2021/6/22

芝ちゃん  SWIMMING

クリックすると元のサイズで表示します

水泳界のスキンヘッドコーチ軍団「チーム・サンライズ」のメンバー、芝ちゃんこと芝辻泰宏君が昨日6月21日に急逝しました。
オイラよりもひとつ年下(今年の9月で58歳)ですが、全てにおいてオイラの上を行く、スーパーコーチでした。

糖尿病から人工透析になり週3回の透析生活を送っていましたが、亡くなる前日(6月20日)も岐阜県の大会で競技役員
(スターター)をやり、大会後には同僚と食事をしていたそうです。
詳細は分かりませんが、昨日(6月21日)の透析中に容体が急変し、そのまま帰らぬ人になってしまいました。

ったく、なんてこった!です。




そして今夜、尾張一宮まで行き、サンライズ代表(代理)としてお焼香してきました。
棺の中の芝ちゃんは、あまりにも安らかで穏やかな顔で眠っていました。
ほんと、今にも起きてきそうなくらい…。

だから「おいっ、芝ちゃん起きろ〜」って言ってツルツルの頭を撫でてやりました。

でも、顔に手を添えた瞬間の「冷たさ」は到底表現できるものではなく、憚らず号泣してしまいました。


ほんと、良い男でした。
誰からも好かれ、皆から愛されてました。
もちろんそれは芝ちゃんが皆を愛していたからです。
間違いありません。


はぁ…未だに芝ちゃんが亡くなったなんて実感が湧きません。

「ドッキリ〜」とか言いながら起きてきそうなくらい、穏やかな顔をして眠っていました。
コロナが明けたら、サンライズの総会をしようってグループラインで話していました。
お揃いのポロシャツを作って、大会会場で目立とう!みたいな話もしました。

芝ちゃんがいなくなったら、総会はどうすんだよ?
恒例のPP行けなくなっちゃうじゃん!
XXXLのポロシャツなんて誰が着るんだよ?


現実を受け止めなくちゃいけないのはわかっています。

でも、当分時間がかかりそうです。

先程、サンライズ会長の野元先生から「芝ちゃんはずっと心の中で生き続けてもらわなきゃ」って連絡きて、またまた号泣する五十路マンなのでした。



芝ちゃん、お疲れ様でした。

ゆっくり休んでください。

合掌


(追伸)
Facebookにたくさん写真載せておきます。

 




31




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ