2020/9/14

千葉県選手権(47都道府県通信大会)  SWIMMING

クリックすると元のサイズで表示します

パーソナルベストタイム更新率=33.3%(4種目/12種目)
パーソナルベストタイム達成率=99.1%

この大会でのタイムが「通信大会」に反映されるってことは、コーチも選手も十分分かっていたけど…
なんちゅーか本中華(古っ!)、不完全燃焼に終わった大会となりました。

通信大会へタイムが反映される選手(種目)は下記の通り

ジュネ 50Fr,100Br
ホノカ 100Fly,200Fly
サキ 100Br
※サワは春JOに出るはずだったので権利はあるのだけれど、今大会を棄権したためタイムがありません😭

コーチとしての反省点は数多く…

@どちらかというと県高校選手権(8月22〜23日)にターゲットを合わせてしまった。デビルウィークの免疫があった同大会の方がコーチも選手も「イケる」感が強かったのではないか?
Aそういったオイラの内面(不安)が、仕草や言葉に出てしまっていたのではないか?
Bレース後、選手が口々に「最後の25m(50m)が本当にキツかった」と言っている。県高校選手権後に「4分の3」を意識し過ぎ(意識させ過ぎ)たため、最後のラップ〜すなわち「4分の4番目」まで保たなかったのではないか?

本来であればもっと出るはずだった記録を出してあげることが出来ず、この記録が「通信大会」に反映されるのは不本意でならない。反省しきり、猛省である。

とはいえ…

・ジュネは、持ち前の積極的なレースは健在。50Frではゴールタッチでライバルに3/100秒差で勝ち、その場面(ラスト5m)の練習成果を出してくれた。
・リコは、腰の怪我で冬から春先にかけて長期練習を休んでいたが、コロナ自粛明け後に本格的に練習を再開。記録的には良くなかったが、スタートなど練習成果は表れ始めている。
・アカネは出場2種目ともにベストタイムをマーク✌来年の長野インターハイへの道が開けてきた。秘密兵器的な選手である。
・ホノカも100Flyで久々の2秒台。中3以来ベストタイムが出ていないが、大崩れしないレース展開ができるようになってきた。
・サキは練習中からの好調そのままに100Brでベストを更新。インハイの標準も突破祝日、水球との『二刀流』顔晴ろう!
・サワは思いがけず今大会を棄権しなくてはならなくなってしまったが、練習中のスピードは上がってきているのでモチベーションを維持して「県高校新人戦」からレース復帰だ!
・サユリは公認大会でやっと100Baにて10秒の壁を破る。7秒が出る練習は出来ていたので、あとは「場馴れ」だね。

と、悲観する材料はない。

シーズン最後のターゲット大会となる「第3回県公認記録会(=県秋季大会)」で、笑顔で締めくくれるように顔晴ろう☀



ところで、


クリックすると元のサイズで表示します

ポッコリお腹のこのオトコが、社会人大会前の「小手調べ」でレースに参戦。
週に2回程度、1回の練習が1500〜2000mしか出来ていなかったらしいけど、残り2ヶ月しっかりと練習時間を確保して「F士通」のために貢献してほしいな。

ユーマ、いつでも練習来ていいぞ!
ガッツリしごいてやっから😎

この画像…どう見ても「土俵入り」にしか見えないんだけど(笑)

8




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ