2018/9/19

福井しあわせ元気国体2018  SWIMMING

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

「福井しあわせ元気国体2018」の競泳競技が9月15日〜17日の3日間、福井県敦賀市の敦賀市総合運動公園プールで開催されました。

オイラは千葉県の代表コーチとして事前合宿(一次合宿=8/30-9/2、二次合宿=9/7-9/14)と合わせて16日間帯同させて頂きました。昨年は諸事情により国体コーチを辞退させていただきましたので、1大会ぶり19回目の国体代表コーチということになります。昨年行けていれば20年連続だったのかと思うと結構悔しい思いです。

千葉県競泳陣は成年を中心に大活躍を見せ、皇后杯(女子総合)7位、天皇杯(男女総合)7位と、昨年を上回る好成績を収めることができました!

事前合宿中からスナッパーズ所属のジュネを含むスプリンター3名の女子高生を担当させて頂きましたが、本大会ではこの3名にベストタイムというお土産を渡すことができませんでした。当の本人達が一番悔しく辛いと思いますが、まだ少年女子Bなので、この経験を活かし来年に繋げて欲しいと思います。

アイ、ハナ、そしてジュネ、へっぽこコーチでごめんね。
来年、また国体代表に帰ってこような!

スナッパーズから今大会に参戦したもう一人。ゴロリことタニグチセージは香川県の代表として参加。
リレーメンバーではありましたが、成年男子4x50リレーでは6位入賞の原動力となり、成年男子4x100メドレーリレーでは後半ブリ浮きしながらも100バタを完泳し、香川県にちょっと貢献できたのかなと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
ブラザー矢武は競技役員、そしてウチの弐号機と名前が同じ小野コーチ✌

クリックすると元のサイズで表示します
マキコちゃんと❤

クリックすると元のサイズで表示します
チームNalu水泳

クリックすると元のサイズで表示します
チームIBU🤣


写真では笑顔で写っておりますが、
実はオイラは、と申しますと…


およそ2ヶ月くらい前からの「咳」が合宿中もずっと止まらず、市販の薬を飲むなどして対応してきましたが、本大会中に病状が最悪の状態にまで悪化。咳のため夜も眠れず、食欲も出ず、呼吸が苦しくなる始末。見かねた同部屋のコーチに半ば強制的に敦賀市内の救急医療センターに連れて行ってもらい診察してもらいました。

医者の所見は「エアコン咳」「過敏性肺炎」ではないかということでした。千葉に戻り次第「必ず精密検査するように!」と念を押され、3日分の薬を処方して頂きました。処方された薬を飲むようになってからは症状も緩和しだいぶ楽になりました。大会初日には帯同しているトレーナーから「唇の色が紫になってますね」と言われ、千葉県のコーチやサンライズの面々をはじめとする多くの方から「大丈夫?顔が死んでるぞ」「いつものイッちゃんらしくねぇぞ」「どうした?生きてるか?」等々のお言葉を頂戴いたしました。ある方によれば「千葉に強制送還された」説まで流れるほど…😅

沢山の方々にご迷惑をおかけし、なんとか国体が終了。
本日、午前中に呼吸器内科を受診し、問診、血液検査、胸部レントゲン…。待つこと1時間…
診断結果は『咳喘息』でした。

クリックすると元のサイズで表示します

肺癌でなかったことは不幸中の幸いなのかもしれませんが、結構凹みました。
健康を売り物にしている、自営業(個人事業主)の水泳コーチがこれじゃぁシャレになりません。

国体の競技結果といい、自身の体調といい、凹みまくりの五十路マン。
「このままじゃ終われねぇだろ」という気持ちと「もうそろそろ廃業なんじゃねぇか」というネガティヴな考えが交錯しまくっています。それなのに、身体は勝手にプールに向かい、手にはストップウォッチが握られ、「大きな声を出してはいけません」と言われたのにも拘わらず、大声で「3秒前!よーい、ハイっ!」と言ってる自分がチバコクのプールサイドにいました。

さて、オイラは一体何処に流れていくのだろう…。
7




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ