【鴨川推手の集い】次回開催は、2016年10月16日です

2014/1/22

推手って…  案内人日記

なんと、久々に続けての投稿です(^口^)

推手に出会ったころは、ただただ力任せで、ヘトヘトになりながらやってました。(過去にも書いたことありますが…)そのヘトヘト感がたまらなく楽しくて、練習の度いつも魅了されていたのを思い出します。

このごろはそんな力も使わなくなり、何十分やった後もそんなに疲れる事もなく、これは喜ばしいことやん!と思っていたのですが、はたしてそうなのか、疑問です。
通ってる教室で推手をやります。基本的な事からやり直すって感じでやってます。で、まぁ何分も腕を上げていると、それなりに肩はだるく痛く、あぁもうあかん(><)って感じになるんですが、あとそんなに疲れてない自分がいたりして。なんと自分は成長したことか!
でも、なんだか、一方で「違うよ、それ」って声が聞こえます。
「ただ緩慢にやってるだけなんじゃない?」「要領だけ覚えてんじゃない?」と、なぜか聞こえてきます。

ホントのホントのホントは、一体どうなんでしょう。力って何なんでしょう?
そのことは、いつまでたっても「?」のまま。推手との出会いのあの頃はそんな難しいこと考えず、ただ楽しかったなぁ。

0
タグ: 推手 太極拳 京都



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ