2010/1/3

親族&おせち料理  

母が亡くなってから、親戚が集まりお正月を祝う事がなくなりました。
今日は、旅行の帰りに姉や姪家族がコハル家に寄ってくれました。
久しぶりにお正月の雰囲気を、家の中で味わいました。

私はいとこ達も多く48人、娘達はいとこは8人、コハルは今の所いとこはいません・・・少子化を実感します。

クリックすると元のサイズで表示します

昔は親戚の子供達が集まると、走り回って遊んだように思いますが・・・ひとり子同士の、はとこ達は遊び方が下手ですが、こうして親戚が集まるのは嬉しいものです。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、今年は娘の作ったおせち料理を頂きました。
黒豆も田作りも紅白なますも煮しめも私と同じ味付け、お重の入れ方も同じようでした。教えていなくても覚えているものなんですね!

・・・・・・

伍父が年末、祝い箸に名前を書いてくれました。
神様の「海山」も悠母の分もコハルの分もちゃんと書いてあったのに・・・なんとJちゃんの分を書き忘れていたのです。
Jちゃん「娘の分忘れるなんて最低の父親や!」と怒ってます。
怒りながら、お年玉をくれました。

ちょっと嬉しいお正月です♪
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ