2010/2/11

種まく人工房  Life

クリックすると元のサイズで表示します

上田駅駐車場に車を預け新幹線で12、3分、長野へ
長野も近くなったものです
でも、車で行ったら高速を使っても1時間はかかります
今回の目的は駅前の本屋さん<平安堂>2FにあるギャラリーCafe ぺえじ

今「種まく人工房 冬から春へ」と題した展示会が開催されています
先日、「色々なお客様からすみれ屋さんを紹介されました」との添え書きがついた
ダイレクトメールをいただいていました
お店のお客様からのお勧めもあり一度は拝見したいもの
との思いを抱いていたところでしたので楽しみに出掛けていきました


作家の江沢さんはいらっしゃいませんでしたがゆっくり一点一点見せて頂きました
シルクや毛を主材料としたカラフルで手触りのよい繊細な織りは
見事の一言に尽きます
江沢さんは男性、ずっと女性の作品とばかり思っていました

そのうちすみれ屋ギャラリーも是非お使いいただきたいものです
名刺を置いて芳名帳に一言メッセージを残してきました

もしエメラルドグリーンの薄手のマフラーがあったら求めたいものと
探しましたが
今回は見当たらず残念!!
拝見するだけになってしまいました

丁寧な仕事ぶり、センスの良さ・・
見終わってすがすがしい気持ちで帰ってきました

クリックすると元のサイズで表示します



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ