2009/9/24

6キック  SWIMMING


今となっては、この水着に何てコメントしていいのやら・・・^^ゞ

って、別に話題を水着に持って行きたかったわけではなくて。

まだまだオフのチームも多いかと思われますが、ウチは国体組を除いて既に2010年シーズンが始まっています。今のうちにやっておかなきゃならないことが沢山あるので。
で、今現在の課題というかテーマは「キック」。それも、泳ぎの中でのキック。
例えばクロール。オンボードキックがいくら速くても、スイムの中でキックが打てなきゃダメ! それもタイミング良く≪6キック≫が入らないと!!
この辺を注意深く見ていると、これがまた止まるのなんの(*_*) ブロークンキックの嵐。呼吸時や呼吸後のエントリー時に止まるパターンが多い。ここから根気強く治していかないといけない。

キックは推進力というよりは姿勢維持(=ボディーポジション)のために重要なポイント。それに、プルとのコンビネーションというかコーディネートを考えると『止まらずに連続して打てるキック』というのはもっと重要なことだと思う。ハイテク水着なき後のことを考えて今のうちに徹底的にやっておかなくちゃ!

6キックですよ!6キック!!

ねっ!ウエタケさん!?


☆☆☆☆☆

2



2009/9/25  0:18

投稿者:73店長→ウエタケさん

早速のお返事ありがとうございます!

全中の後、貴方が予言した通り、ディスタンスにハマりつつある私です。
語らせたらコンメよりヤバいって仰ってましたよね?

いつかその極意を伺いに参上します!

http://sun.ap.teacup.com/73channel/

2009/9/25  0:06

投稿者:ウエタケ

左様でございますね。
キック練習を多くすれば6キックになる訳ではございませんね。
おっしゃるとおり、「Coordinate」の中でどう「Timing」よく、そして何より「Efficiency」にですね。
同じように指導しても同じようなキックが入るわけでもなく・・・同じような泳ぎになるわけでもない。
でも泳ぎのポイントを同じようなすることは可能ですね。
何年指導しても、難しいし、面白いです。
わたくしも、このシーズンから新たな挑戦が始まります。
ある意味、同じ土俵で勝負ですね!!


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ