2007/6/29

エレクトリック・ヴィブラフォン小史 - その1  金曜:vibraphoneやmarimbaの為のジャズクリニック


週金曜日はVibraphoneやMarimbaをやっている人向けのお話し。第五十六回目の今日はヴィブラフォンやマリンバなどマレット・キーボードの進化のお話しです。

このところマレットキーボーダーの為のとある計画を遂行中です。このブログを(特にこの金曜日のコーナーを)チェキラされてる方に近々朗報をお届け出来るように頑張っていますので発表をお楽しみに。

ヴィブラフォンやマリンバは生楽器ですが、これまでの発展の過程で、エレクトリック・エフェクションとの融合を目指した時期もあります。結果的にはアコースティックとエレクトリックが両立する現状(但し、楽器としてのステータスやユーザー数はアコースティックが優勢)に至るには、数は少ないものの楽器メーカーも開発に取り組んだ時期がありました。
ここでは僕がこれまでに触れたそういうエレクトリック化に向けたいくつかのアイテムを小史としてまとめてみます。



ヴァイブが電化の兆しを見せたのは1960年代の後半、ほぼ1970年に差し掛かろうとする頃だと記憶します。
その事を知ったのは1969年1月に発売されたスイング・ジャーナルで、評論家の方達の「エレクトリック化される楽器と音楽」をテーマとした座談会。トム・スコットが新開発の電気サックス(今のピックアップ方式と違って楽器そのものを開発したもので現在のEWIの原形)を演奏している写真と共に「最近ついにヴァイブもエレクトリック化されたらしいですよ」という(誰の発言かは忘れましたが実家に本は保存しているのでいつかその事を詳しく書きます)記事でした。

当時中1で(よくもまぁ、そんな分際で毎月スイングジャーナルを購読していたものだと思いますが)新しい事には人一倍興味がありましたから、この記事が脳裏に焼き付いて、一体それがどんな音でどのような形をしているのか想像するだけでもワクワクしたものです。


それから1年。目の前(正確には耳)に現われたのが、恐らくエレキヴァイブの創成期第1号と思われるもので、それは後に師匠となるゲイリー・バートン氏のこのアルバムでした。

クリックすると元のサイズで表示します
『GOOD VIBES/Gary Burton』(Atlantic/1970年)
(このジャケットはLP初版のものです)

アルバム冒頭の曲でエレクトリック・エフェクターを通したファズ(Faz)サウンドのヴァイブが聴け、正に70年代の幕開けらしいサウンドでした。

同時期にマイク・マイニエリもエレキヴァイブを手掛け始めていて、フルートのジェレミー・スタイグ(スタイグのフルートもエレクトリック)との共演盤でも初期のエレクトリック・ヴァイブが聴けます。

クリックすると元のサイズで表示します
『JOURNEY THRU AN ELECTRIC TUBE/Mike Mainieri』(Sorlid State/1970年)
残念ながらジャケ写白黒コピー

この時代に製造メーカーも巻き込んでエレクトリック化が試された大きな理由は楽器の音量増幅が何よりも緊急課題でした。ステージでマイクを2〜3本立てて音を拾うヴィブラフォン奏者の悩みの種として上げたのが「もっと音量を容易く増幅してほしい」。
背景にはロック・ミュージックの影響からバンドのステージ上の演奏ヴォリュームは上がる一方でマイクに頼らざるを得ないヴィブラフォン奏者は大いに悩まされていたのです。

この創成期には唯一市販されたエレキヴァイブがあります。

クリックすると元のサイズで表示します
“Electra”Deagan社

今は無き世界のヴィブラフォン二大ブランドの一つディーガン社の「エレクトラ」。この楽器は微かに雑誌の写真で見たりスタジオ録音の音で聴いたり、キングクリムゾン等ロックバンド(一時的にロックバンドにマレット楽器が入るのが流行った時期があります)で聴こえてきたり、ですっかり忘れていたらネットでホームページを開設した10年前に後にヴァイブ協会を発足させる“N氏”からこの写真が送られて来ました。
鍵盤が細く(ナローバー)触った楽器のメンテナンスが良く無かった為に僕は良い印象はありませんが、歴史的価値のある楽器です。
持ち運びを考えてポータブルケースのような本体に足とペダルを付けるという画期的なスタイルは今も根強いファンがネットで時々取引きしているのを見掛けます。

もう一方の世界ブランド(こちらは現存)、ムッサー(Musser)社もエレクトリック・ヴァイブを開発していましたが様々な問題から市販には至りませんでした。
幻のムッサー・エレキ・ヴァイブは71年のゲイリー・バートン東京公演を収めたライブ・アルバム(国内のみ発売)にその姿が残されています。

クリックすると元のサイズで表示します
市販には至らなかったMusser社のエレクトリック・ヴァイブ

納められているアルバム(非CD化)
クリックすると元のサイズで表示します
『LIVE IN TOKYO/Gary Burton』(Atlantic/1971年)

ディーガンとムッサーのエレクトリック・ヴァイブが違うのは、ムッサーは従来のベストセラーシリーズのM55をベースにパイプを取り去り、鍵盤の直下にアコースティックギターのボディーのような空洞を作り生音を増幅(音響ホール)、鍵盤に密着させたバータイプのピックアップマイクで音を増幅するシステム。ネオ・アコースティックと呼んでもよいモデル。鍵盤を固定するフックの部分は通常のカギ型ではなくホール型。バーサスペンション・コードはそのフックのホールを通す仕組み。

実は後年バークリーに留学した時この試作品の残骸が校内の練習室にあったので詳しく調べる事が出来ました。そのアイディアは他にもいろいろと興味深いものがあり、ノウハウを生かしていつか楽器を作ってみようと思います。

この項次回に続く
→『エレクトリック・ヴィブラフォン小史 - その2』http://sun.ap.teacup.com/vibstation/473.html



2007/7/5  4:49

投稿者:あかまつとしひろ

>takiさん、
マイニエリ氏のalgoの初リーダー作をCDになって初め
て聴きましたがまったく同じ事を思いました。この間
ブルーノートにステップス・アヘッドを聴きに行った
人達の話しではソロが回ってくる度にマレットを2本に
持ち替えてバリバリとソロを演奏していたそうです。

2007/7/3  12:37

投稿者:taki

"JOURNEY THRU AN ELECTRIC TUBE"はタイトルがいいですね。マイニエリのことは全然知らなかったんですが、レコード店で偶然に見つけてジャケットとメンバーにつられて買いました。
ギターのジョーベック(ジェフではない)はどうしてるんでしょうか。
この時のマイニエリは何となくバートンっぽいのと、音がちょっと弱い気がしましたが、グリップのせいなんでしょうか。
その後、80年代に久しぶりに新しいアルバムを聞いたときはエネルギッシュなのでびっくりしました。

2007/7/1  4:07

投稿者:あかまつとしひろ

>まっつん
MalletKATについては次回に触れますよ。確かに音源でイマジネーティヴ
に遊べて楽しいのは理解出来ます。しかし、自室に手弾きのシンセサイ
ザーやDTMキットがあると、果たして一生を掛けた魅力に感じるかどうか
は・・・・。

2007/6/30  6:22

投稿者:まっつん

あち@〜です。朝陽が。
友達がMalletKATを購入したので遊ばせてもらったんですが、いろんな音が出て楽しかったですラよ。殿はKATに興味ないんですか?


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ