2011/8/27

夫の鏡  

今日は滋賀医大に入院している50年来の友人のお見舞いに行くため
午前中に別宅を出て、瀬田川の南郷洗堰に寄りました。
洗堰は琵琶湖から流れる水量を調整するため作られたそうです。

車を駐車場に止めて歩いていこうとしていたら、急に
大きな雨が降ってきたので写真だけとって、急いで
車に戻りました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

面会時間に合わせていくと、友人のご主人も待っていてくれました。
この春で定年になったご主人、毎朝洗濯をすませると自分用のお弁当を
作り、病院に来るそうです。
そして、お昼を一緒に食べ彼女の夕飯を食べるのを見届けて自宅に戻る
毎日。

30代後半で難病になり長い長い闘病生活なのに
何時も笑顔を絶やさない彼女も偉い。
ご主人も「この人より一日でも長く生きやんと、この人を一人置いては
死ねない」というご主人は夫の鏡や!!

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ