2012/11/27

鉄板  SWIMMING

昨日のメイン練習はこの時期恒例の

30x100(1:40)Fr

クリックすると元のサイズで表示します

はい、所謂「鉄板メニュー」ってやつです。

この記録データーから、あるタイムを算出し練習に活用します。
「あるタイム」?モチのロン、企業秘密です秘…って、それほどのことじゃないですし、企業じゃないんですけどね(^^ゞ

今回は大学の授業の関係で来れなかったユリ以外の18名が行い、ベストアベレージを更新した者が7名、初体験が4名という結果でした。もっとも速くなったのがレイ(−4.02)、次がアヤカ(−3.90)でした。まぁ、元が遅すぎたのでこの辺のタイムが妥当だと考えます。
それに、この練習だけは滅法速いんだけど、それが他の練習やレースに全然活かされてないヤツもいます。誰とは言いませんが…そうです、アイツです。なんとかせにゃイカの○○だよなぁ〜×o×



こういった練習は、選手達のいろんな「個性」が出るので面白いです。
気持ちで負けちゃうヤツ、気持ちだけでイケちゃうヤツ。
隣を泳ぐのが誰か?順番は何番目か?コースは何処か?で変わっちゃうヤツもいます。
「おいっ、まだまだイケるぞ!」とか、声をかけた直後2〜3秒あがるヤツ。
まぁ色々です^v^

いつも私は選手に、
「こういった根性セット系の練習には『3つの持久力』が必要なんだ」って言ってます。
3つの持久力、すなわち…

@、根本的な「身体の持久力」
A、良いストロークやキック、タイミングを維持する「技術の持久力」
B、上記@Aを気持ちの面で折れずに支える「心の持久力」

すなわち「心技体の持久力」が、しっかりと噛み合っていることが大切なんだよ!って言い続けています。
どれか一つでも欠けていては、こういった練習で「ごまかし」がきかないのです。
それはいずれレースの大事な局面で出ます。レースの一番苦しい場面で、練習の一番苦しい場面で「どう練習したのか?」が出るんです。

あれっ、なんかアツく語っちゃいましたね(^^ゞ

まぁ、いずれにしても「夏」は待っちゃくれないので、「今やるべきことをやる」そこに尽きます。

顔晴りまっせ


第2次秋季合宿からのずっと連チャンで来ているので、今日の午後はフォーム練習中心にカルメン’77でいってやろうかな。



今の若い奴等は知らねえだろうなσ^┰゜
これがフルコーラス踊れたら、FTにしてやるかな(笑)




☆☆☆☆☆
8




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ