2009/10/8

SONYから厚さ13.9mmで10時間駆動のモバイルノートPCが登場  B5サイズ以下モバイルPC

クリックすると元のサイズで表示します

むむっType Pよりいいかも?・・・SONYは超薄型のモバイルノートPC「VAIO X」シリーズを発表した。なお、今シーズンよりSONYののPCは、VAIOの後に「Type」を付けない名称に変わっている。

サイズは278×185×13.9mm。これに11.1インチ1,366×768ドットの液晶を載せ、重さを765gに抑えたにもかかわらず、バッテリ10時間駆動を実現した。薄さ軽さだけではなく、非常に実用性の高いモデルと言える。これでお値段は11万程度というのだから、恐れ入った。筐体も天板にハイブリッドカーボンを採用し、150kgf平面加圧振動テストに合格するなど、剛性も確保されている。

バッテリに関しては、重さがトータルで1095gになるものの、何と20.5時間駆動するXバッテリも用意された。さらに90g軽いSバッテリ(4-5時間駆動)も有り、さまざまなシチュエーションで使い分けることが出来るであろう。但し、SバッテリはVAIOオーナーメードで、デフォルトのバッテリとして選択しなければならず、単体での発売は無い。

うーん、サイズ的な持ち運びやすさ、モノとしての面白さはType Pの方が上だが、液晶サイズやキーボードなど、トータルでの使いやすさはVAIO Xの方が上であろう。次々と興味深い製品を生み出す、最近のSONY。昔の凄さが戻って来たかのようである。これも・・・欲しいなあ(爆)。

ソニー、13.9mm厚の超薄型モバイル「VAIO X」正式発表
タグ: ソニー VAIO X VAIO P




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ