2018/1/12

犬の、想い出。  ひとりごと

いつも通りの生活に戻った、かな。職場での話題の中心がダイエットになると、ああ、一月だなと思う。

きょうは、犬年(だよね?)なので、犬の話しをしよう。

私が覚えている限り、初めて飼ったのは、テルという、とても賢い、雑種の白い犬だった。温厚で、短髪だったけどふわふわだったのを覚えてる。私は五歳くらいだったかな。そのテルが、両親によると、何か悪いものを散歩中に食べて、突然具合が悪くなり、死んじゃった。

そのすぐあと、気の毒に思ったのか、母のお兄さんが、ドンベイという名のスピッツを連れてきた。真っ白な長髪の小型犬に、ドンベイ。名付けられて、まがない事もあって、私が、ジャッキーと名付けた。ジャッキーチェンじゃなく、熊の子ジャッキー。

ジャッキーは、ちょっと心臓がよわかったけど、ながいきした。肉じゃがが好きだった。老いて、亡くなった時、しばらく母が肉じゃがを作らなかった。だって、思い出すから、と言ってた。そうそう、ジャッキーは、もらったご褒美のちくわを、大事に隠しておいて、干からびさせちゃった、という感じだった。

こうして書くと犬好きみたいだけど、そうじゃない。

あることがきっかけで、じつは、私は、犬とお近づきになるのを避けている。近所の吠える犬が原因で、とても苦労したからだ。きちんとした環境で飼われていない犬で、私たちの睡眠が妨害された。飼い主に相談しにいったけど、取り合ってくれなかったし、何もできず、辛かった。そのことで、夫婦の間でも色々ギクシャクした。

私自身は、犬は好きだけど、この経験がトラウマとなっているから、うちでは飼うことはないと思う。友達のうちで、犬と戯れるのは、すきだし、街で好みの犬に出会うと、ついオーナーに話しかけてしまう。でも、自分の居住空間には、いてほしくない。嫌なことを思い出すから。

義母夫婦が、ボーダーテリアを二匹かっている。とてもお行儀がよく、いつも感心する。義理姉が、グレイハウンドを飼い始めた。美しいだけじゃなく、物静かで優雅なそのたち振る舞いため息が出るほどだ。

だけど、やっぱり、我が家は、犬は無理。

だって、いぬって、やっぱり、飼い主次第って事なんだろうと思うから。我が家には、そんなじしんもなければ、愛情も足りてない。そういうことなんだろうな。




ということで。

犬年。

何事も、自分次第。自分がどうしたいか、だから、どうするのか、が、大切な一年。ほかの誰でもない、自分の中の犬をコントロールするのは、私自身。


はい。繋がったかな?どうかな?無理あったかな?
4

2018/1/3

平成、30年ですってよ!  ひとりごと

前回の記事で、立ち直った風にかいたくせに、間があいてしまった。

いや、もうね、クリスマス、いつもより苦痛じゃないっていったけど、大変なの、私にとっては。カードを手書きして送るのは苦じゃない、元々日本に住んでた頃も年賀状を書くのはわりと好きだったし。でも、時間がかかる。

プレゼントを贈る人数も数もたくさんだから、それも大変。この時期は核家族って素晴らしいって思うわ。一人っ子万歳よ。ま、それも実際、パーティなんかで一同集まるのを見ると、反転するんだけれども。あー、私が一人っ子じゃなかったら、今頃父は一人ぼっちで、年末年始過ごしてないんだろうに、とか思うから。

そんな忙しい中、ドイツから18ヶ月の娘ちゃんといち早く帰国した、義理弟嫁が、我が家の男子たちは何が欲しいかと聞かれたわけ。簡単にそこらで入手出来そうなものをおしえたんだけど、数日後。

よくわからないから、そっちで買ってくれる?お金は払うから。

とれんらくがきたわけ。いやね、それ、こっちのセリフ。お金払うだけで、丸投げできれば、こっちがしたいって。お金とか、金額の問題じゃないんだよ!クリスマスは。それぞれを想う気持ちだっつうの、だから、大変なんだよ、だから、たいへんでも、手を抜きたくないんだよ!って。

それが、クリスマス日前だから、イラっときたよね。そもそも彼女、娘ちゃんとの2時間くらいのフライトにも文句たらたらで、だいたい毎回、誰かが一緒に行くんだな。お手伝いで。大変すぎるとかで。

いや、わたし、もっと長いフライト、二人連れて、何度もしてますけど?

とね。心の中で叫ぶよね、愛じゃなくて、愚痴を(笑)。

そんなわけで忙しかった。↑のバッサリ加減が戻ったのが、私が立ち直った、証拠、ウフっ。


あ!わすれてないよ。前回の記事に拍手コメントくれた方、そうあなた、ありがとう。嬉しい。本当に嬉しい。拍手コメントは、公開されないので、名前もここでは出しませんね。もう本当にローカルな情報が嬉しい。

で、無事クリスマスがすんで、その後次男の胃腸の調子が悪い。普段と違うものばかり食べるからねー。次男はわりと食にかんして保守派で、その保守ぶりの基本が、マミーのご飯だから、先が心配。手打ちうどん伝授せねば。

静かに年をこして。2018年。

新年明けましておめでとうございます。

2018年、もう昭和生まれの私としては、2000年代に入った頃から、ぼんやりなわけだけど、ちらっと耳にしたの。

平成30年ですって。

わお、あれから30年?

私はっきり覚えてるよ、昭和が平成になった時を。高校1年生だった。昭和はさ、64年がちょっとあるんだよね、うん。だから西暦とうまく換算できない。小渕氏がさ、平成と書かれた色紙を公表したっけ。ピンとこなかったよね。もう30年、誰よ?平成は長くないって言ったの。

その平成も終わりが近い。ずるずるじゃなく、終わりを決めると決めた、そうすることが出来た時代や環境に拍手。

で、次、何?

なんかこう、未来に向けて、希望を持とうみたいな、前向きのがいいかな、でも、希望っていう、単純なのはダメだね。希望の希は、まれという意味もあるから。

漢字としては、春とか、いいな。


ということで、今年もスタート。

よろしくおねがいしますね、不定期ですが。

9

2017/12/15

冬到来。  ひとりごと

物事が上手くいかないのを秋のせいにしてから、2ヶ月弱たった。この間に、拍手あるいは、コメント残してくださった方々、ありがとうございます。

この二ヶ月の間に、二度体調を崩して、そのちょうど真ん中に45歳になった。

秋を以前お世話になっていた方のブログのお料理記事を読んでメモったり、自分のレシピ帳をまとめる作業などをしてやり過ごした。

思ったのは、自分の状態が低い時に、大切なもの、人が見えてくるのと同時に自分自身も見えるものだなと。私は、私の根本は、青春時代のそれと大して変わっていないらしい。理不尽ことが大嫌いで、権力を恐れない、ばかな奴。住んでる国が変わっても、おとなになっても、母親になっても、かわってなかった。そして、社会も、国や時代と関係なく、いつもどこでも意外に似たり寄ったりなのかもしれないとも思った。

人は、うそをつくし、ゴマをするし、抜け掛けするし、陰口叩くし、お世辞をいうし、うわさ話がすきだし、とあげればきりがない。うまく生きていくための生活の知恵みたいなものなのだろう。

その知恵があんまり身についていないのは、両親もそうだから、仕方ないのかもしれない。

と、冬の到来と平行して考えがまとまってきて、また前に進もうとしている。ここ数年なかった感じの冷え込み方で、既にゆきが降るなどしたせいか、ことしは、クリスマスが、いつもより苦じゃない気がする。

真っ白の、無彩色の世界に、これほど心が洗われるた気がした。真っ白の状態から、また一つ一つ、色彩のあるものを掘り起こして、見つけて行こう。


余談:最近、ちょっと甘い卵焼きにハマっている。


7



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ