2009/10/7

2009年9月度携帯・PHS契約者数発表(TCA)  携帯とPHS

今月は勢力図が微妙に変化。1位はソフトバンクの10万8000なのだが、2位にKDDI(au)が浮上。10万2300の純増であった。3位はイー・モバイルの8万8200件で、定位置(笑)を確保したが、ドコモが4位に転落。純増数は6万6000で、4キャリアトータルの契約数から見れば、水をあけられた感じだ。これは、ドコモの2年契約割引サービスが続々と初の満期を迎え、解約が増加したため、とのこと。対するKDDIの躍進は「指定通話定額」が好評なためで、明暗を分けた。

今回、四半期ごとに契約者数を公表する、UQコミュニケーションズが初の発表。9月末現在の会員数は、2万1700であった。これを多いと見るか、少ないと見るかは難しいが、筆者の予想よりは少々多かった(2万切るくらい?)。新規開業キャリアは、やはりエリア拡大が契約者数増加のカギを握る。資本的なバックはしっかりしているので、頑張ってデータ通信勢力第三極(笑)を発展させ、健全な競争を担って貰いたい。

ウィルコムは4万2300の純減でいい所無し。XGPは10月より始まったが、会員数限定サービスなので、契約者数増加の後押しにはならない。何かとネガティブな話題が多いので、払拭するような魅力的端末の発表などがあると良いのだが・・・。

9月の携帯・PHS契約数、auがソフトバンクに迫る
タグ: EMOBILE DoCoMo WILLCOM




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ