2017/12/14  10:26

中学校進学相談会のメモ(その1)  自分を支える自分



中学校進学相談会のメモ(その1)



子どもが傷つくことを、防ぎたい、避けたい、守りたい。
傷ついた子どもに、何ができるのかを知りたい。
何をすればいいのか。何をしてはいけないのか。

子どもの傷ついた心を知りたい?
知ることは、痛みを伴う。
だから、怖れる。



子どもに、自分が主人公の人生を歩んでほしい?
主人公は無理?

人の世話になるのだから、愛される障害者に?
人に迷惑をかけないように教え育てる?

分相応に。
無駄な夢など見せずに。

「分からない授業はかわいそう」だから、受けなくてすむように。
そうすれば「自分だけできない」を感じなくてすむ…。

いい人だけの世界、「福祉の人」とだけの世界で一生を送ること。



子どもの傷ついた心を知りたい?
私との違いは何か?

障害があることで、子どもの心は、傷つき方は違う?
何が、どれくらい、違うのか?


「立ち直る」にはどんな力が、本人に必要か?
親にはどんな支え方ができるか?

どんな応援ができるか?
どんな「助け方」ができるのか?


それを知るには、「助ける」(配慮・支援)とは何かを、考えなければいけない。



3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ