2005/12/30

暮れの一日  Life

クリックすると元のサイズで表示します

次男夫婦が帰省し、午後から気になっているところの集中お掃除と
例年の門松作り。
数十年まえに読んだ「花の本」「コーヒーの本」「経営の本」が山積・・
真新しい表紙とまだ読んでなかったページ、こんなに取って置いたの?
片付けながらつい読んでしまう。
テキパキと片付けていくノンちゃん。
2人だと早い早い・
3時のお茶も忘れて集中お掃除。
お陰で長年の気がかりだったスぺースが見違えるようにスッキリした。

一方良い天気の庭では切り出してきた長い長い竹を切る音・・
亡き義父が作り続けてきた門松。
息子は手伝いながら覚えたようだ。
太い竹の<スパッ>と潔い切り口。
例年の暮れの風景は孫へと引き継がれ今年も繰り返される。




2005/12/31  22:48

投稿者:びおれ

オブさま
こちらこそ。
オブさんのブログを訪れるのが遅い夜の楽しみでした。
最先端技術のこと日々の暮らしへの興味など
私の知らない都会の風をいっぱいに感じさせていただきました。
有難うございました。
くる年もどうぞ宜しくお願いします。

http://sun.ap.teacup.com/0304/

2005/12/31  21:19

投稿者:オブ

びおれさま。

今頃は、紅白で年越しでしょうか?

毎年の年越し準備のなかで、代々門松作りだけでなくいろいろな風習が受け継がれていくのですね。多くの家庭で失ってしまっている大切なものがまだ残っているのですね。

いつも素敵な写真をありがとうございました。殺風景な東京で、毎日パソコンを開くのが楽しみでした。潤いをいただきました。

いただいたコメントも優しく温かく、ありがとうございました。どうぞ、良いお年を。

2005/12/31  19:48

投稿者:びおれ

cocoonさん
私のブログに時々お出掛けいただき有難うございました。
こんなに親しくお話できるなんて
ネットの素晴らしさを実感した年でした。
来る年もどうぞ宜しくお願い致します。



http://sun.ap.teacup.com/0304/

2005/12/31  19:38

投稿者:びおれ

oldroseさん、これが出来上がるとやっと今年も終わる気がします。
福が呼び込めるといいのですが。

今年もいっぱいお世話になりました。
新しい年も宜しくお願い致します。


http://sun.ap.teacup.com/0304/

2005/12/31  8:55

投稿者:cocoon

びおれさん
門松も手作りなんですね。
それもお祖父さまからお孫さんに伝承されていくなんて、本当に素敵です。
晴れ晴れとした気持ちがとっても伝わってきます。
よいお正月をお迎えください。

2005/12/31  2:48

投稿者:oldrose

門松もご自分たちで造られるんですね・・・
すごいスゴイ!
しかもこんな立派なものを
考えてみれば 確かに材料は周りで手に入るものですが
でも息子さんがお祖父様を手伝いながら覚えてくださってたなんて うれしいですねぇ
青竹の切り口が鋭角でお見事!
みずみずしく清々しいです
新年の福を呼び込んでくれることでしょう

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ