2020/5/4

絶対はゼッタイにない  SWIMMING

クリックすると元のサイズで表示します

皆で集まってのプール練習が出来なくなって5週間が過ぎた。
一昨日、Zoomを使ってオンラインミーティングをしたが、みんなとりあえずは元気そうで生存確認できた(笑)
家のエヴァたちも流石に毎日がつまらなそうで「学校行きてぇ〜」とボヤくようになってきた。
オイラ自身も、こんなゴールデンウィークは初めての経験で、断捨離やネット映画観賞にもそろそろ飽きてきた。

例年であれば「アニマルウィーク」はたまた「デビルウィーク」と銘打ち、ガッツリ泳ぎ込んだり、しつこくテクニック練習をしながら、毎日午前午後それぞれ1時間ドライ2時間半(または2時間)スイムの「通い合宿」を行う時期。直後の「セントラル招待」は短水路ということもありベスト更新率も高く、この時期を起に一気に夏へのボルテージが上がるものなのだが…。

合宿もなければ、
試合もない。

泳げない。



でも、仮に、
仮にだよ…






クリックすると元のサイズで表示します

いつのなるかわからないけど…
「次のレース」で大ベストとはいかなくても、ベストまたはそれに近い記録が出たとしたら、いろんな意味で今までの固定概念を考え直す必要性が出てくる、良い意味で。だって、全然泳いでいなくて、陸トレとイメトレとほんの少しの水中練習で記録が出たら、今までの「泳ぎ込み」や「水中での高強度負荷」必要ないじゃんってことになる。

コーチとしては複雑だが、水中で数ヶ月間練習していなくてもトレーニングのやり方次第では記録が出るということが立証できたら、こりゃまたビックリでしょ。

そうなって欲しいような、
そうなって欲しくないような、

なんだかワクワクする。

何もかもが誰も味わったことがない「未体験ゾーン」なわけだから…

絶対はゼッタイにない

挑戦する気持ちを継続しよう!
やるべきことをやるのはモチのロン、

「やれなかったこと」
「やらなかったこと」

に挑戦するには最高のチャンスなのかもしれない。


五十路マンの挑戦は続く

11




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ