2009/11/1

富山に行ってきました  Life

クリックすると元のサイズで表示します

上信越道から北陸道へと車を飛ばし2時間半
紅葉まっ只中の富山県 宇奈月温泉に行ってきました
宿の湯量も豊富で正面には錦織なす山々が迫っています
ゆったりと檜の湯船に身を沈めれば日ごろの疲れがす〜っと抜けていくようです

クリックすると元のサイズで表示します

温泉街を一巡り
先ずセレネ美術館
黒部峡谷の大自然を描いた平山郁夫、塩出英、福井爽人などの描いた
ダムや峡谷の雄大な大作が展示されています
特に田淵俊夫氏の「放水」(黒部ダム)は白と黒の作品でしたが
エネルギーがほとばしるようで圧倒され絵の前で立ちつくしました

クリックすると元のサイズで表示します

ここもガイドに載っていたCAFE<MOZART>
モーツアルトの曲が静かに流れるテーブルでおいしいコーヒーを頂きました
街角には色々なブロンズ像が飾られ
温泉街と言っても文化の香る散策が楽しい町です

クリックすると元のサイズで表示します

宿の夕食は6時から
次から次へと運ばれる料理はどれもきれいで優しい味・・・
全てお食事が終わるころには8時半をゆうに回っていました
さすが米どころ、お釜で炊いた炊き込みご飯のおいしかったこと
おなかはいっぱいでもついお代わりを(^^)

クリックすると元のサイズで表示します


                   電車


翌朝は楽しみな黒部峡谷の紅葉を眺めながらのトロッコ電車です
ちょっと寒いかしらと窓つきのリラックス車両を予約しました
何度か暗いトンネルをくぐりながら「ガッタン、ゴットン」と登って行きます

クリックすると元のサイズで表示します

眼下には太陽の光を受けてエメラルドグリーンに染まる黒部川の流れ
ダムの姿、赤や黄色の紅葉が岩肌を覆う山々
ところどころにかかる橋の姿がアクセントになって見飽きることがありませんでした

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

片道一時間半弱、ここが終点の「欅平」
30分ほど休憩して景色を眺め折り返しトロッコ電車は下っていきます
9両編成のどの車両も満員の人気ぶり
確かにすばらしい体験でした

そしてこんな峡谷の辺鄙なところまで線路をひき
維持しておられる方々のご苦労も思われたトロッコ電車体験でした

クリックすると元のサイズで表示します

黒部は2度目ですが前回はダム見学を目的に
今回はのんびり温泉も楽しんだリラックス旅でした
お米もお魚もおいしいですし
富山いいとこ一度はおいで♪  ですね?



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ