
>前の戦争のとき〜
のあなたの認識は間違ってます。
日本がドイツと同盟を結んだのはソ連共産主義に対抗するためで、当時は中国を支援していたアメリカとは当然ながら仲良くなどないです。
また、ドイツと同盟を結ばざる得なくなった前段階でアメリカの圧力によりイギリスに同盟を破棄された事もあります。
投稿者:早雲
冥王星さま、

>そもそも議論しない自由はあるわけだ。もちろん議論しようとする自由を保障した上での話だ。

私は「自由」などには大した価値を認めておりません。
ましてや、現実に目をつぶる「自由」など、何をか況やです。

>て国民のコンセンサスとしてヒステリックな状態であることは

なぜ、その様な状態なのかを考えてみてください。ミスリードしてきた人々(主に左翼の)が居ませんでしたか?
現実は目をつぶっていても好転することはありませんよ。

>理屈としては、たたきに正当性はないにしても怜悧な政治学的な視野では掣肘することが可能なのだが・・理解してもらえるかな?(無理かな?)

なにをおっしゃりたいのか私には理解できません。あしからず。
投稿者:冥王星
大筋で同意だけど、そもそも議論しない自由はあるわけだ。もちろん議論しようとする自由を保障した上での話だ。
当然、法理において議論の自由がある国会で論議する必要性があるが、核保有議論において国民のコンセンサスとしてヒステリックな状態であることは冷静な議論ができないという意味で掣肘され指摘されるべき問題のはず。
むしろのその集団ヒステリックな状態につけいるような政治家の発言だからこそたたかれたわけだ。魔女狩りや十字軍のように行け行けドンドンなタイミングで議論することの危険性は当然視座にあって意見するも問題ないし、冷静にいえば、ヒステリック状態での政治判断にどれだけ客観性があるのか?という問題でも、メディアの論調は擁護できないにしても、感受されるべきだろう。
それとも、ヒステリックな状態でもないというならば、自分の記事を核についての論説に当然矛盾することになるだろうけどね。
理屈としては、たたきに正当性はないにしても怜悧な政治学的な視野では掣肘することが可能なのだが・・理解してもらえるかな?(無理かな?)
ちなみに、使える核兵器、使えない核兵器論では、ケネディの相互認証破壊論を持ち出すのが一番無難かつ適当だと思う。


http://self0507.blog52.fc2.com/
投稿者:早雲
みのやんさま、こんばんは。
>自家製が出来ていないなら米国製を購入配備していると思っています。 

これはあり得る(購入配備まではしていなくても、購入の密約まで)かもしれないと思います。
投稿者:みのやん
早雲さま、こんばんは。
お返事有り難く拝見させて戴きました。
核配備は高度の軍事機密なので防衛庁と総理経験者の一部の数名の知見事項と思われる。
日本の中枢は巷で言われているほど馬鹿では無いと思う。 反日周辺国や売国さんが煩いので非核三原則を仮の国是としているだけと思います。 実験は金さえ出せばアメリカの地下実験場で可能な筈です。 未だ自家製が出来ていないなら米国製を購入配備していると思っています。  
投稿者:早雲
みのやんさま、こんばんは。
はじめまして。
>核配備という軍事機密は議論する事でなく、既に配備されている筈です。

米軍基地には、現在は不明ですが、嘗て配備されていました。多分今もでしょう。
しかしこれは米国の指揮管理下であり、日本の有事に使用される可能性は、米国の政治体制からしてほとんどありません。

>やはり自前の核武装は必要でしょう。 軍事機密として核開発、配備しておけばよいのです。 多分出来ていると思いますよ。

潜在的製造能力は維持していると思いますが、現実に製造するにはいくつかのハードルがあります。
現在できていると言うことは有りません。
1|2

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ