2007/11/23

キック!  SWIMMING

今日はちょっと水泳のコーチらしい投稿を^^ゞ

本日チバコクでは「Yアーチャレンジ記録会」なる大会が開催されていた為、メインプールが使えず(実際には明日も明後日も使えない・・・)、サブプールでの練習となりました。ロングとミドル1グループが9:00〜11:00、ミドル2とショートが11:00〜13:00・・・ということで、4時間プールサイドに立ちっぱなしでした(@@) 流石に裸足でタイルの上に4時間は膝&腰に来ますねぇ〜。

練習の方は・・・

サブプールはカレント(笑)があり、あまりタイムに信憑性はないのですが、有酸素系メインスイムの後の『ダメ押しMAXキック』がイマイチ、いやイマサンくらいの出来でした。まだまだ、キックが弱いです。レース後半の踏ん張り所で如何にキックが大切か、身を以って解っているのだろうから、もうちょっと何とかしよう!!ただ、スイムの中でキックが如何に効率よく打てるかの方が大切なんですけどね・・・。

私の師匠I野先生の口癖@は・・・
『キックのキックが強くても、泳ぎの中でのキックが打てなきゃダぁメなんだよ』
・・・でした。

要するに、キック板(ビート板?)を使ってやるキック練習のタイムがどんなに速くても、スイムの中でそのキックが効いてなければダメなんだということです。クロールや背泳ぎの場合はローリングという「捻り動作」が入ってくるし、平泳ぎやバタフライの場合は重心移動に伴う腰の位置(全体的な体位)の変化を加味した上でキックを打たなくてはいけません。それはタイミング、蹴り幅、強弱等々・・・キック練習の時のキックとはいろいろな要素が変わってくるからです。

しかしながら、そのあたりを十分に考えてみても、悲しいかなウチの選手達はキックが遅い・・・と思います。まずは『キックのキック』を速くすることから始めたいと思っています。

クリックすると元のサイズで表示します
ひたすらキック!!(8月の浜松合宿より)



さて、練習後・・・

MMが「ロッカーの鍵がなぁい!」と大騒ぎになり、結局見つからずチバコクの方に開けて頂いた・・・情けない(ーー;) 

で、あったのかな??


私は、海へGO!・・・のつもりだったのですが、なんとなく気乗りしなくなり、何故か県内某所でカラダを鍛えにウエイトトレーニングをしてしまいました!!

1時間半みっちりと全身をいじめてきました。明日は間違いなく全身筋肉痛でしょう^^ゞ


クリックすると元のサイズで表示します
待ってろグアム!!(笑)
1




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ