2013/5/25

ワンディサービス  ワンコ

友人Kさんから、どうしても一匹で長時間の留守番を
させられないので一日預って欲しいと頼まれました。

17歳の老犬イロハ、人間の年なら84歳
・目は白内障で見えない
・耳は遠くなって聞こえていない
・鼻はかすかに匂いがわかる
・心臓肥大でたまに発作で倒れる・・・他にもいろいろ老化現象あり
介護事業を運営するKさん曰く介護認定なら認知症もあるので
「要介護5」だって・・・

「もしもの時は責任取れないよ」「わかっている覚悟は出来ている」
なんて話で送迎付きでお預かり、犬のディサービスやわ。

クリックすると元のサイズで表示します

雪ちゃんのサークルをかりて個室をご用意

クリックすると元のサイズで表示します

クルクル、クルクル徘徊

クリックすると元のサイズで表示します

自宅でも徘徊して壁にぶち当たり動けなくなるのでサークルで
囲っています。

クリックすると元のサイズで表示します

散歩から帰ってきた伍満もイロハの行動にびっくり

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クルクル回ること1時間、疲れて倒れました。

クリックすると元のサイズで表示します

大丈夫?と飛んできた伍満

クリックすると元のサイズで表示します

家から持ってきたベットに移し様子を見てたら2時間ほど眠り

クリックすると元のサイズで表示します

起きたら、またクルクル、クルクル、クルクル・・・
心配で見ていた私まで目が回りそう。

イロハは本当に幸せな犬
人間でも老後こんなに大事にしてもらっている人は少ないと思う。

若かりしイロハと子犬だった伍満

クリックすると元のサイズで表示します

月日のたつのは早いです。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ