2007/11/9

あっ! 狸よ!!  自然

昨日はすみれ倶楽部ガーデンの今年最後の合同作業の日でした
爽やかな秋晴れの下、それぞれの薔薇や土の手入に気持の良い汗を流し
スッキリとした眺めのガーデンになりました
初夏には又きっと綺麗な花が咲くように願いながら
今年も元気に咲いて愉しませてくれてアリガトウと・・・

クリックすると元のサイズで表示します

ここは<すみれ倶楽部Garden>の隣のブドウ畑
誰かが「あっ、タヌキ!」と叫びました
「えっ、どこどこ」
いました、どうやら子狸のようです
少しもあわてた様子も無くじっとこちらを見ています
里にすっかり慣れてしまっているのでしょうか?
えさを探して下りてきたのでしょうか?
しばらくするとフワフワの毛を金色に光らせて畑の向こうに去っていきました

野生の動物がこんな人家の多いところに出てくるなんて・・
山はもう安住の地ではなくなってしまったのでしょうか
かわいそう
人と野生動物の共生はこれから考えなくてはならない大事な問題
いろいろ考えさせられたガーデンでの一こまでした

クリックすると元のサイズで表示します



2007/11/10  20:15

投稿者:びおれ

まあ、お父様がそんな貴重な体験を・・お優しいのですね

ただ鉄砲を持って追い回すのではなく
住みやすい里山を人間が作ってやら無くてはいけないと思います
山をゴルフ場やスキー場として開発したり野生の動物の行き場を奪っている気がします

少し前には一匹のはぐれ猿がお店の軒下にいたりして
えさを与えることもしてはいけないのでかわいそうでたまりませんでした
車の往来も激しくてそんなに山奥にあるわけではないのですが・・

http://sun.ap.teacup.com/0304/

2007/11/10  9:44

投稿者:遅遅

私の父は傷ついた小タヌキを助けた事があって、タヌキの親子が毎夜裏山から訪れていた時期が何年も続きました
その頃の事を思い出しました
私が覗くとタヌキが逃げましたら、「娘や大丈夫や」とタヌキに説明していましたし、大阪へ遊びに来ていてもタヌキの訪問が気になって「早く帰らんと・・・」と言っていたなぁと
(なつかしい事をおもいだしました)


http://yaplog.jp/teruteruminoru/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ