2009/11/11

ウィルコムが遂に新スマートフォンHYBRID W-ZERO3を発表  携帯とPHS

クリックすると元のサイズで表示します

あー惜しいなあ・・・QWERTYキーボードは付いていないのか・・・。ということで、ウィルコムが、かねてから噂されていたWindows Mobile 6.5搭載端末、HYBRID W-ZERO3を発表した。

なぜハイブリッドか?驚いたことに、WILLCOM CORE 3Gと現行PHS両方が使えるのである。音声はPHS、データ通信は3Gという棲み分けだ。あれ?ドコモとの契約は2012年までのはずだが・・・?それ以降は使えなくなる?それとも契約を更新する??

液晶画面は3.5インチのWVGA、テンキーとXcrawlを備え、無線LAN、赤外線、Bluetoothも搭載。通信用スロットは3つあり、それぞれW-SIMと3G→W-CDMAのSIM、海外でのGSM用SIMが挿せるようになっている。W-SIMは新たに開発されたType-G対応の「黒耳」で、対応地域では下り最大400kbpsまで速度が出る。3G回線の方は下り最大7.2Mbps、上り最大5.8Mbpsとなっている。海外での使用の為に、GSM通信機能を搭載したW-SIMも用意された。

こうなってくると、気になるのは料金体系。単純にType-G+WILLCOM CORE 3Gというわけにはいかない。発売までには新しい専用?料金プランが提示されるとのこと。

使ってみたい端末ではあるが、筆者の好みとしてはQWERTYキーボードの無い点が残念。まあ、テンキー入力に絞ったおかげで、コンパクトになったのだが。・・・真のW-ZERO3の後継機種は、もう登場しないのであろうか?

PHS/W-CDMA対応でWindows Mobile 6.5搭載「HYBRID W-ZERO3」





※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ