2018/5/4

【奏法講座】ヴィブラフォン、マリンバ、今さら聞けないコードの秘密/一事が万事  金曜:vibraphoneやmarimbaの為のジャズクリニック

毎週金曜日はVibraphoneやMarimbaをやっている人向けのお話を書いていますが金曜第五百十五回目の今日は『【奏法講座】ヴィブラフォン、マリンバ、今さら聞けないコードの秘密/一事が万事』と言うお話しなので他の楽器の人もどうぞ!

先週の『【奏法講座】ヴィブラフォン、マリンバ、今さら聞けないコードの秘密/改めて今、音色の話し-2』と言うお話しの続きです。途中からの人はこちらから→http://sun.ap.teacup.com/vibstation/3314.html

ココまでの金曜クリニックをご覧になりたい人は左のカテゴリー(またはこの記事のタイトル右側にある)「金曜:vibraphoneやmarimbaの為のジャズクリニック」をクリック。この記事に続いて過去の記事全てを見る事が出来ます。チェキラ!

クリックすると元のサイズで表示します
photo by Noriko Wakabayashi



音楽を勉強している、例えば、クラシックの勉強をしている人にジャズのテクニックや即興演奏の知識を教えるのと、ジャズの勉強をしている人にクラシックのテクニックや表現方法を教えるのとでは、どちらが面白い音楽を生み出す可能性が強いでしょうか。

もちろん人にもよりますが、これまでに自分が教えて来た経験からすると、これは前者と言えるでしょう。勿論楽器による差はあるかもしれませんが。
それには共通する理由があるようで、クラシックの勉強はまず楽器をちゃんと演奏出来る状態にするところから始まります。ある程度の歴史がある楽器は古典的な代表曲から始まり、ロマン派、フランス近代、現代音楽へと進むにつれ自分が主とする音楽を絞って行きます。ここでは古典派の音の出し方、ロマン派の音の出し方、フランス近代の音の出し方、現代音楽の音の出し方、と言った具合に、その時代(もしくはその音楽が描かれた背景)の音という勉強を一通り済ませて行きます。クラシックだから子供の頃からクラシック漬けで育った人ばかりかと言えばそうでもなく、ロックやポップスを通じて音楽に触れて楽器に手を出すうちにクラシックと出会った人はかなりいます。また、中学時代に吹奏楽部で楽器に触れて自然とそのまま進む、とか。

ともあれ、いろんな入口から入って来て、最初の喚問がクラシックを専門に学ぶ学校へと入るところから始まります。そこで取り組むのは楽器の演奏技術の向上。それまでに触れたイントロダクションから一段階も二段階もハードルを上げなければ振るい落とされる世界。楽器というものを周りの一般とは比べ物にならないほど若いうちに触って過ごすわけです。

一方、ジャズの勉強はこの十数年で大きく変わりつつあります。スタートがクラシックと同じだとして、以前は何処にも教育機関が無く、自分で実践の場に飛び込んで吸収するのが普通でした。飛び込んだ場所を間違うと、後々まで響く人間社会で、それはまるで「運試し」のような世界。多数が憶測する事がまかり通る個人主義のジャズとは正反対の社会。僕らの時代になって唯一留学という風穴的な選択肢が加わったくらいで、国内に於いては専門教室以外に学ぶ場がありませんでした。後は大学のジャズ研でしょうか。それがこの15年くらいで各地の大学にジャズを学べる場所が生まれ、もう以前の「運試し」のような世界からは完全に脱却したように見えました。

では、その人達にクラシックを教えると面白い反応が返ってくるのではないか、と密かに期待をしてみたのですが、どうやらジャズだけで大学まで入ってしまうと、意外と観念的に物事を捉える性質が身に付く(実はそれがジャズの特徴でもあるのだけど)ようで、無理・無駄を最初から避けて通ろうとする傾向が強まり、最初からクラシックは蚊帳の外的な位置に置かれてしまうようなのです。夢が無いですね。

音大に通う学生から聞こえてくる話しの中には、ジャズの講師の「俺様」的過ぎる発言に呆れる、というシーンもあるようで、世の中がどうなろうと俺様社会なんだそうです。まぁ、昔からジャズの世界ではそういう発言が飛び交っていましたから、僕らは、「ああ、また始まったよ」的に聞き流すのですが、純真な学生は真に受けてしまうのでしょうね。もちろん素晴らしい講師もたくさんいますが。

そういう発言はどこから生まれるのでしょうね。僕は一度も経験がないので詳しくはわかりませんが、どうやらそれは「有無を言わさずにココに並べてから物事を伝える」方式で、多分にサークル系出身の人にありがちか。まずは何が何でも規則の“き”、からでしょうか。

さて、ジャズは楽器を使ってその時代の音や空気と敏感に反応しながら奏でて行くもの、という大前提を持っている人なら、入口はクラシックでもジャズでも良いと思います。どちらの音楽にも良い部分と悪い部分がその教育環境の中には同居している事でしょう。
最初はわけもわからず、必死で食らいついて行くあまりに、無理・無駄をたくさん経験する羽目になった人もいるでしょう。でも、それらは経験しないよりは実体験として自分の中の小さな世界に保存しておけば良いのです。間違って自分の中の大きな世界に保存しないように(笑)。

観念的な社会にはタブーもたくさんあります。「これはこうあってしかるべし」「これは最初からそういうものだ」的な。

楽器を演奏する、という事はその楽器の歴史の中に踏み込む事を意味します。どれだけの時間、どれだけの人が、その楽器に対して様々な思いを寄せた事か。

でも、周りを見渡すと、例えば僕は学生時代にオーケストラでティンパニーを叩く時にドイツ式とフランス式の叩き方があまりにも違う事から始まり、スネアドラムのグリップで左手を返すトラディショナルと両手をそのままにするやり方の意味、シロフォンの手首だけを使って演奏する演奏法の効果、バスドラムの左手のミュートのタイミングと位置、トライアングルの何処を叩けば良い音がして何処を叩くと細かい音符でも揺れないとか、打楽器全般だけでも高校から大学のオーケストラという授業に関わらなければ体験出来なかったことがたくさんあり、それらは自分のヴィブラフォンという世界とは一見無関係のような部分に見えて、実は「音」「音色」「音楽」という部分ではそこにいなければ体験も経験も無い貴重なものになりました。もちろん音大のレベルから言えば僕の通った学校など大した事はないかもしれないけれど、それらの体験の先には「ああ、なるほど。こうやって音を出す事で磨き上げられる世界へと繋がるんだ」という予測は観念ではなく手にする事が出来た。

要は自分の目的がどこにあるのか、であって「目の前の仕事」ではないという事。
そう思えば、無理・無駄は自分の人生でエラーにはならない。もっとも、無理はそう長い時間続けるものではない事くらいは自分で判断出来なければダメだけど。

まずは楽器の音色の勉強をしろ!
その為には自分にとって一番「楽」にいい音が出せる技術を身につけろ。
どんな音楽にも通用する音色を持てば、そこから誰も知らない自分のフィールドが生まれる。

ジャズの思考があまりにも観念的過ぎると自由でなくなりつまらないものになる。
クラシックの「音色」に対する裾野の広さをジャズの世界に持ち込めば、今まで誰も知らなかった事が生まれる可能性がある。逆にジャズを勉強する時にクラシックの勉強も取り入れて狭義のジャズから解き放たれた「音楽」に触れる事がより大切な時代に入っていると思う。



先週は音色を鍵盤のどの位置を叩く事によって得られ、どの位置を使う事でどのような用途に繋がるかを解説しました。
今週は、今度は楽器側の話しではなく、自分側のお話しです。

先週 AbMaj7 というコードの弾き方でいろいろ説明したところなので、キーが Ab で何かいいサンプルはないものかと思い描いていたらこんな古典的な曲がありました。

クリックすると元のサイズで表示します
(クリックで別窓拡大/以下同じ)

アルトサックス奏者チャーリー・パーカーが他の曲のコード進行に基づいてメロディーを作った“Donna Lee”です。
ファスト・テンポの速い演奏がこの曲の聞かせどころ。メトロノームを2,4拍目に鳴らして二分音符が100くらい(つまり四分音符200)からが演奏とソロのバランスが取れる曲です。

まずはゆっくりでも良いのでこのメロディーを弾いておきましょう。

続いてコードワーク。
コードネームをパッと見て、左手 で3rd-7th、右手で root-5th、に分類して弾ける状態から始めます。

クリックすると元のサイズで表示します

譜面を見ないでこのヴォイシングが出来る人は先に進んでください。音符を読んで弾いてる人は徐々にいろんな曲でこの弾き方を身に付けてからこの先に進んで下さい。それが備わらないと中途半端な解釈で終わります。

さて、ここまで来ると、やるべき事はメロディーの音とコードネームと、調号から、それぞれのコードスケールをアナライズする事です。

クリックすると元のサイズで表示します
( )内はスケール上のアヴォイドノートでハーモニーの構成には使えない音

それぞれのコードスケールがアナライズされたら、今度はそれを使ってスケールの練習をします。
その時に右手と左手の使い方を勉強しながら練習します。

基本的にスケールを弾く場合は左手を派生音側、右手を基音側に固定します。
場所によって二連続(ダブル)の箇所が出て来ます。
どちらかの手が三連続(トリプル)となる箇所は左右交互(クロス)にします。

クリックすると元のサイズで表示します

このやり方によって鍵盤楽器特有のオクターブ毎に手順が入れ替わるという煩わしさから解放されます。
クラシックの一部の人にはクロスを推薦する人もいますが、マレットを四本持つと用法は状況によって変化しても良いでしょう。
もちろんクロスのままで完璧な演奏が出来ればそのままでも問題はありません。
この手順で行けば何音ターブ上がっても、下がってもオクターブ内は同じ手順。
この感覚はスケールを弾く行為と連動してコードスケールを覚える事に効果的で、コードスケールをどの位置(途中)から始めても手順が変わらないという演奏上のメリットがあります。
先週のコードが覚えられないという悩みの原因が、四本の左右で弾くコード音の選択にあるのと同じです。

この三つのコードスケールの内、Bb7 をターンして下降する時のみ、最後の主音(Bb)を右手に替えることでトリプルを回避できます。

さて、それではコードスケールのアナライズが出来たのだから、いつまでもコードのヴォイシングにコードトーンだけを使わないで右手の root と 5th をコードスケールで割り出したテンションに置き換えて、実践的なカンピングに使えるサウンドにしてみましょうか。

一つの事を勉強すると、それにまつわる周辺の技術や知識を並行して習得して行く、というのがジャズ的なトレーニング方法になるわけです。一事が万事、この連動性に気付くか気付かないかで、楽器の音色も演奏技術も大きく異なって来るわけです。
その連動性は人に教えられるのではなく、自分で気付くところに楽器に対する「音色」のその人の思考力があると思うのです。
なぜなら、それはまるで自分が発見したかのような喜びがあるから。わくわくしながら楽器に向う長い人生の後ろ盾になるのです。

(この項次週につづく)


イベント出演情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
5/13 (日)Strange Community Vol.41 at J
Open 12:30 /Start 13:00
<司会> 舞月しえな/大地耀子/有桂
前売券¥3900 当日券¥4400
@JazzSpot J

13:00〜14:25 加藤英介Pトリオ + 6Singers
江上友彦(B) 守新治(Ds)
宮崎知子(Vo) 岡田美砂子(Vo) 岩渕俊一(Vo) Megumi(Vo) 小林真弓(Vo) 汐(Vo)
14:35〜15:05 SSB Super Swing in Blue orchestra
15:15〜16:40 加藤英介Pトリオ + 6Singers
江上友彦(B) 守新治(Ds)
くらら(Vo) リチャード岡田(Vo) 竹澤サトコ(Vo) みぽりんモンロー(Vo) アキヒロ(Vo) 大地耀子(Vo)
16:50〜17:30 オクリーVo & 青木弘武P & 右近茂Ts
17:40〜19:00 山田壮晃(Ts) & メロートーン + 4Singers
大森明(As) 鈴木正晃(Tp) 出口誠(P) 新岡誠(B) 山下暢彦(Ds)
中村かずみ(Vo) 北野知子(Vo) 舞月しえな(Vo) 松岡美代子(Vo)
19:10〜19:50 “ The Duo” 市川秀男(P) Vs. 赤松敏弘(Vib)
20:00〜21:30 山田壮晃(Ts) & ビッグバンオーケストラ with 有桂(Vo)
 ゲスト 大森明(As)
遠藤美恵(Vo) 山崎あみ(Vo) 伊達佑介(Vo) 海老原しのぶ(Vo) 沢村まみ(Vo)

JazzSpot J
03-3354-0335
新宿区新宿5-1-1ロイヤルマンションB1



行くぞ! 足利!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2018年 5月19日 (土) 19:30〜(開場:18:30) 栃木・足利「屋根裏」jazz spot jazz
T.Koyama Presents live vol-5
赤松敏弘 meets ハクエイ・キム with 小山太郎+清水昭好 BAND plus コバK!

T.Koyama Presents 屋根裏special live vol-5
出演:小山太郎(ds) 赤松敏弘(vib) ハクエイ・キム(p) 清水昭好(b) + ゲスト:小林啓一コバK(vib)
MC: 4500円(前売) 5000円(当日)
いよいよ迫ってまいりました。恒例の小山太郎 プレゼンツ vol-5。今回は再び北関東の宝、コバKを迎えたツイン・ヴァイブ・バトルも! 乞う御期待!!

御予約・お問い合わせ 0284-21-7282(Jazz Spot Jazz 屋根裏)
栃木県足利市通3丁目2778 フレッセイ前 3F


NEW!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

たくさんの御要望にお応えして、Amazon Digital Music と Apple Music 及び iTunes で前作(14作目)『Majestic Colors/赤松敏弘』(vega/2014年リリース)の全曲配信が始まりました。

クリックすると元のサイズで表示します
お馴染み赤松=ハクエイDuoに、市原ひかりのトランペットとヴィブラフォンの本邦初のデュオ、クァルテット二種(vib+p+b+ds、tp+vib+b+ds)、さらに自身のピアノとヴァイブによるセルフデュオを収録!

メンバー : 赤松敏弘 (ヴィブラフォン)、ハクエイ・キム (ピアノ)、市原ひかり (トランペット&フリューゲルホーン)、小山太郎 (ドラムス)、澤田将弘 (ベース)、生沼邦夫 (ベース)
■収録曲
01. The Empty Chair 1977 (Toshihiro Akamatsu)
02. A Ripple (Hideo Ichikawa)
03. E.S.P. (Wayne Shorter)
04. Yup or Nope (Toshihiro Akamatsu)
05. Stella by Starlight (Washington / Young)
06. The Gleaner (Toshihiro Akamatsu)
07. Blow In (Toshihiro Akamatsu)
08. White Forest (Hakuei Kim)
09. Revokement (Toshihiro Akamatsu)
10. 【Epilogue-1】 Brown Eyes (Toshihiro Akamatsu)
11. 【Epilogue-2】 Selection (Toshihiro Akamatsu)
全11曲。

試聴&ダウンロードはコチラ→
Amazon Music Unlimitedの30日間の無料体験実施中!





これで(株)ベガ・ミュージック・エンタテインメントのApple music、iTunesからのアルバム配信は、

「NEXT DOOR」(CDリリース年2000年11月)
「SYNERGY」(同2005年6月)
「FOCUS LIGHTS」(同2005年10月)
「TIDE GRAPH」(同2007年8月)
「STREAM OF LIFE」(同2008年1月)
「SIX INTENTIONS-complete edition」(2002年TBM盤リイシュー/同2007年12月)
「AXIS」(同2010年10月)

に続いて8枚目となります。どうぞ御利用下さい。

NEW ALBUM!!

只今絶賛発売中!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■『SYNONYM/赤松敏弘』(株)ベガ・ミュージックエンタテインメント/2017年9月29日発売/VGDBRZ0067/3,000円(税抜き)
クリックすると元のサイズで表示します

メンバー:赤松敏弘(vib) ハクエイ・キム(p,moog) 市原ひかり(tp,flh,vo) 小山太郎(ds) 酒井麻生代(fl) 佐々木優樹(g) 平石カツミ(b) 須川崇志(b)

通算15作目、渾身のアルバム登場! 新メンバー参加の赤松・ハクエイ・市原のクィンテットをはじめとした様々な組み合わせで綴るオリジナルからスタンダードまで「わくわく」「どきどき」のハイパー・ジャズ。ハクエイ・キムの名曲に市原ひかりが作詞しボーカルを披露するシーンや、新人・酒井麻生代とのデュオなど、とにかく「グッとくる」凄いのを一枚に納めました!

クリックすると元のサイズで表示します
左から:佐々木優樹、酒井麻生代、小山太郎、平石カツミ 後方:赤松 @Sound City Setagaya Studio on Jun/29/2017

クリックすると元のサイズで表示します
左から:須川崇志、ハクエイ・キム、市原ひかり、小山太郎 後方:赤松 @Sound City Setagaya Studio on Jun/30/2017

曲目: (曲名をクリックすると曲毎のレコーディング・ルポにリンクします)
1.Avenue-II / comp by T.Akamatsu
2.Synonym / comp by T.Akamatsu
3.Giant Steps / comp by J.Coltrane
4.Flash of Genius / comp by T.Akamatsu
5.Six-N / comp by T.Akamatsu
6.Pleiades / comp by T.Akamatsu
7.Reminiscence / comp by Hideo Ichikawa
8.Lost in Newtown / comp by Hakuei Kim, lyrics by Hikari Ichihara
9.Baby won't you please come home / comp by C.Williams

ライナーノーツ:
児山紀芳

録音/2017年6月29日、30日 @ Sound City Setagaya Studio

クリックすると元のサイズで表示します

店頭で売り切れの場合はお店で取り寄せ、または各ネットショップへGO!

Amazon.jp 
Disk Union
Tower Records
HMV Records
他、でどうぞ!


■只今発売中!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Jazz Life 11月号 (10月14日発売号)


クリックすると元のサイズで表示します
Jazz Life 11月号(2017年10月14日発売)

JLの先月号でアルバムのレビューを書いていただいた長門竜也さんがインタビュアー。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
全国の書店、またはネット通販で!!

■只今発売中!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
JaZZ JAPAN 86号 (9月22日発売号)

クリックすると元のサイズで表示します

赤松敏弘インタビュー、ニューアルバム・レコードレビュー等掲載!
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

全国の書店、またはネット通販で!!


★New release(参加アルバム)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★プロデュース&ゲスト参加アルバム
2017.7.26(水)発売
○『Tower -誕生-』GPSY VIBS
クリックすると元のサイズで表示します
静岡発!独自の感性でマヌーシュジャズからブログレ、コンテンポラリーなオリジナルを自在な編成で綴るジプシーヴァイブスのセカンドアルバム登場!
プロデュース&ゲストにジャズ・ヴィブラフォンの第一人者・赤松敏弘を迎え、前作のカオスな世界からより一段と洗練されたサウンドで、想像力と情感溢れるサウンドを聴かせてくれる。 (熊谷美広)

GPSY VIBS[ Tower -誕生- ]
1. 黒衣  2. 花の野 3. 蒸し暑い日の夜 4. 洗濯機 5. SNOB 6. 夜明け前 7. All or Nothing at All 8. Tower -誕生-
佐々木優樹 (ギター) 
石川裕子 (マリンバ、ヴィブラフォン) 
柴田鑑 (サックス) 
中司和芳 (ベース)
ゲスト / 赤松敏弘 (ヴィブラフォン) 
サポート / 中筋タイキ (パーカッション)
録音 Sound City Setagaya Studio 2016年11月30日&12月1日
定価 2500円 (税抜き) 
カタログナンバー GIPV-0002
発売元 MARUKE RECORDS

好評発売中! → GPSY VIBS Amazon shop

2017年8月9日配信開始!
クリックすると元のサイズで表示します

他、2017年8月9日より(株)ベガ・ミュージック・エンタテインメントからapple music、iTunes Store他で配信開始!

GPSY VIBS WEB

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★プロデュース&ゲスト参加アルバム
2017.6.1(木)発売
○『FIRST VISIT』高橋直樹 The YOUNG CATS

高橋直樹(Bass)・武田玄也(Piano)・河北洋平(Drums)
Support:矢野元(Guitar)
Special Guest:赤松敏弘(Vibraphone)
定価:\ 2,000(税別)
品種:CD
商品番号:NAY-001
発売日:2017/6/1
発売元:NAY RECORDS
JAN:4589743192228 

愛媛発!次代を担う若き愛媛のジャズメンが高橋直樹のもとに集結した爽快でオリジナリティに満ちたE-JAZZ。赤松敏弘プロデュース担当。

2017年6月28日より


クリックすると元のサイズで表示します 他、より好評配信中!!

高橋直樹Web

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2016.12.23(金)発売
○『夢の中の夢/市川秀男デュオ』 市川秀男(p)萩谷清(guit)赤松敏弘(vib)斎藤ネコ(vl)

定価:\ 3,240(税込)
品種:CD
商品番号:UPUP-2019
発売日:2016/12/23
発売元:upup ltd.
JAN:4571131981354 

ジャズピアニスト市川秀男のDuoシリーズ第二弾。萩谷清、赤松敏弘、斎藤ネコを迎えて、それぞれのために珠玉の作品を書き下ろしての、白熱した演奏を収録。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
只今来てます! 売れてます!!

2016年9月〜 出版元ヤマハ・ミュージック・メディア内管楽器打楽器/打楽器部門売上げ1位独走中

コードスケールやペンタトニック・リックの解説など曲集とコード理論の基礎解説を合体! 本邦初のジャズマリンバ本!
『レパートリーで学ぶジャズマリンバ&ヴィブラフォン/赤松著』(ヤマハ出版)

クリックすると元のサイズで表示します


レパートリーで学ぶジャズマリンバ&ヴィブラフォン/赤松敏弘著

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2016.09.23(金)発売
○『追悼 ボビー・ハッチャーソン』 構成・文:赤松敏弘 対談:赤松敏弘、藤井寛
「JaZZ JAPAN vol-74」 9月23日発売号
発売元:(株)シンコーミュージック・エンタテインルント
発行元:(株)ジャズジャパン 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■赤松敏弘(vib)meetsハクエイ・キム(p)w/小山太郎(ds)+生沼邦夫(b)BAND最新動画・試聴

動画閲覧はこちらをクリック↓NHK横浜放送局の公式ブログに飛びます

2015年02月25日放送 スペシャル ジャズライブ(動画)
「赤松敏弘meetsハクエイ・キムwith小山太郎+生沼邦夫」

配信曲:「The Gleaner」

音源試聴はこちらをクリック


NHK横浜放送局『横浜サウンド★クルーズ』セットリスト

演奏;:赤松敏弘(ヴィブラフォン)ハクエイ・キム(ピアノ)小山太郎(ドラムス)生沼邦夫(ベース)
2015年2月25日放送

番組テーマ・・・What Am I Here For(Duke)
1. The Gleaner (by T.Akamatsu)
2. Stella by Starlight 1964 (by V.Young)
3. Pleiades (by T.Akamatsu) /赤松 ヴィブラフォン独奏
4. White Forest (by H.Kim)  /赤松・ハクエイ ヴィブラフォン+ピアノDUO
5. Sound of Focus (by T.Akamatsu)
6. E.S.P. (by W. Shorter)
アンコール1曲 (音源未収録)

NHK横浜放送局夕方の人気生番組『横浜サウンド★クルーズ』出演の時の模様です。番組ナビゲーターは柴田浩一(横濱ジャズプロムナード・プロデューサー)、司会はNHK横浜放送局の佐久川智キャスター。

【聴きどころ】
華やかなオープニング・ナンバーの「The Gleaner」(動画あり)、ハクエイ・キムのスリリングな演奏が冴える「Stella by Starlight 1964」、ヴィブラフォンにしか出来ない独奏の世界を開拓する「Pleiades」など。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
各紙絶賛! 好評発売中!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
清新の気を注ぐが如くの若手とのインタープレイと聴き手の心を揺さぶる円熟のコラボレーション。ヴァイブのクールな音色の内に表現意欲の高まりを凝縮した深遠なる音の世界が秘められている【児山紀芳/ジャズジャーナリスト】

クリックすると元のサイズで表示します
『Majestic Colors/赤松敏弘』
レーベル:VME(ベガ・ミュージックエンタテイメント株式会社) VGDBRZ-0057 ¥3.000(税別) (2014年11月26日発売)

真打ち登場! ある時はトランペット、ある時はピアノ、そしてある時は自分自身と。それぞれのミッションで真打ちが登場するかのように次々とヴィブラフォンの新しい世界が展開されて行く。通算14作目のアルバムとなる「マジェスティック・カラーズ」は一粒で二度も三度も美味しい新境地のヴィブラフォン・ジャズ!!
「出色の出来、世界水準のジャズ」・・(児山紀芳/ジャズジャーナリスト)

■演奏:
赤松敏弘 (ヴィブラフォン)、ハクエイ・キム (ピアノ)、市原ひかり (トランペット&フリューゲルホーン)、小山太郎 (ドラムス)、澤田将弘 (ベース)、生沼邦夫 (ベース)

■収録曲
01. The Empty Chair 1977 (Toshihiro Akamatsu)
02. A Ripple (Hideo Ichikawa)
03. E.S.P. (Wayne Shorter)
04. Yup or Nope (Toshihiro Akamatsu)
05. Stella by Starlight (Washington / Young)
06. The Gleaner (Toshihiro Akamatsu)
07. Blow In (Toshihiro Akamatsu)
08. White Forest (Hakuei Kim)
09. Revokement (Toshihiro Akamatsu)
10. 【Epilogue-1】 Brown Eyes (Toshihiro Akamatsu)
11. 【Epilogue-2】 Selection (Toshihiro Akamatsu)
全11曲。

■2014年8月録音/クレッセントスタジオ (エンジニア:今関邦裕) マスタリング/音響ハウス(石井亘)■解説/児山紀芳

★ネットでのお求めは
Amazon.co.jp
ディスクユニオン
山野楽器
YAHOO!ショッピング
タワーレコード
セブンネットショッピング
HMV
auショッピングモール
楽天ブックス
Neowing
DeNAショッピング
TSUTAYAオンラインショッピング
価格.com
紀伊国屋書店ウェブショップ
ヨドバシ.com
DMM.com
他で好評発売中。どうぞ御利用下さい。


海外の方はコチラでどうぞ→CDJapan
『TOSHIHIRO AKAMATSU/Majestic Colors』Catalog No.VGDBRZ-57 JAN/ISBN4571131981224 (US$ 25.39)

※全国のジャズコーナーのあるCDショップでお求めになれます。お近くのCDショップでお求めの際は予約で店頭受け取りをお薦めします。

NEW!!(2018年3月18日より)
たくさんの御要望にお応えして『Majestic Colors』のデジタル・ミュージック販売開始!

Amazon.co.jp

iTunes

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『ジャズライフ12月号』(2014年11月14日発売号)
クリックすると元のサイズで表示します
・インタビュー/四半世紀にわたって日本のジャズ・シーンを牽引してきたヴィブラフォン奏者、赤松敏弘が吹き込んだ最新アルバムは、市原ひかり(tp)、そしてハクエイ・キム(p)のそれぞれをフィーチャーした2セッション。さまざまなチャレンジやアイデアに満ちたアルバムについて、赤松敏弘が語る・・・(インタビュアー/石沢功治)

・アルバムCDレビュー/市原ひかりとハクエイ・キムという、今最も注目の若手を迎えて制作された、ヴィブラフォン奏者赤松敏弘の14枚目にあたる新作は、意欲的で刺激的な、聴き応えのある作品としてここに結実した・・・(北原英司)

他、掲載。お求めはお近くの書店、インターネットで。クリックすると元のサイズで表示します
..................................................................................................................

『Jazz Japan 52号 / 2014月12月』(2014年11月21日発売号)
クリックすると元のサイズで表示します
・インタビュー/我が国にもヴェテランから若手まで、多くの有能なヴァイブラフォン奏者がいるが、その中で、現在もっとも先進的であり、オリジナリティに富んでいるのが赤松敏弘だ・・・(インタビュアー/小針俊郎)

・アルバムCDレビュー/これは、いいジャズ・アルバムだ。奇をてらわず、自分の考えるジャズを瑞々しく積み上げていく様にはほれぼれ。ここには今を生きる本物のジャズ・マンがいる・・・(佐藤英輔)

他、掲載。お求めはお近くの書店、インターネットで。クリックすると元のサイズで表示します
..................................................................................................................


CDジャーナル・レビュー:『Majestic Colors/赤松敏弘』
日本を代表するジャズ・ヴィブラフォン奏者の14作目。ジャズ・シーンで注目を集める市原ひかり(tp)、ハクエイ・キム(p)の二人を迎え、白熱のインタープレイを繰り広げる。ヴィブラフォンの包み込むような優しい音色とモダン・ジャズ・マナーを踏まえた作曲で、円熟したプレイを聴かせる。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



【只今配信中】

ご要望の多かったiTunes StoreやAmazon.co.jpでのアルバム『AXIS』他配信中です。どうぞご利用下さい。

クリックすると元のサイズで表示します
『AXIS/赤松敏弘』
1. Return To Forever (Chick Corea)10:51
2. Over Again (Toshihiro Akamatsu)7:53
3. Sound Of Focus (Toshihiro Akamatsu)8:23
4. Axis (Toshihiro Akamatsu)07:49**
5. Silent Butler (Toshihiro Akamatsu)5:18
6. Cheerful Flight (Hideo Ichikawa)6:09
7. Havona (Jaco Pastorius)7:19
8. I Thought About You (J.Mercer-J / Van Heusen)4:47**

Toshihiro Akamatsu(vib)
Koichi Sato(p)
Masahiro Sawada(b)
Kodai Higuchi(ds)
**guest : Nanami Morikawa(vo)
発売元:(株)ベガ・ミュージックエンタテインメント(VEGA)

iTunes Store 赤松敏弘ディレクトリー

iTunes storeでは6アルバムからセレクトされた44曲を配信中

Amazon 赤松敏弘 MP3専用ディレクトリー

amazon.co.jp MP3ストアーではアルバム『Axis』収録全8曲を配信中

全曲試聴可。
若手メンバーとのフレッシュな演奏を、DSDレコーディングによる最良の音質でお楽しみください。

クリックすると元のサイズで表示します
赤松敏弘(ヴィブラフォン)佐藤浩一(ピアノ)澤田将弘(ベース)樋口広大(ドラムス)

どうぞ御利用ください!



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★CDを“ドスドス”探したい人の味方!
クリックすると元のサイズで表示します

ジャズ全体http://www.hmv.co.jp/artist/rank/0/genre/800/

【楽器別】
ヴォーカル
トランペット
トロンボーン
サックス
フルート
クラリネット
ピアノ
オルガン
ビブラフォン
ギター
ベース
ドラム

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★☆★ 2012 BEST LIVE (動画) ★☆★

Nov/14〜15/2012

Toshihiro Akamatsu (vibraphone)
Hakuei Kim (piano)

1st set (9:30pm〜10:50pm)

1.Winter Festival---by Hakuei Kim
2.The Gleaner-----by Toshihiro Akamatsu
3.Stella by Starlight
4.White Forest-----by Hakuei Kim
5.Nagi Moca suite---by Toshihiro Akamatsu
6.Newtown--------by Hakuei Kim
7.Silent Butler-----by Toshihiro Akamatsu
8.(encore)O Grande Amor

2nd set (0:48am〜2:09am)

1.Winter Festival---by Hakuei Kim
2.The Gleaner-----by Toshihiro Akamatsu
3.Stella by Starlight
4.White Forest-----by Hakuei Kim
5.Nagi Moca suite---by Toshihiro Akamatsu
6.Newtown--------by Hakuei Kim
7.Silent Butler-----by Toshihiro Akamatsu
8.(encore)On Green Dolphin St

Rec, Nov/14〜15/2012 @ Okaido"COLORFUL", Matsuyama, Ehime, JP

※赤文字の演奏動画を公開しています

ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/15/1:00am's StellabyStarlight (Full version)

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

2012年11月14日四国・松山でのライブ第二部のもので第一部と同じ曲の深夜の演奏です。
まったく違うイントロから始まった瞬間から純粋な即興演奏に突入しました。
デュオという最小公約数にして最大の自由度を持つアンサンブルでしか出来ない衝動の記録となりました。
ソフトのアップロード時間制限の為に10分未満の暫定バージョンを年末にアップしていましたが今回フルバージョンに更新。

ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/15/2:00am's GreenDolphin

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

あらゆる意味で刺激的だったこの日のライブの最終アンコール。時刻は午前2時です。
第二部の会場は半分以上が地元のミュージシャンやピアニスト、音楽関係者で埋まっていましたから二人ともよりアグレッシヴなOn Green Dolphin Stに。午前二時にこんなガチンコなライブをやる街は日本でも珍しいでしょう。さすがは我が故郷です(笑)

ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/14/9:53pm's StellabyStarlight

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

赤松・ハクエイDUOでのStella by Starlight。
このバージョンは2012年11月14日四国・松山でのライブ第一部のものです。
前月の横浜ジャズプロムナード2012でも評判だったこのスタイルのデュオがさらに一歩踏み込んだところでの演奏に。次の深夜のステージの演奏と比較するとまったく別の曲です。ジャズライブの楽しみ方で僕らはとても大きな事にこの時気付いたのでした。

ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/14/9:46pm's The Gleaner

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

四国・松山でのライブ第一部でのオリジナル曲The Gleaner。この日は入替え制という事もあり第一部も第二部も同じプログラム(アンコールを除く)でしたが、考えてみればクラシックのコンサートやポップスのコンサートとジャズのコンサートが大きく異なるのは、たとえ同じ曲を一日に二度演奏したとしてもまったく違う演奏になるのが当たり前。このライブではその当たり前な事を随分長い間僕らは忘れていた事に気づかされて、久しぶりに達成感で満たされたのを覚えています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ビデオカメラ【Crew Camera Series】TOSHIHIRO AKAMATSU meets HAKUEI KIM 2012. presented by T.KOYAMA. "SOUND OF FOCUS" comp by T.Akamatsu. 2010's album 『AXIS』(VEGA)



ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦、ユキ・アリマサTWIN DUO × TRIO オープニング"Be my love"



ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦 DUO 2011 演奏順/2曲目"TRITON 2011" comp by T.Akamatsu. 1991's album 『Now's The Time Workshop vol-2』(BMG FunHouse)



ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦 DUO 2011 演奏順/4曲目"I LET A SONG"



ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、ユキ・アリマサDUO 2011 演奏順/7曲目"DAA HOUD". 2005's album 『Synergy』(VEGA)



ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦、ユキ・アリマサTWIN DUO × TRIO 演奏順/9曲目 アンコール




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『BEST LIVE 2011(動画)』

2011年11月24日ブログ『超・満員御礼! 赤松敏弘(vib)meetsハクエイ・キム(p)25-25プロデュース第六弾』http://sun.ap.teacup.com/applet/vibstation/20111124/archive

TOSHIHIRO AKAMATSU(vib) meets HAKUEI KIM(p) w/TARO KOYAMA(ds) & KUNIO OINUMA(b) @ 25-25Presents Special Live Vol.6

25-25プレゼンツ・スペシャルライブVOL-6。
『“赤松敏弘meetsハクエイ・キム”with小山太郎+生沼邦夫』

Toshihiro Akamatsu(vib)
Hakuei Kim(p)
Kunio Oinuma(b)
Taro Koyama(ds)

Recorded live at KAMOME in Yokohama. Nov/23/2011

[YouTube版]※画像をクリックすると別窓で開きます

★第二部1曲目


★第二部二曲目[Tribute to 1964's Miles-vol.1]


★第二部三曲目[Tribute to 1964's Miles-Vol.2]


ガンバレ東北!

がんばろうニッポン!



只今絶賛発売中!
■New Album『AXIS/赤松敏弘』(VEGA)
クリックすると元のサイズで表示します
VGDBRZ-0044/3.000円(税込)

赤松敏弘(vib)The NewQuartet
guest:森川奈菜美(vo)

New Album『AXIS』は全国の有名CD店のほか、ネットショップでも好評発売中!
■Tower Record
■HMV
■amazon.co.jp
■disk UNION
■山野楽器
■ベガ・ミュージック・エンタテインメント
■Yahoo!ショッピング
■楽天市場
■セブンイレブンネットショップ



どうぞご利用ください。

CDレビュー→http://www.jazzfusion.com/cd2010/axis.htm

CDレビュー→http://www.au.kddi.com/mobile/service/featurephone/lismo/lismo-music/

クリックすると元のサイズで表示します→CDショートレビュー

【動画】と【試聴】世界のヴィブラフォン奏者と素晴らしい音楽仲間へ直結!
■赤松敏弘MySpace

そして、コチラはオフィシャルサイト
■赤松敏弘Vibraphone Connection

掲示板に替わって登場、オフィシャルな(?)つぶやきTwitter
■赤松敏弘 Vibstation's Twitter

新しく追加のコミュニティー
■赤松敏弘facebook

チェキラ!
#ビブラフォン #ビブラホン #ヴィブラフォン #Vibraphone




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ