♪♪♪ ♪♪♪

2016/11/10  21:07

永遠を生きる  くらし


年賀状を買った。
11月9日。
郵便屋さんが届けてくれた。

例年、年賀状はくれた人にだけ返信するという出し方をしている。
だから、官製のお年玉付き年賀状は年明けに買うものだった。
郵便局の窓口で、初めて年賀状の種類を見るが、大抵、インクジェットプリンタ用しか残ってない。

先月、宅配をゆうパックで受け取った際、お届けしてくれた配達員さんが、年賀状の宣伝チラシをくれた。
よかったら配達もします、という。
見たら、いろいろな種類の中で、可愛い柄のお年玉&寄付金付きがあった。
今なら。今ならこれが手に入る。
と思ったら、つい、申し込んでしまった。今年何枚年賀状が来るかわからないのに。
ということで、ちょっと少なめに頼んだ。足りなければ年明けにインクジェット用を買えばいいわよね。

ということで、郵便屋さんが届けてくれた更の年賀状。
 もう、喪中にはなれない。

思った時、
ああ、今は、永遠なんだ

思った。
実際には、命の終わりはある。
でも、ここが終わりとわかって生きてるわけではない。
終わりがわからないということは、とりあえず、想定上は永遠になる。

そういうことなんだ。

思った。
頭では終わりがあることはわかっているが、
現実には、ゴールがわかってて生きてるわけではない。
ということは、ゴールは
 ない
という前提で生きているということになる。
人の意識というものは、生きている間は、永遠と思っているということだ。

年の瀬に、なんか悟ってしまったよ。
0

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ