2018/7/9

続・怒涛の1週間を終えて〜その1  SWIMMING

先週(7月2日〜7月8日)は本当にバタバタな日々でした。
一昨日&昨日の試合結果を除けば、仕事もプライベートも大変充実した日々を過ごすことができました。

そんな1週間を振り返ってみます。

先ずは「香港ジュニア水泳合宿サポート」から。

6月の終わりに知人を介して、「香港のスイミングクラブのジュニア合宿が千葉であるんだけど、現地で指導してくれる日本のコーチを探してる。やってくれないか?」とのオファーが入った。
急なことではあったが、何とかスケジュールを組み直し、お引き受けすることにした。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

スイミングの責任者は王大力さん。オイラの隣のスキンヘッドのおっきな方。
オイラと同年代の方ならわかるはず。
そう、1988年ソウル五輪の中国代表選手(1500m自由形)で、日本の拓殖大学に在籍していたこともある中国の英雄的存在。現在は香港にていくつかのスイミングクラブを経営している。HPはコチラ→大力遊泳會(Dali Swimming Club)

期間は7月2日〜5日の4日間。会場は我が家から車で20分の「リソル生命の森」。
対象者は11歳から18歳の男子18名。日本のスイミングクラブでいうところの育成クラスの者から、香港ジュニアチャンピオン(14歳で50背が28秒、100背が1分、200背が2分12秒)や、将来を嘱望されている17歳の長身スプリンター(188センチ)までの幅広いレベルの面々。

初日と2日目は技術指導。スカリングとドリルを中心に。当然、オイラも入水して指導。
オイラは中国語がわかりませんが、彼らは英語がわかるので、会話は95%が英語で。

クリックすると元のサイズで表示します

3日目の午後からは、数名をピックアップしてスナッパーズの練習に合流してもらい一緒にトレーニング。
全く違和感なく、それどころか終始押されっぱなしでの練習でした(笑)

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

5日の夜にはオイラの自宅近くで香港スタッフの皆と会食。
彼らにとって初体験となる「お好み焼き」にトライ。

クリックすると元のサイズで表示します

4日間という短い期間ではありましたが、大変刺激的かつ貴重な経験をさせていただきました。
スタッフの皆様、選手のみんな、ありがとうございました!!!

※8月中旬にはメンバーを変えて(今度は小学生)再び来日するそうで、そちらも可能な限りサポートさせていただくことになりました。

2




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ